--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2014.09.30

NYC自転車ルール

wn140930.jpg

もう少しNYCネタ。
街の中心にあるのはご存知、
セントラルパーク。

巨大な公園で東京で言うと
新宿御苑だけど、大きさだけは
ケタ違い。

昔はここも危なかったらしいけど
現在、太陽のある日中は極端に
奥まった場所に行かなければ安全
だとか。

続きを読む
スポンサーサイト

2014.09.29

これが自転車レーンだ



NYCリポート続き。
メイン道路には直進と左折の
間を自転車が抜けられるように
ラインが確保されています。

確かに普通に考えれば少し
ドキドキします。
でも大事なのは自転車だけが
主張しすぎない事。

主張しすぎれば何が起るか。
ドライバーだって人間ですから
無茶な蛇行やライン変更を
やられれば頭に来ます。

だから自転車も車道を使う
一員として車線ルールを
しっかり守る事。

続きを読む

2014.09.28

スマートフォン検索システム



NYCリポートの続き。
自転車使用時の一番の心配。

近くのステーションに何台あるか・・・?

このアプリならばほぼ正確に
台数まで把握できます。

数年前ならばこういうのが
便利だなと判っていても
イマイチ使いづらかった。

でもこれなら、位置情報をオンに
すれば自分の位置と台数が
瞬時に表示されます。

続きを読む

2014.09.27

ライドオンNYC



早いものでもうNYCから帰国して
そろそろ一週間。

滞在中に自転車に乗る機会は
多くはなかったけど、とても
有意義なライドでした。

リポートを週末コラムとして
少しお届けします。

続きを読む

2014.09.26

変わらない縁



もう12年になりますか。
自転車の技術本をやらせてもらって。
すっかり当時お世話になった方々は
その現場からはいらっしゃらないけど
私にとって忘れる事はない仕事。

その一人と久しぶりに再会。
嬉しいな。まだその縁が残っている
なんて。

続きを読む

2014.09.25

旅の終わりと始まり



今回はいつから旅を続けていたんだろう。
羽田空港に着いてなんだか脱力中。

とっても刺激的な数週間。
色んな経験。
色んな収穫。
そして、色んな出会い。

これまでになかった刺激が沢山。

自転車でこんなに広がったのは
久しぶりかな。
今やっている仕事がまるで
全てつながっているかのように。

3週間で出会った皆さんに感謝。

続きを読む

2014.09.24

試験という試練



今日は月曜日に引き続き、
専門学校の前期試験日。

義務教育とは違い、8月夏休みを
挟んだこの時期が専門学校に
とって、ひとまず締め日。

外は久しぶりに雨がシトシトと
降っており、さらに静まり返った
学校内では学生達が黙々と
試験に取り組んでいます。

続きを読む

2014.09.23

金沢ブラブラ



久しぶりに休みができたので
仕事忘れて専門学校で借りた
自転車で大好きな金沢市内を
プラプラ。

金沢出身の学生からは
自転車にカギをかけなくても
大丈夫ですよ。

エ、うそ?

東京ではありえないけど
あえて実行してみました。

続きを読む

2014.09.21

自転車サインNYC編



今回は特に自転車を乗る事も出来たので
各国、各地の自転車サインを巡る旅としては
大漁です。

これはシェアサイクルのルートを示すサイン。
何気に方向が少し変わった跡もありますが
それでも走りながらとてもみやすい位置に
あったので助かりました。

自転車自体のデザインとしてはノーマルな
タイプですね。
そうそうこういうサインてあまり奇をてらって
欲しくないです。

続きを読む

2014.09.20

アクシデントに学ぶ



予定通りに進むはずの
予定が急展開を迎える。

旅行では時々それは起こります。
これまでの旅行でも数々の「学び」が
沢山ありました。

自分自身のミスとかでも
起こりますが、私の場合
自分を試されるような試練が
他力で起こったりする事が
多いようで・・・

続きを読む

2014.09.19

ライブイン NYC3



NYCで調べるのは自転車だけでは
ありません。
言わば、ライフスタイルも。

自転車を使う住民、観光客も含めて
その暮らしぶり、ライフスタイルを
この目で確かめる。

それを端的に表しているのがやっぱり
食の世界。

何をどこで食べるのか。

食べているヒトのメニューとかオーダーを
こっそり観察しているとイメージしていた
キーワードとつながる事が少なくないです。

続きを読む

2014.09.18

ライブインNYC2



二日目は前日とうって変わって快晴。
早速、citibikeを借りて街に繰り出します。
運用システムはよく考えられています。

借り方から返し方までやっぱり他の
シェアサイクルを研究してきただけ
ありとてもスムーズ。
後日ここでも借り方とか楽しみ方を
記しておく予定。

もっと驚いたのは・・・

続きを読む

2014.09.17

ライブ イン NYC



これまでもレースだけではなく街で自転車が
どのように活用されているかを時間とお金の
ある限り、自腹チェック。

今回は初めてのアメリカ・ニューヨーク市。
シェアサイクリングシステムも数年前に
構築されて気になる存在でした。

専門学校授業と諸々の仕事の合間を
ぬって弾丸ですがチェック。

今回は街を定点観測する場所を
決定するために街の中の色んな場所に
自転車とか地下鉄とかここに住む方が
行動するパターンで調べてきます。

パリ、バルセロナそしてドイツ・ミュンスターと
何がどの位違うのか。

ワクワクしています。



2014.09.16

イベントにおける一番大事な事



今回、授業をさせてもらったイベントは
400キロ近くを3日間で公道走行する
イベント。

多くの方は自分の体力を効率的に
使う為に一番早く走れそうな機材を
選択するけど中には、普段遣いの
一般自転車で参加される方も
いらっしゃいます。

私はこのイベントが長続きしている
ポイントを発見しました。

続きを読む

2014.09.15

三日間で学んだこと



三日間のイベント課外授業が終了。

学校のある金沢近隣のイベントに
幾度か授業でお世話になりましたが、
今回は3日間なので移動も加わり
タフさが要求されたな〜

それでも走りはもちろん、様々な
業種を体験させていただき学生にも
思いで深い課外授業になったかな。

続きを読む

2014.09.14

仲間をいたわる授業



今日はイベント課外授業二日目。
学生はコースを走行させていただく体験。
もちろん、一般参加者に交じって。

でも一つだけ心配だった事。
学生の一人が今回ロードレーサー、
つまりレーシング自転車初体験。
スキー、スノーボードのように足を固定する
ビンディングすらも・・・

距離は160キロ強。
もし体力が平均的な同年代と
同じでも初めての走行体験に
かなり心配していました。

続きを読む

2014.09.13

快晴イベント授業中



素晴らしい秋晴れの中、イベントが
スタートしました。
今回も主催者に無理を言って
学生達は課外授業の三日間。

イベントの規模、趣旨を調べ上げて
イベントスタッフの一員として関わる事で
自分で仕事の内容や質を考察すること
こそが授業です。

続きを読む

2014.09.12

休憩時間談義



授業の合間の休憩時間の一コマ。
学生は元自転車競技部と真逆な
スポーツ自転車が初めてに別れて
います。

だからそこでお互いの化学反応
みたいな価値観の違いが面白い。

それだけで授業が成り立つ面白さ
すらあります。

続きを読む

2014.09.11

手洗い儀式



今回授業をおこなう施設の細かい設計図は
専門家にお任せしているけどやっぱり、必要な
ものは沢山リクエストさせてもらいました。

例えば横に長い手洗い場。

学生全員が一気に手を洗えるほどでは
ないけどやっぱり、手を洗うところが少ないと
その大事な作業が面倒くさくなる。

だから、こういう施設の大事さがそこにあります。

続きを読む

2014.09.10

日々整理整頓



今日も授業は無事に終了。
私の方針で地面に直接置いた
工具は全てゴミ扱い。

実技授業の後も工具箱ごと全て
所定の位置にしまい込むように
決めています。

続きを読む

2014.09.09

9月スタート



一般的な学校と違って、専門学校に
二学期がないと知ったのは昨年、
カリキュラムを組んでいる時。

それでも、7月下旬と8月一杯は
夏休み空けとあって、ずいぶん
久しぶりの出校。

続きを読む

2014.09.08

若い力が魅せる光



世界トップレベルで活躍してるサッカーや
テニスの日本人選手が出てきているのは
本当にスゴイと自分事のように嬉しい。

それぞれ団体スポーツと個人スポーツの
差はあれ、誰もがスゴイといえる結果を
残していることに疑いようがない。

面白いのは今という時間を軸にすれば
よい時とそうでない時が常に訪れる
ということを教えてくれている。
もちろん、そんな若い力に世界が
注目している事には違いない。

そう、若い力にはそれを引き寄せる
魅力があるということ。

続きを読む

2014.09.07

80年代が辿ったデザイン

vp128.jpg

次号ヴィンテージパーツ原稿を書きながら
あれ?現在発売中の連載の分は・・・?

完全忘れておりました。
月刊バイシクルクラブさんの巻末で
連載させてもらっております。

128号はマニアが喜んでもらえる
サンツアーシュパーブ。

続きを読む

2014.09.07

過剰サービスという境目



事務所のコピー用紙がいきなり
切れてしまい急ぎの購入。

数百円なのに雨が少し降っていたので
購入先の店員さんはこんなに丁寧な
包装を施してくれた。

そのよどみの無い作業に関心するとともに
来週にも専門学校での「接客基本授業」が
控えているために思わず見入ってしまいました。

そこでフッと考えたのは、
過剰サービスという境目は
どこにあるんだろう・・・ということ。

続きを読む

2014.09.06

歴史を振り返る



一つのブランド史が本にまとまるとは
すごいこと。

私はそもそもブランド自体を持って
いないので、とても憧れます。

それも同じ名前を持つ大先輩と
なれば格別です。

続きを読む

2014.09.05

軽量ヘルメット


イベント/レースなんかで主に使う
ヘルメット。
恐ろしく軽い。


今回、サポートしてもらっている
ブランドの新しいヘルメットが
リリースされたので,受けとりに。

今までのも軽かったけど、
これはちょっと軽すぎかも。

続きを読む

2014.09.04

遊びと道具の関係



展示会後の知り合いとの
やり取りの中で改めて
痛感したこと。

遊びと道具の関係とは。

自転車は本来、移動する道具。
遊び+道具として使うのは
少し特殊な道具の使い方です。

だからトコトン遊べる道具を
追求しているはず。

でも、その「遊ぶ」と「道具」の
主従関係が入れ替わったら
どうなるのか。

続きを読む

2014.09.03

展示会シーズンイン



最近は自転車業界もイヤーモデルと
呼ばれる新製品発表のタイミングが
各社マチマチでかつ、スタートが
速くなってきました。

でも、個人的には心情的にも
9月がシーズンイン。

これから全国の自転車店の多くが
定休日になる水曜日を中心に毎週、
11月くらいまでずっとこのカレンダーが
続きます。

続きを読む

2014.09.02

トルクレンチ



久しぶりに自転車教育セミナーを
ヘルプする現場にお邪魔した。
そこで痛感した事。

現作業現場ではボルトの締め具合を
数値化できるトルクレンチは現場で
必須工具の一つ。

自分の自転車ならこの位かな
という、かなりいい加減な自称、
「手トルク」でも許されるけど
仕事はお客様の自転車なので
作業仕上げ時の必須確認事項。

これまでこの工具は非常に
その存在を軽んじられてきた。

続きを読む

2014.09.01

今再びプロ論



週末に定期の店舗巡回の際に
ちょっとした相談で店主の方と
再認識した事。

プロという言葉を間違えている方が
回りに沢山いるという事実です。

ちょっとした違いなんですけどね。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。