FC2ブログ
--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.04.12

自転車的抑止効果

wn100412.jpg

違法駐輪の深くてやっかいな
問題は、スポーツ車を楽しむ
ライダーの大多数は

ま、自分には関係ないかな・・・

と思っている方がほとんど。

でも、事実はすでに対岸の火の
燃えさかる火の粉がすでに
こっち側にも降りかかり始めて
いるとみたほうがいいと思います。

私もブログであまり関係ないと
思われる駐輪とか看板のことを
無駄に見えるくらいに何度も
取り上げるのも、どこかで急に
自分の問題にならないように
いつもブログでしゃべりたいから
それにつきます。
大阪の駐輪はまだ発展途上。
というか、考え方が東京のそれ
とは違うと言われますが
結局、駐輪も地域色がでてこそ。

だってその場所に暮らす方が
使うことが大前提ですから。
大阪の駐輪によくある光景は
駐輪ステムの他の所に停めるか
枠と枠の間のエアーポケット
のような場所にこっそりと停める
「こっそり駐輪型」です。

大阪って言えば
「もったいない」という素晴らしい
言葉を生んだ文化が歪んでいるな
って感じる瞬間でもあります。
(もともとの発祥は違うかもしれないけど)

で、この心斎橋の駐輪場では
違法駐輪は持ち主に無断で勝手に
施錠するとか。
確かに解決策のひとつとしては
いいけど、結局誰かが一人だけ
停めたくても停められない
住民を生む結果もついてきます。

枠に停めるだけ。
それだけを守れば、みんなで
ずっと自転車に乗れるのに。


そこでこういうマナーに
よくありがちな言葉の
アイディア。


駐輪をしっかりすれば
「盗難に遭う確率」が
劇的に減ります

っていうキーワードは
いかがですか?
盗られるのがイヤならば
きちんと駐輪せよ。

ちょっと考えれば分かるけど
やっぱりその位の分かりやすい
言葉も時には抑止効果に十分
なるかなと思います。

この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。