FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.05.07

MTBが今から主張すること

wn90507.jpg

今日は少し早起きして、仕事までの短い時間で
70年代を駆け抜けたBMX史DVDをしばらく
ぼーっとながめていました。

そこにははつらつと遊ぶ、今はおっさんな
カッコいい若者が当時の画像でしっかり
飛びまくっていました。
年代的には少しだぶるのですが-爆
当時そんな遊びを知るはずもなく、当時と言えば
サッカーに夢中だったので何となく損をした
気分にさえさせてくれる画像です。
で、その後のMTBが誕生した件ですが,それは
皆さんご存知の通り。

そして世紀は変わり、すっかりMTBは
流行らなくなったとまで言われるようになりました。
流行った、流行らないなんてすごい言い方ですが-笑
それほど一時期は注目されたのでしょう。

でもこのブログは別にMTBだけをひいき目にみてる
わけではなくって、事実はMTBは世界的には
「売れている」です。
だからMTBで遊んでいる方。実はスポーツバイクの
一番売れているジャンルのスポーツでもあります。
でも、MTBがすべてダートトレールで使われているわけでは
ないのは薄々感じていますよね。

だってそんな最大の売り上げを誇るMTBが
全てトレールに行ってしまったらどうなるか。
お願いです。
この密かなMTBの真の遊びは仲間内だけで
こっそりやりませんか。

MTBは距離を乗ることやスピードだけを
競うことだけが唯一の遊び方ではありません。
トレールの新鮮な空気と景色を味わい、気持ちよく
なるだけでも立派に道具としての機能を果たしています。
私はココ数年乗れないことをむしろ悔やみ続ける
日々ですが、それでも次に乗れる時に流行りすぎたら
嫌です。でも売れているMTBがあるからこそ
道具としてリーズナブルなコスパが実現していると
思うとワクワクしませんか。

BMXerな人たちに怒られそうですが、私は
ダートバイシクルスポーツの原点はまだMTBには
残っていると信じている一人です。

この記事へのコメント
面白そうなDVDですね。
このDVDは海外通販Web等で目にしていました。(まだ鑑賞していませんが)

BMXに夢中になっていた当時、このDVDに出演しているライダー達は皆バリバリの現役で(Bob Haroは既に経営者)、皆の憧れの的でした。
トップに君臨するライダーの年齢はMTBもBMXも同じような年代ですが、それに群がるファン層は全く違う気がしています。
それは何故か?・・・
BMXのファン層は圧倒的に子供中心、有名選手のパフォーマンスを見て、公園にレンガを積みベニア板を立て掛け、自転車と共に宙を舞う快感を味わい、子供達はBMXの奥底へと導かれてゆく。
その少年達の目線の先にあるのは何故BMX選手なのか?・・・
BMX選手はそうなるべく作り上げられたもののように近頃感じているんです。
ド派手な衣装を身に纏い、空を自在に飛び回る姿は、子供達が大好きな○○レンジャー(戦隊者)そのものではないでしょうか。
実際に○○レンジャーにはなれなくても、BMXに乗れば何処かで目にしたBMXライダーになりすますことができるんですね。

そんなBMXもオリンピックの場で争われるようになり近年のBMXと、このDVDの映像の頃とでは若干違いは部分もあるようですが、BMXライダーはいつまでも○○レンジャーでいて欲しいものです。

MTBとBMXのファン層の違いについて近頃思っていることでした。

何はともあれダートバイシクルに栄光あれ!



Posted by 台湾T at 2009.05.08 09:10 | 編集
お疲れさまです。
いつもレス感謝しております。
あの頃のこと・・・残念ながらわかりません。
だからこそ新鮮です。
レスは読んでなるほどなとすごく嬉しいです。
著作権の問題でこれ以上のお話が出来ないのが
残念ですが、後はメールとかチャットにて。

本当いつも雑誌に載せたいほどの楽しい話。
(みんなに聞いてもらいたいという意味合いが強いです)
これからもよろしくです。
Posted by wrenchy43 at 2009.05.09 22:14 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。