--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.06.29

オ、始まりますね。

wn130629.jpg
始まりますね。100回目。
100年目ではないけど。

検索サイトのデザインは
いつもウイットに富んでいる
なっておもうけど今日は
ツールですか。

今年はそういう仕事も無いので
1ファンとしてひっそり楽しみます。


スポンサーサイト

2013.06.28

もう一つの発想力

wn130627.jpg
仕事の道すがら自転車チェックは
半分仕事、半分趣味のようなもの。

でもこの自転車はビックリしました。

意図は判るんですが「なぜ?」が
頭の中で駆け巡ります。

続きを読む

2013.06.27

定番中の定番

vp11402.jpg

今回の連載「ヴィンテージパーツ」はコレでした。

定番中の定番ですね。
あまり書き綴るとぼろが出るのでこの辺で。

とにかく、カンパニョーロという会社が
あるのはこの変速機の存在が大きい。

続きを読む

2013.06.26

1988年の記憶

wn130626.jpg
昔からお世話になっている自転車の
知り合いを訪ねるといつも、昔話に
華が咲きます。

個人的には70年代前半以前は全く
経験もしていないので話しに加われ
ないのですが、70年代後半以降、特に
1980年代は大好物です。


本来、カタログのコピーは公的にはダメですが
資料としてご勘弁いただければ嬉しいです。

(出典:株式会社シマノ商品カタログより)

続きを読む

2013.06.25

ゆっくり左側を走りましょう。

wn130625.jpg

都内の某所にて。
一般の車道にもこんな標識が。
少しかすれてきていますが
乗り手からはよく見えるはず。

これなら左通行を守るのでは。

続きを読む

2013.06.24

自転車サイン六本木編

wn130624.jpg
日本国内はもちろんの事
世界中で自転車のサインを
撮り続けてきましたが
今回は初のフリーハンド。

続きを読む

2013.06.22

VMDという言葉

wn130621.jpg
舌を噛みそうな言葉。
ビジュアルマーチャンダイジング=VMD

ショーウィンドーという概念が
自転車業界にあまり浸透していない
からこそ、この言葉は新鮮でした。

一般的な商品流通形態から10年以上は
遅れていると言われている自転車業界
にはその道の先生といわれる方が存在
しません。

続きを読む

2013.06.21

電気が変える未来

wn130620.jpg

少し前のブログネタに
システムは複雑でも、操作はシンプル
でないと意味が無い・・・と書かせて
もらいました。

スポーツ自転車にも電気操作が
使われ始めてやっと10年くらい。
その効果が出始めた。
と言い切れます。

続きを読む

2013.06.20

ホイールフレ取り作業の奥深さ

wn130619.jpg

ホイールフレ取り。
リムが縦や横に振れる状態を修正して
いく作業。
まさに自転車の組立・調整作業の中で
一つの通過点。

これができるようになれば一人前。
出来なければ半人前。

以前、スポーツ自転車技術講習の中で
現在は完成ホイールが多いのでフレ取り作業を
やる必要があるんですかと言われて
ドン引きしました。

続きを読む

2013.06.19

シンプル機能に隠れているもの

wn130618.jpg

便利ですね。
ホテルに備え付けられたタクシー呼出電話。

受話器を上げればタクシーの台数をお願いするだけ。

タクシー側からすれば場所がわかっている
から無駄な会話がないし、呼ぶ側からは
タクシー会社の電話番号を探す必要がない。

つまりお互いにとって便利な状態。

続きを読む

2013.06.18

今日の一枚



今日の一枚はなんだかほのぼのします。

まるで愛犬のように家につながれている。
こういう家の設計は好きですね。
愛を感じます。

続きを読む

2013.06.17

全てを教えるタイミング

wn130617.jpg

電車の空いた時間と進行方向に
乗り込んでいた輪行していた男性。

輪行袋でしっかり包んでいるのは合格。
でも、置く場所が最悪です。

続きを読む

2013.06.16

未開拓の地

wn130616.jpg

昔「エスキモーに氷を売る」という話しが
有名になった事があります。

商売という視点ですが着眼点を問うもの。

冷寒地だから氷など売れるわけがない。
冷寒地にこそ売るチャンスがある。

同じ事象を目の前にしても考え方は
両極端になる。

続きを読む

2013.06.15

世界チャンピオンという仕事

wn130615.jpg

世界チャンピオンは文字通り
世界に一人。
それを続けるってすごさは
本人しか分からない。

もう十年以上前だけどそんな
チャンピオンと一緒に仕事ができた。
それはレースメカニックにとっても
得難い経験の一つ。

続きを読む

2013.06.14

外からのデザイン、内なるデザイン

wn130614.jpg
数年前に見た車屋さんの小径車が
とても印象に残っています。

優れた素材と商品設計が傑出していた。
自転車がお好きな方にはかなりの批判も
あったと聞いています。
でもこの自転車のバランスはそんな
表面的な評価ではないと思います。

続きを読む

2013.06.13

欲しいモノは欲しい場所に

wn130613.jpg

お店を始めた20代の頃、流通とか品揃えとか
ましてや、発注の何かを知らなかった私は
お店が終わってから深夜のコンビニバイトを
やっていました。

まだ今ほどコンビニが乱立していない頃で
なおかつ全ての商品がパーコードで管理
されておらず、今思うとのどかな仕事でした。

続きを読む

2013.06.12

地位の低さとルール

wn130612.jpg

自転車にも通行する方向がある。
海外では当たり前なんですが、日本では
自転車が車両扱いを充分されていなかった。

その現実を自転車に乗る側も乗らない側も
実は良く知らなかった。

続きを読む

2013.06.11

ツール・ド・フランスというワクワク感

wn130611.jpg
ツール・ド・フランスにワクワクした
最初っていつなんだろう・・・

うろおぼえなんですが、おそらく
70年代後半のテヴネというフランス人
が勝っていた頃だと思います。

フランス人がフレンチブランドで
ツール・ド・フランスに勝利する。
現代では中々実現していませんが。

続きを読む

2013.06.10

朝の挨拶と掃除

wn130610.jpg
見学をさせてもらった施設で朝の掃除を
毎日の習慣にしているという事を聞き
少しだけ早起きしてお邪魔してきました。

イメージだと施設の内外を少し眠たい
顔をしながら掃除をする・・・
という場面を想像していましたが、
ちょっと違っていました。

続きを読む

2013.06.09

歩道に潜む危険関知目線

wn130609.jpg

日本では都内に限らず、車道と歩道の境界線に
あるガードポールに「駐輪する」という風景が
ごくありふれたものになっています。

もちろん、違法駐輪は悪いしそれを肯定する
つもりはありません。
(この問題と駐輪場が不足している事実は別問題です)


加えて、景観面からみても美しいなんて
思った事もない。
でも、それよりもっと良くないと思っている
ことがあります。

続きを読む

2013.06.08

終日会議中

wn130608.jpg

しっかり話し込む。
意見を出し合う。

日常業務ではほとんどない貴重な時間を
仕事として過ごしました。
普段は他の仕事と平行での会議ですから
必要なメンバーと必要な時効についてしか
話し合えません。

でも、普段の職場を離れて外部の人間を
シャットアウトして上下関係を考えずに
フラットな意見を出し合いながらゴールを
一つづつ丁寧に決めていく。

続きを読む

2013.06.07

クレーム対応


クレームって対応する側、受けてしまった側
誰でもイヤなもの。

多くの場合、担当、窓口の人に責任が無い状況も
少なくないけどやっぱり対応の良し悪しが
その後を決めるといってもイイですよね。

某飛行機会社カウンターでのこと。
ちょっとしたトラブルが窓口の対応で
クレームに発展するやり取りを実際に
味わいました。

続きを読む

2013.06.06

バイブルカタログ



このカタログ達は私にとって
いわば、バイブルです。
連載中の「ヴィンテージパーツ」の
価格はまずこのカタログ達で当時の
実勢価格を確認して色んな所に
取材をしています。

価格なんてうる覚えですし、お店で
販売していた価格って結構バラバラ。
だからこのカタログが無いとあの
連載は成り立ちませんでした。

続きを読む

2013.06.05

サイクリングソックスの魅力



いつ購入したっけな・・・?
おそらく5年以上前にサンフランシスコで
ショップでオリジナルを購入したっけ・・・

ずいぶん使ったソックスですが
残念ながら大きな穴が開いてしまい
おさらばになりました。
私はこのサイクリングソックスという
商品にとても愛着があります。

続きを読む

2013.06.04

薄れゆくルール



あくまで少しずつの感覚ではありますが
都内の横断歩行帯にくっついていた悪しき
自転車レーンが少しずつ消えています。

確かに自転車の交通量が少ない時は効果的
だった事例もあるでしょう。
でも、自転車と大きく書いてあっても
日本では歩行者が所狭しとこの上を
歩いているし、自転車が車道を通っている
場合には変な路線変更を強いられる自転車
にとっても歩行者にとっても、もちろん
車にとっても危険なレーン表示でした。

続きを読む

2013.06.03

マイランドナーとかすかな記憶

wn130603.jpg
ウエブサイトにも掲載されている
マイランドナー。

中学〜高校時代の思い出。

今回はそんな思い出を少しだけ
巡る旅に出かけました。

続きを読む

2013.06.02

手先の器用さは必要なのか。

wn130602.jpg

細かい仕事をおこなう、自転車の
メカニックという仕事は手先が
器用な人間しかおこなえない・・・?

この話しは単なる都市伝説かと。

なぜならば私ほどの不器用な
人間がレースメカニックでしたから。

続きを読む

2013.06.01

月明けカラダメンテナンス

wn130601.jpg

6月になりました。
一週間続いた移動の旅もひとまず終了。
サイクリングもいけてお腹一杯状態。

でも、移動って実は座りっぱなしなので
色々な部分に負担があったりします。
こんな時にはカラダメンテナンス。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。