FC2ブログ
2007.07.12

目指せ!!最高品質とデザイン

wn70712.jpg
イギリスの「The BIKE SHOW」でのひとこまから。

ミニチュアトラックに載せられたヘッドセットは
高価ながらも、日本でも長く使い続けるファンも多いブランド。
価格の高さって、いたずらに材質に凝っただけのものは
物珍しさだけではすぐに消えていってしまいますが

丁寧な仕事をしたものは、その分だけ、長持ちもしてくれるので
お金の元は取れることを消費者は知っています。
その上、デザインなんかも変にモデルチェンジをせずに
一本気なところがあればなお、いいですよね。
このヘッドセットのように、規格があれだけ変わった
場所にも関わらず、デザインはほとんど一緒-笑
普通だったら見え方なんかも、変わってくるのにですね。

あ~そんなに持ち上げたところで
日本製は昔そんな要素をすべて兼ね備えていたのに
なぜ、ほとんどが市場から消えてしまいそうなくらい
まさに、絶滅品種なのでしょうか。

海外、特にヨーロッパでは
競輪用パーツ(NJS)が局地的に人気を博しています。
理由はおそらく上記の商品と一緒。
日本の輝ける「ザ・クオリティー」な時代の
これまた今の商品より硬派の部分が受け入れられて
いるのだと思います。

こんな商品が長い時を経てまた復活して来たのは
喜ぶと同時に、いったん消えかけたのは
なぜかを探る必要もあります。
変化の中でデザインを変えなかったというより
売れなくて変えられなかったというのも
また真実です。

それと、品質だけで売れた時代にデザイン力と
アピール力を磨かなかった事実もあります。
「日本製を買おう」なんてどこかの国の変なキャンペーンを
日本でも張る必要はないと思いますが
心の底からデザインと品質で、再びトップを目指す
そんなプロジェクトをこっそり、進めたいと思っております。

パーツっていろんな消耗部品を交換しながら
長く使うものですからね。本来ならば・・・
ちょっと新しいのが出たから必要な交換部品はありません。
じゃ、この遊びから面白がる人が減っていくことも
開発している人たちには見えているのでしょうか。






この記事へのトラックバックURL
http://wrenchy.blog53.fc2.com/tb.php/194-22605e15
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2007.07.13 08:28 | 編集
カギコメ様、連日恐れ入ります。
まあ、そこは他人と同じ方が安心するという人が
多いから、やすく供給されるわけですしねー笑
でも、デザインとは買う側の心理がつよく作用するので
作り手の自己満足がどこまで通じるか・・・
それがわかりゃ苦労はしませんと、みなさんの
声が聞こえてきそうですが。
Posted by wrenchy9 at 2007.07.13 09:57 | 編集
管理者にだけ表示を許可する