--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2012.01.30

消耗品というコレクション

wn120130.jpg

私が連載中の「ヴィンテージパーツ」の
原稿にピッタリなパーツ達を探す時に
ちょっと驚く事実があります。

それはトップライダーやメカニックの
多くはパーツをほとんどストックして
いないこと。

これは先日のブログでも書いたように
機材=パーツの部分も少なくないのですが
もっと言えば、「消耗品」でもあるという
側面が強いのかもしれません。

続きを読む
スポンサーサイト

2012.01.28

曲線という完成形

vp97.jpg
今月も執筆しました。
ヴィンテージパーツ。97回目に
なっております。

もう8年も執筆中。
周囲の人間のほとんどが8年間を経て
違う仕事に就いています。
飽きやすい私がこんなに続いて
いるのはやっぱり、パーツが
好きなのと責任感、誌面感が全て。

それにしてもヴィンテージパーツって
自転車と距離がある人にウケがいいです。

続きを読む

2012.01.27

私が自転車屋を利用する理由

wn120127.jpg

自転車屋さんという仕事を離れて
既に15年という年月が経ちました。

店頭で色んなメンテナンスや組立を
毎日おこなうという実践の日々から
すでに、最新の技術や店頭動向を
肌で感じることができなくなっています。

もちろん、馴染みのお店は仕事抜きの
お付き合い。だからそんなお店での
買い物は中学時代に通った自宅近くの
街の自転車屋さんとなんら変わる事なく
ワクワクする瞬間です。

続きを読む

2012.01.26

MTBレーシングプロモーション

wn120128.jpg
レースってヒトとヒト、モノとモノがぶつかる
純粋なそして単純なスポーツだと思われています。

でも、レースというプロモーションに
関わった身としてはそれだけでは
レースじゃない。

そう思える場面に沢山立ち合いました。

続きを読む

2012.01.25

本当に怖い夜の都内道路

wn120124.jpg

しっかり降雪のあった翌日は路面がカッチカチ。
出勤時間なんてスケートリンクの上を自転車で
走行するようなもの。

少しでも自転車が傾いた時にコケまいと
がんばろうとすると余計に傾きが
増して、転んでしまう体制ができ上がります。

おまけに靴は凹凸のない革靴など。
普段と同じように走るのはおろか
押しても危ないのになんとか乗って
行こうとする人を多く見かけました。

もっと怖いのは自転車歩道走行。
ただでさえ狭いのに車道が危ないから
あがっても危険度が増すだけなのです。
走れない歩道をよろよろと走りながら
小さな子供の横を通過する姿は
ただ、怪我をさせないでくださいと
祈るだけ。

でも本当の恐怖は今晩。

続きを読む

2012.01.24

申告な毎年のお勤め

wn120123.jpg

もうすぐやってきます。
確定申告。

いつも,つらい作業の一つだけど
一年間の仕事を振り返る意味では
作業はむしろ座禅を組むかのよう。

これまで税務署に申告した用紙の
控えは全て手元に置いているので
この時期に、数字面で自分のやって
きた仕事を冷静に見ることが
出来ます。

続きを読む

2012.01.23

マイ・KATAKURA SILK

wn120122.jpg

私にとってのマイ・ファーストレーサー。
片倉シクル号。
写真では少し分かりにくいけど
濃いめのグリーンがとても印象的。

フレームにはワイヤーリードだけが
取付けられていたのでWレバーや
ブレーキアウターはすべてバンド止め。

ラージフランジのハブも当時は
カッコよかった・・・

続きを読む

2012.01.22

MTBの魅力に魅せられていたあの頃

wn120121.jpg
先週に福岡で一緒にMTBを盛り上げていた
I君がコツコツと続けた活動の一つが15周年に
なったと連絡がありました。

私自身が最初に会ったのは彼が高校生の頃。
その頃はまだMTBという乗り物がどうやって
遊ぶのかが確立されていなかった頃。

私と彼はMTBという乗り物に一瞬で
魅せられました。

続きを読む

2012.01.21

ありがとうございました。


前回の自転車200年の歴史をデザインという
切り口でおこなったトークショーは台風上陸。

今回も都内の初冠雪とこの仕事だけは
自称「晴れ男」の鬼門なんですが
今回も色んな方にお越しいただき
感謝感激です。

今回のお題は特に日本人自らが
考え抜いて造り出したものばかり。
まさにジャパンオリジナル。

続きを読む

2012.01.19

いよいよ明日です。

wn120119.jpg
いよいよ明日になりました。

今回のトークショーで個人的に何が嬉しいかと
いうと,やっぱり業界の大先輩の話をきけること。
シンプルに。

日本のオリジナルな考えとプロダクトが
融合した瞬間。

もちろんその後にはいろんな時系列で
子供がワクワクするものが出来るんですが
モノから色んなソフトが重なって存在した
自転車はまだまだその後、日本からは
生まれていないかな。

続きを読む

2012.01.17

ヴィンテージパーツ96

昨年発売されたバイシクルクラブに
連載中のコラムのご紹介を
すっかり忘れていました。

本日編集部の担当者から次号の
メールがきて判明・・・恥ずかしい。

こちら
でお楽しみください。

続きを読む

2012.01.16

使って分かるデザイン

wn120116.jpg
普遍的に生活の中で使うものに
デザインって必要なの?

例えば、台所のお鍋なんか。
どれもカタチは一緒に見えます。
こだわりなんて無いし安いので十分。

だからこそ、使わないと分からない。

良いものとそうでないもの。
プロダクツ的なデザインの
好き・嫌いでは済まない部分が
最近、むしろ強くなっています。
それってどこにキーワードが
あるのでしょう。



写真は大好きな柳宗理さんの作品の一つ。
残念な事に昨年末、他界されました。
ご冥福をお祈りします。


続きを読む

2012.01.13

デザイン的な2011発想力を振り返る

かなりの忙しさの中でネットサーフィンは
欠かせません。

久しぶりにご紹介したいページがココ
あなたはどれに興味があります・・・?

ジテンシャジャンルを問わないのは
良いことですね。



2012.01.10

消えゆく仕事を見逃さないでください

wn120109.jpg

大先輩方の仕事が少しづつ消えてきます。
私は絶対に消してはいけない日本の
自転車界の事実だと思っています。

もう二度と無いかもしれません。
だから皆さんには絶対に見て欲しい。
日本の自転車界で歴史の動いた瞬間を。

再来週1月20日の夜におこなうトークショーです。

続きを読む

2012.01.08

チャンピオン育成システム

wn120105.jpg

かなり前になりますが、メカニックとしてレースに
関わっていました。
当時はまだロードレースのようにシステムがほとんど
なかった、MTBレースは私にとって、新しいことを
実践して習得するためには最適な状況でした。

もちろん、今はロードに劣らず良いシステムが
導入されていると思いますので
今のレースを比較してはいけませんが本当に
楽しく学ばせてもらった日々でした。

続きを読む

2012.01.05

美しい保安部品

wn120104.jpg

自転車に保安部品なんてあるの・・・?

制動装置 
警音器
前照灯
尾灯
反射機材


漢字で書くと少しお堅い名前
ばかりですが結局は、乗り手の
身を守るためにつけてください。
と義務づけられているものばかり。
(一部はルール的に強制力が違うけど・・・)

本当はメーカーの完成車を
購入すると必ず付属してるんだけど
ショップなんかでカッコ悪いからと
取付けないことも多々あります。

今回はカッコ悪いからつけたくない
という話ではなく、もう少し前向きな
お話です。

続きを読む

2012.01.04

何となくなあいまいさ

wn120103.jpg
昨年、たくさん話題に上った
「自転車がどこを走るか・・・」という話題。

結局、自転車の走る場所のあいまいさ自身が
行政から長年に渡ってあいまいにされてきた事に
この問題は起因しています。

その「あいまいさ」は自転車全体の
ルール全体にも何となく適用。

だからこそ、問題も含めてがあいまいに
できるわけもなく、しっかり解決しなくては
いけない問題が結局のところ山積みです。

先延ばしにすると結局何も解決しない
世の中の問題全般と自転車問題は
そんなに相違がないですね・・・
残念ながら。

続きを読む

2012.01.02

今年もよろしくお願いいたします。

今年、2012年も無事に新しい年が来ました。
私自身にとって、かなり特別な年になりそうな
そんな一年です。

すでに始まっているので、刻々と時間は
無くなっているのですが、その分大事な時間を
使いたいからこそ、年末年始はしっかり
自分自身の考えをまとめる時間に充てました。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。