--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2013.01.31

自転車の旅と旅自転車

wn130131.jpg

自転車が好きになったきっかけ。
それは自転車で旅する事が始まり
でした。

中学時代の親友が誘ってくれなければ
自転車に乗る事もそして、自転車の
仕事に就く事も無かったと言えます。

そんな旅自転車は私が始める前から
変わらぬスタイルで続けている方が
沢山いらっしゃいます。

続きを読む
スポンサーサイト

2013.01.30

構造を知る事が先決でした

wn130130.jpg

フレンチバルブの使い方を最初に教えて
もらった、もしくは覚えた時の事に
なぜ空気が入るのかそして、何より
なぜ空気が漏れないのかって考えた事
ありますか?

これまで雑誌の依頼でフレンチバルブ
の説明をたくさんおこなってきましたが
伝えるときにきちんと理解してもらう
ためには何が必要なのかをいつも考えます。

続きを読む

2013.01.29

ボディーサイズ

wn130129.jpg

先日、シューフィッターの方に自分の
足サイズを計測してもらいました。

30年以上、レーサーシューズを履いていれば
かなりいびつな足になっているかな・・・と
少しビビりながら図ってもらいました。

結果的には全体の長さは左右で微妙に
違っていたもののカタチそのものは
そんなに悪くなく割りと優秀だった
そうです。
でも、最初にはいたシューズは底の
部分がかなり細身でした。

続きを読む

2013.01.28

高尾山から

wn130128.jpg

山ブームも相まって、すっかり都民の
憩いの場になった高尾山。

高尾山で自転車の交通安全のお守りが
販売されているって知っていました?
以前は無かったと思うのですが、先日
家族が購入してきました。

続きを読む

2013.01.27

爆速スピードPT2

wn130127.jpg

先日のお笑い話に引き続きすごいものを発見。
ラップトップPCに入れてある2.5インチHD。

たったの6.5GB

今ならば充分にほほ笑ましい状況ですが
当時このPC(PB2400)に取付けたと記憶しています。

内蔵メモリーは16MB
HDD容量は1.3GB
1999年の12月に作られています。
まさにノストラダムスです・・・笑

続きを読む

2013.01.26

歴史が物語るペダル

今月号のヴィンテージパーツは109回目。
10年目に入り、タイムライン的には
90年代のものも積極的に取り扱って
いきたく思っております。

今回はオリジナルビンディングペダルの
ある意味最初の到達点になったと言える
ペダルです。

続きを読む

2013.01.25

プロの教科書

wn130123.jpg
イエ、別にバーを開くわけではありません。

でも、この本はすごいな。
バー・ラジオとはお詳しい方には
とても有名なお店。

私も連れられて行きましたがとても
格式の高いけど、落ち着けるお店でした。
信じられないほどの金額のカクテルも
あったりしますがまさにホンモノのお店。

そのお店を冠したまさにプロの教科書です。

続きを読む

2013.01.24

爆速スピード

wn130122.jpg

余っているSDカードを発見。
16か・・・十分だなとデジカメの
メモリーフォルダーにスロットイン。

あれでもなんだかおかしい。
大間違い。笑

16MBでした。
16GBって16384MB。
最近はハードディスクではTB(テラバイト)も
珍しくないのでどんどん単位の概念が狂います。

続きを読む

2013.01.23

ルールの奥にあるもの

昨日の記事の前にこんな記事が出た事を
ご存知ですか。

昨日のある意味真当な解釈に対して
これも同様に、良い事だと思えます?

続きを読む

2013.01.22

守る事のリスクヘッジ

wn130124.jpg


みなさんこの記事読まれましたか。

昨日も点滅信号で止まっていた私の横を
片手で電話をかけながら信号無視をした
乗り手が横をすり抜けていきました。

自転車も交通ルールを守るべき
という事の裏返しがこのような
罰金という見せしめでしか
理解されない現実をもっと世の中に
広めるべきなのかもしれません。

続きを読む

2013.01.21

1990という記憶

wn130121.jpg
今年は仕事の合間をぬって仕事部屋を大改造。
たまりたまった資料を一挙に整理。

ここ数年は大掃除のたぐいが出来ずにいたので
しっかり準備の時間も割いて作業中。

そういう時には当たり前のように懐かしいものが
沢山出てきます。

自転車パーツに関してはほぼヴィンテージパーツで
紹介してしまったのでありませんが、ポスターとか
その他のレース資料はまだまだあります・・・

続きを読む

2013.01.20

指先に魂か灯る

wn130120.jpg

私が仕事の時に携帯してる書く道具。
ボールペン一つでも良いけど
実は全部まんべんなく使っているので
やっぱり外せないかな。

それぞれ一つずつは特に高価なものでは
無いけどそれぞれが違う動きを
してくれます。

続きを読む

2013.01.19

2010年10月2日コラムから

2010年10月2日のコラムです。
「誰が勝者なのか」(こちら)

今日はこのブログでも何回も取り上げて
きた自転車レース界における大きな話題の
答えがwebnewsを駆け抜けていきました。

信じていたのに、という残念派。

やっぱり、という懐疑派。

どちらにしても真実は一つ。
その答えを本人が語ることの重さを
どう受け止めるのか。

続きを読む

2013.01.18

シーズンイン



ちょっとバタバタした新年ですが
なんとか平常運転に戻りつつあります。

自転車業界のシーズンインでもあります。

本日はアパレルブランドのお世話になっている
方々に退職の報告とか今年のプランなども
含めてしばしの意見交換会。

これから2月中旬くらいまでアパレル関係は
早くも来年の秋冬コレクションの展示会。
パーツ系は技術講習会を中心に関係者は
ちょっと忙し目の日々を送りそうです。

続きを読む

2013.01.15

自転車サイン宇治編


京都編に引き続き宇治茶のふるさと宇治編。

構成パーツは京都のそれに較べて
整っていますが自転車乗りには
違和感たっぷりです。

シートチューブがすごい角度に・・・笑
実際には乗れるものなら乗ってみな
状態です。

さらに突っ込むとハンドルも少し変。
丸くなっているのは新しいマルチバーか?

いつも思います。
もっと統一のデザインでマンホールのように
地域性は違うところで表現して欲しいな。



2013.01.14

自転車サイン京都編


かなりデフォルメされた自転車サインを
京都で発見。

原動機付き自転車の方はサドルらしき
ものがあるのに自転車にはありません・・・

それ以外にも両輪とハンドルだけが
描かれているだけ。

表示は「自転車等」と書いてあるのですが
その他にまとめられているほうが
リアルですな・・・笑



2013.01.13

自転車サイン先斗町編



いつかは来たかった、先斗町。
京都の名所には別に興味はないけど
この細く続く路地には魅力がたっぷり。

秀逸なデザインではないけど
きちんと一般自転車ってわかる
自転車サインデザイン。

こういうのは手作りでも一番評価に
値しますね。

鴨川を眺めながらの食事はよかったな〜



2013.01.12

自転車サイン奈良編

wn130113.jpg

久しぶりに自転車サイン編を連続でお送りします。
最近、仕事でも同じ場所と同じルートばかりだったので
自転車サインに巡り合えず。

今回は修学旅行以来のいろんな場所へプライベイトで
出没してきました。

まずは奈良・東大寺編。
サインはかなり正統派です。笑

都内でも増えているすっきりしたフォルムの
シングルバイクがモチーフかな。

いつもならば看板大きめですが
今回はここならではの動物も一緒に
パチリ。



2013.01.11

大局な視点

wn130111.jpg
最近、連続してメカニックセミナーの
ヘルプをさせてもらっているので
仕事そのものを大局的な視点で見る事が
少なくないです。

人の振り見て我が振り直せ

受講生の動きを一部始終みていると
その言葉を正しく体現するかのような
場面に出くわします。

続きを読む

2013.01.10

駐輪をデザインする

wn130110.jpg
自転車が走る環境がどんなに良くなっても
自転車を停める環境が改善されなければ
自転車に乗る人間にとって心地よい
ライドは味わえません。

ではどうすればいいか。
停めなくなる駐輪場。
停めることがあこがれる駐輪場。
そんなプロジェクトがひとつ
実を結びそうです。

続きを読む

2013.01.09

雪と自転車

wn130109.jpg
こんなに雪が深かったら自転車は乗れない。
自転車に乗れないならば自転車は売れない。

風が吹けば桶屋が儲かる。

という言葉はモノの例えで最初に起こした
出来事がいろんな出来事が重なって
最初に考えていたこと以上の効果を
もたらすことのモノの例えです。

でも、基本的にはそんなうまい事は
あまり聞いたことはありません。

続きを読む

2013.01.08

無題

辞めて思うこと。
辞めた場所のいろいろな事を私にアドバイスしてくれる方がいらっしゃる。
ありがたいのですが、私にはどうしようもない。
それ以上に辞めたらそのタイミングでアドバイスをいただくことは
私にとってかなりの苦痛を伴うとともに、そういう人間には距離を置くことにしています。
と同時に、私は自分自身がそういう人間にならないように自戒する。
それが私にできること。
ヒトの上に立ちたければそれを自分課すしかない。



2013.01.07

継がれる行為と動作

wn13010701.jpg

本を読む。

これまで、本を読むという行為、動作を
イメージする時に誰もが実際に紙の本の
活字を「読む」事を指していました。

それがここ数年のディバイス、つまり
道具の多様性により少しだけその読む
という行為から想像されることが
増えてきそうな世の中です。

続きを読む

2013.01.06

自転車ガレージライフ

数年振りにゆっくりした時間を
友達の家で過ごせました。

考えれば昨年も休みが無かったので
ゆっくりする事自体が本当に久しぶり。
彼の家は数年前に都心郊外に趣味全開な
一軒家を立てました。

私もいつかは・・・と密かにねらっている
ガレージライフ。

続きを読む

2013.01.05

初出勤


まだまだお休みの方も多いかと思います。

個人的にはすでに仕事モード全開ですが
ひとまずプロジェクトとして関わっている
チームとの初ミーティングに出かけました。

昨年末宣言したようにいろいろな環境の
変化もあり、そして何より自分自身の
仕事の節目を迎えるので、先を見据えて
更に一歩前進します。

今年もよろしくお願いいたします。

続きを読む

Posted at 23:27 | 未分類 | COM(0) |
2013.01.03

みんなでやれば怖くない


昔のTVに日本人の行動を見事に
表現した言葉がありました。

「赤信号、みんなで渡れば怖くない」

コトの善悪はともかく自分でおこした行動が
周囲の人間が同じことをやっていれば安心して
どんな行動でもおこなってしまう。

確かにTVの前では笑い話なのかもしれないけど
実際の生活では社会問題にも発展することすら
この言葉で言い表されてしまうほど日本人の
行動って、規律正しさ危なさが同居しています。

続きを読む

2013.01.02

カタチとデザイン



同じ乗り物でも外側が覆われている
電車や車はカバーデザインがすなわち
そのタイプのアイコンになっています。

こんな写真でも色とカタチで簡単に
識別できます。
(ちょっと極端な例ですが・・・笑)


中身の性能と外側のデザイン(性能も)が
見事にマッチしている例です。
自転車の場合はそういう視点ではまさに
スケルトン、ほとんどの部分が可視できます。

続きを読む

2013.01.01

320キロの旅

激動の2012年を超えて2013年がやってきました。

2013年をにらみながらいろんなことをと考えて
いたけど、思った以上のことがたくさん起こり
少しばかりの軌道修正を強いられた部分も
ありますが、その分、方向性なども明確に見えた
一年でもありました。

2013年は土にしっかり肥料を与えて
これからの人生のベースにする年に
なりそう。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。