FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.06.26

問われる日本のメカニックの質

wn100626.jpg

終わってフッと振り返ると改めて
プロショップの店員さんのレベルが
確実に落ちているなと感じる事が少し
悲しかったりします。

かなり前に、この講座の基礎編で
ホィール組がまともに出来ない
メカニックがいる事をブログにしました。
すごい反響で、いろんなブログにリンクを
張られたようでものすごいアクセス数でした。

そのこと自体、恥ずかしい事ではないのですが
問題はホィールの基礎習う事に疑問を
持っていらっしゃる事。
完組(日本独特の言い回し)ホィールに
組み立てる技術は必要があるのですか・・・と
言われた時には絶句をしたものです。

メカニックとして、パーツの全てを全部
バラせなくても構造を知りたいと言う
気持ちにならないのかなと心配を通り越し
恐怖すら覚えました。
でも、今回はもっとすごい事件に遭遇です。


なんとプロを標榜するメカニックの方で
タイヤをリムにはめられない人がいたようです・・・

これは本当にヤバい事実。
チューブ交換が出来ないのではなく
リムにタイヤの片辺すらはめられないのです。

冷静になって、その事実の原因を考えてみました。
そのメカニックさんはおそらく、完成車で
入荷した「商品」をなにもいじる事なく、まるで
形にすべく取り付けたままでお客さんに
渡しているのかと。

これじゃお客さん以下です。
どうしたら良いのかなと途方に暮れるレベル。
確かにこの程度の事は出来るメカニックが
ほとんどですから講座の進行はかなりスローで
大変だっと講師の方の苦労が偲ばれます。

でも、このメカニックさんをどうすべきか。
試験の合否に関わらず、明日から
この「プロ」メカニックが反省して
お客さんへお渡しする前に猛練習をして欲しい。

以前、日本のメカニックは優秀だから
レースの本場に行ってもなんとかなります。
と、皆さんに説いていたけど、本当に
それは過去のものになりつつある感覚です。

いったいいつからプロはプロの自覚を
何処に捨ててしまったのでしょうか・・・

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。