FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.07.25

駐輪情景



昨日の話とは違った意味で日本の縮図。
最初の人はここに停めてもいいのかな・・・
って思っていたとしても、その次からは
前の人が停めてるならば良いんじゃない。

そして最初の駐輪者の少しだけの
恥じらいはどこへやら。古いたとえですが
まさに「赤信号皆で渡れば怖くない」。


最初の駐輪時に少しだけ恥じらいが
ある最初の駐輪にきちんとした場所に
停めることを促しておけば。

自転車が街の経験を台無しにすることを
側で見ているのは耐えられないけど
やっぱり抜本的な解決は自転車を停めたい
人と駐輪場の数が適正になること。

もちろん、常に無料だなんて身勝手な
発想よりも道路を自転車同士でシェアする
ってことでワリカンで行けばお互い
街の便利なところでたくさん停められれば
良いんじゃないって発想に変えて欲しい。

昨日の駐輪情景とセットで考えて欲しい
日本の街中の駐輪風景でした。


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。