FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2015.01.04

五感操作の感動



ここ数年、映像の世界では「4K」、音楽の
世界では「ハイレゾ」がキーワードになって
マニア層中心に盛り上がっていますな。

どっちも共通しているのは「生モノ」に
限りなく近い表現方法。

まさにデジタル時代の恩恵。


もっと良い音や映像を追求したいという
欲求は判るし、私にもあります。

自転車で例えるならば・・・
高級コンポーネントで組まれた自転車に
乗ってしまうと・・・という部分に似ている。

もちろん、値段もそれなりと言う点でも
マニアはそれに食らいつくし、業界としても
良い品質のモノを提供したいという
ダブルウィンなのかも。

自転車はデジタル化が結構遅れている
工業製品だけに4K、ハイレゾに相当する
のはDi2,EPSなのかもしれないけど、
何かが違う。

驚くようなシフトフィーリングや
圧倒的なブレーキングなどが
実現されているかと言えば
それは昔より圧倒的に良くなって
いると言う表現しかできない。

でも、自転車はその規格、品質
戦争に曝されていないからこそ
残っているものがあると思うのです。

それは五感で操作するまさに生感覚。
Di2を操作していると感動はありますが
市場にそれだけしか販売されなくなったら
代わりに何かを失う気もします。

4Kものもハイレゾものも現在自宅には
ないのですが、それでも昨年末に
行ったライブはまさにそれらを凌駕
する感動がありました。当たり前だけど。

でも、そんな事を言っていると
デジタルという進歩を否定する
ことになるのでここらで止めときます。

自転車でもデジタルで再現出来る
色んな事がありますものね。




この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。