FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.08.20

見ることとやることの関係



またまたのバッティングセンター。
平日の夜だけどごった返している。

若い人はサッカーに夢中で野球人口は
減っている。
というのが日本の世の中の定説。
でも、野球を野球場でユニホーム着て
やる人だけが愛好者ではない。
って感じるな〜


ここにいる人の多くは30代まで。
私なんてかなりの年長者。

この時間にはプロ野球の中継も
あったのでバットを振らない人が
テレビの前に釘付け。

サッカーにはあるとすればおそらく
パブとかで大画面で流れている
パブリックビューイングくらいで
そこでサッカーボールをける人間

なんていないはず。

野球人口、つまりプレーイヤーは
減っても仕事が終わったカラダを
動かしたい人間にとってここは
すごく良い空間なんだな。恐らく。

自転車ってこういう施設を作る
としたらなんだろう。
幸い、これまで全く自転車レースの
世界を知らなかった方でさえ
その距離は縮まりつつある。

そこで野球におけるバッティングセンター
のようなものってなんだろう。
すごく興味あるな。


誰か一緒に作りませんか。




この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。