--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2011.09.30

NObrake!! YESbrake!!

今週は少しバタバタなので
ほとんど、blogすら見れない状態。

でも、ニュースなんかはチラ見してます。

だから、自転車関連ニュースは
色んなSNSを通じてリアルタイムに
ほど近い状態で教えてもらます。

もちろん、一般人でない方が
ノーブレーキで検挙されたと
報道がながれて、身近な方々に
その影響が及ぶのに時間は
かかりませんでした。

続きを読む
スポンサーサイト

2011.09.25

包む伝統

wn110925.jpg

輪行という言葉の遠い記憶。

中学生だった頃、駅で袋から出された
シングルバイクをあっという間に
組み立てて走り去った20代の
お兄さん達・・・

あれから数十年。
輪行という言葉がこんなに世の中に
受け入れられる時代になった事を
素直に驚いています。

続きを読む

2011.09.24

自転車サイン~六本木編

wn110924.jpg

これは少しビックリというか
かなりスリリングなサイン。

この細さを降りれるテクニックを
もっている乗り手に対する挑戦状かな。
DHやBMXかシクロクロスなテクニックが
かなり必要です。

降りたくても降りれないかと。
段数も結構ありますしね。
真ん中ならまだしも、壁に面していますし。

続きを読む

2011.09.23

展示会ラッシュも一息

wn110923.jpg
今週の展示会山場の水曜日は本当に
大変でした。
都内にいらしゃった方はテレビで
映っている事が本当に起こるとは・・・
と感じ方も多かったかと。

当日は私自身も9会場のうち
2会場しかお邪魔しなかったのですが
ショップの方々は、がんばって
詰め込んであと一息・・・と
いう時間帯でまるで、全スイッチが
一気にオフしたかのように全ての
交通網がシャットダウン。

続きを読む

2011.09.19

バイコロジーという言葉

wn1109191.jpg
先日、少し古い自転車キーワード
「バイコロジー」という言葉で
関係者と少し盛り上がりました。

このバイコロジーという言葉は
私には馴染が少ない言葉です。
写真のような、雑誌が発行されて
いたころ。
私がスポーツ自転車に興味を
もつ、以前の話なので本質的に
体感して自分のなかでそれが
一体なんだったのか・・・?を
知る由が無いのも事実。

バイクとエコロジーという言葉を
うまく掛け合わせた言葉ですから
当時もかなりそれなりな社会性を
持っていたと考えます。

そして、時代はまた、そんな言葉で
引っ張られる生活にシフトしている。
そう感じてています。

てなわけで、少しだけですが私的
バイコロジーブームと今の社会現象を
考えてみました。

出典:
サイクリングタイムズ社「旅とサイクリスト 69-2月号」
八重洲出版社 「サイクルスポーツ 77-2月号」

続きを読む

2011.09.17

自転車という趣味

wn110917.jpg


自転車が趣味といえる境界線って
どこなんだろう。

連休な週末に日本各地で沢山の
イベントが開催の最中。
都内で黙々と仕事に向かう人間の
一人として、なぜだか気になって
しまいました。

続きを読む

2011.09.16

価格提示に抱く不安とは

価格って安い方がいいに決まっている。

なんだか、最近どこかで見たキーワード?

もちろん、品質が分かっているものならば
という条件ですが、決められた価格がある
わけだから、それならば安い方がいいという
心理が働きます。

でも本当にそうなんでしょうか・・・

続きを読む

2011.09.14

自転車のデザインと革新性とは

wn110914.jpg

私が最初に購入したパソコンは「FM-7」。

80年代前半のまだ、ワープロって
言葉の方がパソコンよりメジャー
だった頃かな。
やっと「Apple」コンピューターが
世の中に誕生した頃にほど近い。

実は誕生した頃は革新的な機能を
持っていたのだろうけど、何せ
すごい高価なモノでなるべく
関心を持たないように装って
いたのです・・・笑

でも、私自身はコンピューターに
興味が無かった。
結果的には知らないもの
分からないものにチャレンジを
したかったのでパソコンを購入
しました。

だからAppleにはむしろ、外観デザインに
一目ぼれをしたというべきです。

続きを読む

2011.09.13

私が来年考えること

以前、私がこのブログで書いたこと。

自転車が一般的な生活の中から
無くなる危機が来るかもしれない。

覚えていらっしゃいますか。
周囲の反応も冷ややかで、多くの
方からは、絶対にありえないと
言われました。

でも、私が今、取り組んでいるのは
少しだけ先の自転車の将来を
創造すること。

ちょっと偉そうですが、真剣に
取り組んでいます。

続きを読む

2011.09.12

ありがとう、WheelClub+自転車屋

wn110912.jpg

1985年の2月のある日。

福岡市内のお世話になったショップに別れを
告げた後、どうしてもショップをしたくって
私は市内で出店できる場所を探していました。

そこで見つけたのがペットショップの
入っていたお店。
おそらく張られたばかりの不動産屋さんの
張り紙に何かを感じた私はすぐに連絡を
していました。

(出典:サイクルスポーツ1986年8月号)

続きを読む

2011.09.11

良いプレゼンそうでないプレゼン

wn110911.jpg

最近、いろんなプレゼンテーションの場面に
遭遇します。
もちろん自分でやるものと,一聴取者として
聞かせていただくもの。

自分でおこなう場合、まだまだ未熟なので
時間に追われて,やりたかった事の
半分も出来ていない。
それでも、伝える難しさと格闘する事は
そんなに嫌な事ではないので、なるべく
人の前で話す事を意識的に増やしています。

反対に人の話を聞かせてもらう時には
じっくりその全体像を眺めながら
プレゼンテーションの難しさを学ばせて
もらっています。

続きを読む

2011.09.08

背筋がピンと伸びるジャージ

今回のヴィンテージパーツはウール100%ジャージの
これにしました。

実はこのナショナルチームシリーズは
まだ沢山あって当時、がんばって
集めたものがまだ自宅に残っています。

なかなか,着る機会もないけど
そろそろそういうチャンスも巡ってくる
かもしれません。

続きを読む

2011.09.06

自転車サイン~船橋編

wn110905.jpg

遊技場の看板でおもしろいバージョン発見。
今どきなピスト風・風なサインです~笑

よく見ると今回も突っ込みどころ満載。
皆さん楽しんでください。

ま、自転車としては全く走れないところが
ミソです。



2011.09.04

ハウスワイン的自転車とは

wn110904.jpg

お酒に関心がないか、飲めない方には
かなり偏った話題ですいません。

ワインを出すレストランならば、
メニューに「ハウスワイン」という
言葉が必ずあります。

ハウスワインというワインは
簡単に言うとそのお店のお勧めにして
万人にお勧めできるリーズナブルな
ワインのこと。
もちろんですが、各レストランによって
そのこだわりがすごく違うのです。
そのハウスワインと言うポジションを
店主と話しながら少し自転車屋における
ハウスワインってなんだろうって少し
思いを巡らせました。

続きを読む

2011.09.02

今月のトップフォト9月

wrtop1109.jpg
今月はバルセロナ・サクラダファミリア近くの
交差点にある信号機から。

デザイン的には特にコメントが無いのですが
何やら自転車のことをきちんと
考えられている信号ではないでしょうか。

続きを読む

Posted at 12:56 | WRインサイド | COM(0) |
2011.09.01

新製品発表の季節も半ばです

wn110831.jpg

海外でも2012年の商品展示会が始まっています。

ほんの少し前までは欧米ショーの後で
お披露目でしたが最近はかなり各社での
展示会のタイミングが違っています。

ブランド別にみていくと、早いところでは
7月から始まっているのでむしろ、この時期は
かなりのブランドさんが既に新商品がショップの
皆さんに見せ終わっているタイミングでもあります。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。