--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014.09.29

これが自転車レーンだ



NYCリポート続き。
メイン道路には直進と左折の
間を自転車が抜けられるように
ラインが確保されています。

確かに普通に考えれば少し
ドキドキします。
でも大事なのは自転車だけが
主張しすぎない事。

主張しすぎれば何が起るか。
ドライバーだって人間ですから
無茶な蛇行やライン変更を
やられれば頭に来ます。

だから自転車も車道を使う
一員として車線ルールを
しっかり守る事。


専用レーンの快適性はもちろん、
街中のこういう場所にも工夫が
あります。

確かに導入時には混乱もあったはず。
でも、こういうルール作りはすべて
持続させる事を考えて最初に決めな
ければいけないんですけどどうも
日本だと最初にそういう視点が見えて
いないことが多いようで。

こうすると確実に逆走自転車は
怖くて出来ませんし。笑


決めた事を確実に伝えるためには
こういう抜本的な改革が短時間で
同じ方向を見出せると思います。
車もオートバイもそして自転車も
納得してもらう為の良いシステムが
ここNYCにはありました。

こういうのを東京も真似て欲しい。

もちろんですがこの画像は
走りながら撮影していません。

赤信号で止まってかつ、後方確認
して左に寄って撮影しています。

同じ自転車乗りの走路妨害は
ダメですからね。

追記
*読者の方から導入例の問題点をいただきました。
私はいつもながら自分で走ってみての主観的感想です。
乱暴でいつもクラクションを鳴らすタクシーが自転車に
対してはならさなかった事に驚いています。
すべての事例に対して本件発言の良し悪しは判りませんが
これから車が徐々に減っていく時代にフィットしていると
感じました。

この記事へのコメント
車のレーンの間に自転車レーンを挟む構造には問題が有るそうですよ。http://youtu.be/FlApbxLz6pA
Posted by さむがり at 2014.09.29 08:48 | 編集
> 車のレーンの間に自転車レーンを挟む構造には問題が有るそうですよ。http://youtu.be/FlApbxLz6pA
ご指摘ありがとうございます。日本の場合は今の方がもっと怖いなと思っています。
Posted by YOZOYoshimura at 2014.09.29 08:56 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。