FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.10.27

反省から始まる次のステージ

トークショが無事に終わったという
事実とうまくいかなかった事実は
同じくらいの力をもって自分自身の
心に深く刻まれました。

次に同じことをやりたければ、私は
司会をせずにプロデューサーに
徹さなければ。

何でも自分でやるというのは
限界がある。


昔はもっと安易に考えていました。

結局は自分が100人いればいい・・・


そう思ったことはありました。
その考えに大きな間違いに
気づいて十年余り。

今回のトークショーは
そんな仕事の整理をする意味で
大きな分岐点になりました。

今回の反省は一人で二役ですら
このプロジェクトの規模では
かなり無理があるなということ。

ここ数年、自分自身の神経質さを
他人に求めていた。
仕事の到達点が見えているならば
そこの近道をしっかり見据えて
走りながらその時点でどんどん
修正をすればいい。

自分がプランしたことなのだから
結局、責任は自分にあるし
それがうまくいかなったことを
他人に求めても仕方がないのだから
せめて細かく決めて進むべき。


そんな考え方が通用するのは本当に
個人的な案件レベル。
やっぱり、いろんな力を結集して動く
大きな案件になると他人の力が不可欠。

必要に応じて血となり肉となる他人を
理解してやれないと結局は自分の
能力の無さを嘆くばかりです。


このプロジェクトはもう少し先の
ある話。私自身がこれからも
加われるかは別にしても私がこれから
関わることにはこれまでの考え方が
通用しないな。

刻まれたことは無駄にしない。
これこそがピンチにチャンスありです。


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。