FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.10.14

100万自転車は高級品に成りえるのか

wn121014.jpg

電池交換から戻ってきた時計を
ケースに入れながら、自転車が
高級品に成りえない条件って
なんだろ・・・って事が急に
頭の中でグルグル回り始めました。

世間的にみれば機能的に性能差を
感じない商品に対して、対価を払う
場合にその対価基準が一般的な
商品の価値と大きく違う時に
それは「高級品」と言われます。


確かに100万円の自転車は世間的には高級品。
それも超高級品だと思います。

でも、パーツの価格を合計するとそんなもんかな。
という視点から。

自転車の悪い所はパーツの合計金額が
外面から分かってしまうこと。

何となく分かるし、あまり間違っていない。
でも、それは価格面での魅力でしかない。

他の業界の高級品を調べてみると
高級品ってパーツの合計で比較されるならば
ブランド品の高級品ってかなり怪しいです。

素材を吟味しているし、デザイン的にも
個性がある。でも素材の合計金額なんて
視点がそもそもないな・・・っと。


100万円する自転車は自転車に対して
関わりのない方ならば、高級品って
表現するかもしれないけどそれは
つまり、関心がないだけでは。

それに100万円の自転車はショップに
納品される時に完成車になっていません。

あくまでもメカニックの腕次第。

本来ならば10万円の自転車と100万円の
自転車の組立て基準には明確な差が
あるべきだけど、それを明確に変えている
メカニックがどのくらいいるのか。

誰もが知っていると思いますが
パーツ精度が高いほど組立てに
気を使う時間が減るという不思議な
現象も自転車界ではあたり前です。

でも、仕上げるという点では
高級品には組立てに魂を入れる
という行為にもう少し畏敬の念を
抱いてもよいのでは。

私が一番ビックリしているのは
店内において、10万円の自転車と
100万円の自転車のサービス面での
差別化が全く無いことが多いこと。

100万円の自転車購入の場合は
優先サービスが受けられます。
という明確なサービスを店頭で
見たことがない。

もちろん、購入したら自動的に
付与されるものなのかもしれないので
そもそも店頭にこれ見よがしに
見せつけるものではないですが。

それでも、まだ高級品なはずの
高価な自転車を所有する方の
気持ちに到達していないという
現状があります。


真の高級品とは。



昨日のブランディングの話とダブりますが
来年の私の仕事の課題として一歩を歩み出す
つもりです。

この記事へのコメント
このコメントは管理人のみ閲覧できます
Posted by at 2012.10.15 19:48 | 編集
カギコメさん、先日はどうも。そうです。赤です。おしゃる通り。質が下がったなんてもんではなく、最初からそういう考え方がないのです。だからこれからそれを少しでも改めていければです。がんばります。
Posted by wrenchy43 at 2012.10.16 19:52 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。