FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.06.10

自転車看板の持つ意味

wn100606.jpg

私がブログでコツコツと自転車看板を
備忘録的に取り上げているのには
すごく意味があります。

それは日本の看板は
「自転車のカタチ」が沢山あり過ぎること。
本来ならばカタチ自体を統一して、それを誰でも
認識することを進めて欲しいのに
色んな解釈がありすぎだなと思います。

少なくとも成熟している自転車文化のカタチを
持っている欧州ではなかなかお目にかかれない光景。

いろいろあって楽しいという向きもありますが
個人的には統一するべきことだと思います。


そもそも看板とはくどくどと書かれた注意書きとか
よりも理解されるもの。

自転車のカタチって人の数だけあるかもしれないけど
何かに統一する事で、それを説明せずに認識することに
意味があります。

と同時になぜここまでくどくブログで
言い続けるか。
それは他の自転車認識標識が少ないから。

例えば
○左側通行
○歩道走行
○一方通行逆走注意

などは多くの場合、看板そのものが無いか
言葉で大きな交通標識の下に文字で書かれている
ことがほとんど。

あれだけ色んなルールがあるにも関わらず
そのほとんどは実際の道路で実に分かりにくい・・・

ルールはマナーの部分もあるけど
まずは看板でルール認知を促進する。
もちろん、看板のデザインがすごく重要です。

そういう活動をこの秋には始めるつもり。
皆さんからの秀逸な看板デザインを集めたいと
思っております。


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。