--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.06.29

自転車道がもたらすもの

wn120628.jpg
前回の訪問の時に成し得なかったこの地で
サイクリングを楽しむこと。

いろんな街でこっそり自転車ツアーに紛れて
楽しむことを最近は旅の楽しみの一つに
加えていただけど、この国でのツアーは
始めて。

今回はレンタサイクルをお借りして
仕事仲間と楽しみました。

続きを読む
スポンサーサイト

2012.06.28

自転車における需要と供給の関係とは

wn120627.jpg
昔、本で読んだことのある例えから。
エスキモーに氷を売ることって
常識で考えるとあり得なし、そもそも
発想をしない。

でも、それこそが常識という枠を
はめてしまったから無限の発想を
阻害するものである。

この国では主な交通手段は
オートバイ。
街中で自転車を見かける事は
わずかだったし、この国に自転車が
それも、スポーツ自転車という
発想なんてありえないって誰もが
思っていました。

続きを読む

Posted at 23:55 | 未分類 | COM(0) |
2012.06.26

やっと会えました。

あ、ついにって思っていただいたら幸いです。
え、まだお会いしていなかったのって方も
いらっしゃるのでは。

私の場合、自分を暗示にかけるのが得意です。
自転車業界のスゴイヒトに会うには
自分でその方の事を強く思うこと。
今まで会いたかったヒトには恐らく全て
会えています。

今回もいろんな縁が重なり会えました。

続きを読む

2012.06.24

ありがとうございました。

FB始め、いろんな方からいろんな方法で
メッセージをいただきありがとうございました。

そろそろ自転車の仕事を始めて30年が経ちます。
自転車をキーワードにいろんなヒトの関係が
自分が想像していた以上に広がりました。

続きを読む

2012.06.23

自転車タダサービス



とある駅に隣接した駐輪施設。
お金がかかってそうな施設なのに
なぜだか仰々しいロープが
張り巡られてる。

周囲に誰もいなかったのであくまでも
想像の話。

おそらく、公営有料駐輪場に置けない
通勤通学客が近くの無料風な駐輪場に
目をつけてこっそり置いていることが
発覚して、こんなことをしたと予想。

続きを読む

2012.06.22

MTBと私


とあるところからの依頼で久しぶりに
長い文章を書き上げました。

ちょっと学術的な内容でいつもの
自転車愛好家向けに出版される
モノではないので、少し自転車の
これまでの歴史を少し俯瞰で
見ながら書いています。

そんな時、歴史的に避けては通れ
ないのがやっぱりマウンテンバイク。
最初に名前を聞いた時に電流が
走りました~笑

続きを読む

2012.06.21

復活させたいランチライド

wn120621.jpg

デスクワークの合間に電磁波を浴びた
体を開放するためと少し固まり始めた
頭を柔らかくするためにランチライドを
友人と一緒におこなっていました。

ランチライドって一人で出かけても
あまり気持ち的に盛り上がらないので
必ず約束を入れて、それをきちんと
おこなうことがとてもストレス解消と
それ以上のアイディア創造に役立って
いたのです。

続きを読む

2012.06.20

壊れるまで分からない事実

wn120620.jpg

カーボンの致命的な欠点。
軽微な衝撃は外からは判別
できないこと。

とても薄いシートが何重にも
重なっているんですけど
この層に少しでも隙間が空くと
かなりのダメージです。

きちんと調べるには・・・
そう、ぶった切るしかないのです。


写真は壊れたサンプルではなく
こうやって展示していたものを
使っております。


続きを読む

2012.06.19

ホンモノを本当に知る

wbd120619.jpg

中央に小さく展示されているのは
あの、モナリザ。
普段はあの額縁の中の絵だけを
色んな大きさで見ているので
大きさとか本当の色を知りたければ
ここルーブル美術館に行くしかありません。

この画像を見られて思いませんか。

小さい・・・

続きを読む

2012.06.18

それにしてもスゴイ

wbd120618.jpg

以前カメラのプレス発表会で見つけた写真から。
レンズ交換式デジカメにレンズを付けた状態で
ボディーを真ん中で真っ二つに。

それにしてもすごい.


技術も中身も。


切り口も鮮やかだけどこんなに中身が
ぎっしりだったのですね・・・
少しくらい隙間がと思っていたけど
とんでもない技術です。
正に日本の設計思想と組立技術が
ここにはまさにぎっしり詰まっています。

続きを読む

2012.06.17

見た目とのギャップ

wn120616.jpg

写真を見て何も感じなくても自転車は
確実にメンテナンスが必要な場合が
あります。
6/15号のように見た目ですぐに判断
出来るもの。
それは恐らく、外傷。
パーツですから血が出ないものの
見た目で分かりますよね。

でも、今回のブログの箇所は
写真では分からない。

続きを読む

2012.06.16

全体デザインとは



この写真を見られてどう感じましたか。
鍵が大きくて目立つから盗られにくいから
いいね・・・

本当にそう思います・・・?

盗るなよと主張する鍵。
盗られないならばこの位
鍵が主張しなければ。

なんだか違和感を感じます。

続きを読む

Posted at 03:31 | 未分類 | COM(0) |
2012.06.15

知らない恐怖と知る恐怖

wn120615.jpg
友人の自転車が少し調子が悪いので
見てくれとのオーダーに軽い気持ちで
出かけて行って実車をみて、びっくり。

いろんな部分が悪いという表現よりも
危ないという完全な赤信号になっている
自転車でした。

人間の体ならば十分に痛みとかの
不調が強く感じられる状況なのに
自転車ならば転倒して、始めて
分かるのかるのかなと心配に
なりました。

続きを読む

2012.06.14

フレームにおけるシールという価値感

wn120614.jpg
ちょっとマニアでもあり
ビギナーでもある話題。

フレームの価値ってどこで決まるの?

価値は材質とグレードが決める。
そう信じる方々にとってシールは
自転車にとっても命です、という
マニアも多そうですね。

シールがなければ分からない
ほとんど区別がつかないモノとして
フレームの素材。

続きを読む

2012.06.13

準備粛々と

ttf1201.jpg

今日は来月のこれの打ち合せで都内を
巡っておりました。

今回で3回目。
昨年は震災で開催そのものも考えさせられ
ましたが、それでも何とか開催もできました。

今年はこれまでの二回からパワーアップ。

続きを読む

2012.06.12

真のポートレイト

1998年に撮影してもらった古い写真を
facebookに自分の姿として
張付けていたら,実際に会った人
ほぼ全員から
「あれ,いつのですか・・・?」と
聞かれてしまいます。

私にとって懐かしい一枚です。
でも、最近の方は色んなことが
違っているようで。笑

続きを読む

2012.06.11

スピードを求められる仕事

wn120611.jpg

今日は本当に朝から晩まで
仕事で軟禁・・・笑

先日のブログにも少し
書き綴ったのですが
まさにスピードと精度を
求められながら更には
誰もがやったことのない
大きな自転車プロジェクト。

計画の紙はたった一枚。
でも,この中に今日の
ミーティングで出た皆さんの
アイディアが詰まっています。

続きを読む

2012.06.09

自転車通りになれるかな

降りしきる雨の中を青山界隈を
同僚と仕事で一回り。

勤務先でもある
LIFE CREATION SPACE OVE」が
開店したのが2006年。

あれからたった6年余りで
近辺には自転車関連のお店や
施設がたくさんになりました。

今までならば考えられないのは
地下鉄の駅の広告に堂々と
並んであること。

続きを読む

2012.06.08

新しいことへの期待と苦しみ

今までは全く信じられない程の
スピードで仕事の依頼が続いています。

今日も個人ではほとんど舞い込まない
レベルになっている仕事の打ち合せ。

決断を本当に時間単位で迫られる
感じですが、何もないところに
自転車の新しいカタチを作る仕事。

続きを読む

2012.06.07

チーズの顔

wn120607.jpg
先日紹介した来月におこなう
ワインとチーズのイベントに
向けた業者との打ち合せにて。

チーズってあらためてみると
すごく顔があります。

続きを読む

2012.06.06

残すべきこと

身辺が少しバタバタしているので
色んな方に相談しまくっています。

仕事の整理をしないとすでに
仕事がパンクしているので
自分自身の考えていることを
他人に投げつけてみる。

今日はなんだかそんな渾沌の
解決が少しだけ見えてきました。

続きを読む

2012.06.05

研ぎ澄まされる音から学ぶ

普段はあまり馴染の少ない高性能スピーカーに
触れる機会があり、そこでいつものように
いろいろと考えさせられました。

音を表現する。
音を言葉で表現する。

とてもむずかしい事です。
言葉とは所詮、音を変換したもの。
いくら,表現力の優れた方でも
言葉で他人に伝えるとなると
簡単なことではありません。

続きを読む

2012.06.04

保存が先か再生が先か

wn120604.jpg
CDを購入するといつでも聞きたい派だから
PCにスロットイン。
そうするとこんな文字が出てきます。

確かにね。ポチッといきたいし
ご丁寧に「次から確認しない」と
あります。

でも、この一連の作業には違和感が
残ります。なぜか。

続きを読む

2012.06.02

魅せる仕事

wn120603.jpg
野球のセオリー。
真っ正面で手をグローブに添えて
しっかり捕球。
どんな球が来ても後に反らさない
プロフェッショナルセオリー。

華麗な動きって、派手な動きのように
片手で伸ばして捕球してスローイング。
みたいなイメージが強いのですが、本当は
バッターの打つ方向を予想して通常の
守備位置から動いて確実に何気なく捕球して
仕事を完了するのがプロフェッショナルな仕事。

続きを読む

2012.06.01

進化過程の退化とは

wn120601.jpg
最近のカメラの進化と退化って自転車に
比較するとやっぱり道具ならではの
共通点があるなってひしひし感じました。

写真は最新のデジタルカメラでの一枚。
私の通勤路で怪しくたたずむ建物をパチリ。


今までのフィルムカメラならば
ここまで空や建物が明るく写らないし
ドラマチックな感じに仕上げるには
専用のソフトで加工が必要でした。
初期のデジタルカメラもココまでの
感度を上げるなんて無理。別の意味で
作品が出来たとも言えますが・・・

今ならばカメラの中ですべて
仕上げてくれる。
便利になったと感じました。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。