FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.01.14

技術という人間力



そう言えば、自転車技術コンクール
全国大会ってないですね。

お世話になってるクライアントさんでは
それをかなり前からやられてる。
今日はその審査員を命ぜれられて
伺って来ました。

確かにそういう技術を競うなんて
そもそも発想がなかったというか、
誰も始めなかった。


そもそも全国大会をやる意図は。

自転車は販売する前に組み立てる
って事実が一般的には知られて
いないし、直接的にはその作業に
お金がお客さまから直接的に
もらえていない。

それ以上に比較するという発想が
なかった。

でも、自転車の事を少し知ると
わかるのだ。
腕がいいメカニックに組み立てて
もらった自転車の調子がいいことを。

もちろん、全国大会して優勝したら
明日から先客万来とはならない。

でも、やっぱりやったほうが良いと
切に思うのです。
それはこの組み立て作業の大事さを
世の中にアピールできるから。


ちなみにこのコンクールでは、
接客技術も合わせた総合点で
その人の自転車仕事人としての
資質を判定してる。

そんな競技会やったら型に
はまらない凄い人が出ないと
揶揄する人がいるけどそれは
鳥と玉子の関係かな。

どんな場面でもセオリーというか
お客様への正しい対応はあります。

だから同じ条件で競い合うことは
誰にとっても無駄ではないかな。
ヒトの作業、所作を見て学べない
人は所詮そこまで。



またまたお初な仕事の欲望が
もくもくと湧いています。

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。