FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.06.02

レースルック車な光景

自転車にはルック車という呼び方が
あります。

例えばMTBルック車。
MTBのカタチはしているけど、オフロードでは
遊ばないで下さいって自転車。

冷静に考えるとカタチと機能がマッチしてない。
その存在って何を意味するのか。
カタチがその機能を満たしていなければ
そのカタチになる必要が無いし
機能が満たされれば、必然的に
カタチとしての意味を成している。

自転車にはもっとおかしなモノが
街中にあふれていませんか。


wn110602.jpg
例えばこのピストルック車。

カタチは似ているけど、別に
神聖なる競技場を走れるわけでは
ないので、見事にルック車です。

この現象を極端に毛嫌いする専門店の
店主、スタッフの方も多いけど
私はあまりそう思っていません。

だってルック車なんだから目くじらを
立てなくても良いのではと。

もちろん、その辺がよく理解していない
マスコミの方がおしゃれとかアートと
呼んでいるだけです。
フェイクを遊ぶのは何も悪いことでは
ありません。

ルック車は結局、ホンモノには
なり切れないので徹底的に遊ぶべし。

でも、ルールを守らないというか
乗り手の命に関わる危険な機能を
合わせ持てばそれはルック車の範疇を
はるかに超えています。

巷にあるMTBルック車の驚きの警告。

オフロード走行ではそのモノ自体が
壊れるかもって・・・笑
(未だにあのシールは意味不明です・・・)


ピストの人たちを徹底的に毛嫌いする
人も確かに多いのですが、ルック車には
何の責任もありません。
それをルック車という正しい分類を
外して使おうとする売り手にこそ
問題があるのでは。

そう思いませんか。


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。