--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016.01.13

街角ビンテージ



先日訪れたニューヨーク。
ここはパリ同様、とっても古い自転車に
久しぶりに出会う事が出来るな〜

中にはとびきり古い、50〜60年代が
現役で。
多くは大事に乗っているというより
まだ乗っている?感覚が強い。


当然、コンデションは劣悪なもの
が少ない感触。
でも、中には乗っている人の愛を
感じくらいとっても良い状態で
まだまだ現役なものも多いのは
ビックリさせられます。

住民の心理としては別に自転車の
機能において乗り物としてはこの
性能で十分という意識が強いんだと
思う。

でも、面白いのはいわゆる街の
自転車屋さんみたいなものは
ほとんど見当たらない事。

どこでメンテナンスしてるんだろ。
路上にNYC/ニューヨーク市マークの
入った駐輪スタンドがあるくらいだから
あんまり大事に室内保管ってわけでも
ないと思うけど。

その事象は次に調べなければいけない
けど、とにかく私が好きなシュウインに
代表される一般車が街にゴロゴロあり
それを変わらずずっと乗っている人が
沢山いる街は大好きだな〜


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。