FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.09.05

アシスト高級自転車が描く将来(ユーロリポート2)

wn130905.jpg

ここ数年来、ユーロバイクショーに
行けなくて、もやもやしていた事が
ありました。

ヨーロッパにおけるアシスト自転車って
どの位の規模になっているんだろ・・・

スポーツ自転車よりもこっちが
気になっていたのは確か。
日本の自転車産業が存亡の危機に
立たされている。
だからこそこの目で真実を見なければ。
今回もその気持ちが強かった。


今回のショー会場は東京の
展示会と比較出来ない程の
広大な土地で開催しています。

全てを確認する。
というまでにはいきません
でしたがアシスト自転車の
将来を色々と確認出来ました。

日本でのイメージはあくまでも
一般的な自転車にアシスト
機能を付けたもの。

もちろん、ドイツでも同じような
用途でのパッケージがあります。

でも、驚いたのは高級自転車として
名前を馳せているブランドの多くが
アシスト車をリリースしていること。

日本では一番縁が遠いような
メジャースポーツブランドで
その傾向が強いのです。

日本だと明らかにイメージ的に
真反対ともいえる感じ。

現時点では日本の形式ルールで
縛られているのでこれらの自転車が
輸入されて即、発売とはなりませんが
私はナンバーとか税金が生じても
欲しいと思えるルックスのものが
ありました。

価格は50〜80万位。

高い買い物ですが、自転車です。

他の乗り物との違いは歴然。

もちろんこれからバッテリーの
性能は飛躍的に伸びるでしょうから
この自転車のカタチをした乗り物は
伸びていくだろうなと想定から
確信に変わりました。

レンタサイクルで漕ぎだした
湖畔のサイクリングコースでも
アシスト車は本当に多くなりました。

もちろん、乗っておられるのは
50-60代の方が中心。

でも、私はその年代になったし
同世代の仲間と自転車を楽しむ
ならばこのアシスト車で体力の
差を感じる事なく楽しみたい。



当たり前なんですが、今の
スポーツ車は自転車の正業を
続ける限り「楽しみ」として
乗り続けますが。


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。