FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.06.08

究極の盗られない自転車って・・・

wn100608.jpg

以前ブログで究極の街乗り自転車なんて事を
考えた時にその本体のスペックとして
「盗られない」「トラブルがない」が
ベースになるなと感じました。

で、「盗られない」というお題を
もう一度少し深めに検証してみます。
盗られないの究極は乗らないですが
やっぱり乗れて、使えてナンボが道具です。
でも、今の自転車にはスキだらけ。

頑丈な鍵はかなりの重さになるので
鍵には正直、全てを託すことは無理。
そう考えていくと

1/自転車自体を動かないようなシステムを組み込む
2/動かされた時に追尾出来るシステムを組み込む
3/動いた瞬間に警告するシステムを組み込む
4/動いた瞬間に破壊するシステムを組み込む

ぐらいかな。要するに盗る人間に対して
あ、それやられるならば盗るような
無駄な努力を強いられるのはイヤだなと
感じるようにされればいいだけのこと。
(そこまで徹底すると嫌がらせで破壊という結末も・・・)

4番目は全くの冗談-笑-にしても、上の3つは
今の自転車にはほとんど考えられていないので
もう少し、アイディアのすそ野まで行くのは
悪くない感じです。


自転車が動かないシステム。

頑丈な鍵は重いのと同じくらい、本体の
重量増は現実的にはあり得ないということ。
そう考えていくと、クランクとかホイールが
回らないとかハンドルが回らないなどが
手っ取り早い解決策のように思えます。

でも、スポーツ車はパーツも簡単に取り外しが
可能。クランクとホイールとハンドルを
外すのに実際には何分かかるのでしょうか。

私がメンテナンスの講習とかで伝えている
方法だと時間も少しかかりますが
盗ろうと本気になれば1分はかからないでしょ。

そもそも、ここ数年でパーツだけを
盗む事件が多くなっているとか。
ということはいたずらというよりきちんとした
目的があるということ。
当然、パーツのグレードや名前もご存じかと。

ということは
1を満たそうとするには、今のパーツでは
かなり困難な事が分かります。
だって極力軽くしてありますしね。
それにパーツにこっそり刻印して盗られた時に
分かるようになっているなんて本当に一部の
パーツだけです。

ということは「2」も必然的に難しいです。
盗難後に追尾するのは現代の携帯電話の
ナビシステムを見ているとシステム自体は
簡単です。
でも、パーツ自体を外されてしまうと
発信している場所に行ったらフレームだけ・・・
なんてこともあります。とてもその現実を
見たいとは個人的にも思いませんしね。

ということは「3」なのかな・・・
明日に続く。はずです-爆


この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。