FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.09.18

蘇れ自転車エアロ時代

wn130918.jpg

この写真だけみると分かりにくいかな。

一点だけに集中するとそのすごさが
判るはずです。

タイヤとフレームのすきまに
指がスッポリとは入りません。


最近、競技用自転車の一部の
機種はやたらと空気抵抗軽減に
燃えています。

いや、萌えているかな。笑

今どきの自転車スゴイなって
思った方、残念です。

1980年代中盤にも
同じような事がありました。

その時の呼び名はエアロ。

改めてその名前を口にすると
なんだか懐かしい。

その頃は現代よりも激しい
波でした。

機材の発達は今と比較出来ません。

粗末な素材も多かったので
その頃の手段は「改造」。

つまりノーマルなパーツを
叩いたり伸ばしたり切り刻んだり。

正直、安全性は今の方が
あります。笑

でも,当時は楽しかった。

レースでトップライダーが
付けているとワクワクしました。

今はそのワクワク感は
当時を知る者にとって
かなり低いです。

でも、進化ってそうですよね。

当たり前になるから
退屈だけどそれは
時代を遡ればスゴイに
なる。

そうやって時代を比較
出来る時代に生まれて
幸せ。


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。