FC2ブログ
2011.06.08

ヨーロッパメカニック時代の忘れもの

最近、ツールドフランスに関連した
イベントの準備で毎日、フランスの
地図とにらめっこしています。

当時はモナコからアムステルダムまで
一気に移動なんてこともあり、
当時はナビとか携帯電話が無かった
のでひたすら紙の地図の地名を
暗記して走ったことを思い出しました。


当時は仕事として移動を捉えていたので
そこに暮らす人々の生活とか
美しい風景を記憶にとどめたいとは
あまり思っていませんでした。

それが時間を経てまた、思い出の地図
を見ることになるとは。
当時、こんな仕事かあるとは思いも
しなかったけど、私の中に何か流れていた
記憶が呼び覚まされてこういう仕事に
縁がつながったのかもしれません。

今は日本の東京の良さを少しだけ
かみしめています。
それでも、ヨーロッパの美しさは
日本人の価値観とは違うけど
私はずっと二つの文化のかけ橋に
なりたいと思っていたから、こんな
仕事と縁がつながったのかもしれません。

始めて行った20年以上まえのミラノショーからメカニックとして駆け抜けた
10年少し前と現代がつながるなんて
すごいことです~。

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する