--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.04.30

東京を自転車で走ろう

wn100430.jpg

4月最後にやっと春らしくなった気がします-笑
今日はすでにGW中な方も多いようで都内の
道路もかなり少ないとか。

福岡とか山口の皆さん。
東京はすごいです。自転車で渋滞が起こるのです。
あり得ないと思いますが現実です・・・

で、明日からは一般的に大型連休なので
都内中心部の車の数がすごいことになります。
つまり、東京がゴーストタウンになります。

続きを読む
スポンサーサイト

2010.04.29

自分自身を振り返る瞬間

wn100428.jpg

私的この10年間はすごく早かった。
そして、そしてすごく濃かった。
だから時々、自分で振り返る時も少なくない。

聞こえは良いけど、それは他人にとって
かなり自慢話に聞こえるような
気がしています。

だから、こんな話しはどこかで区切りたい。
そう考えてきました。

続きを読む

2010.04.27

人はなぜヘルメットが嫌いなのか。

wn100427.jpg

ヘルメットをかぶって走る人がこの数年で
爆発的に増えました。

自転車が「増えた」からとも、言えるのですが
まだまだ、自転車専門誌でさえ驚くことに
ヘルメットをかぶらないシーンを堂々と
掲載しているくらいです。

だから
その元をたどれば、おそらくショップで
こつこつとヘルメットの大事さを
伝えてもらっているのかなと
感じています。
(実際この効果が大きいと思います。)

私自身がヘルメットをかぶり続ける理由は
ずばり、転んでヘルメットが割れて
自分の頭がプロテクトされたから-爆

そんな体験を皆さんが恒常的にされる
ようならば「自転車」はすごく危ない乗り物
ですが、実はもっと安全マージンがあります。

だからこそ
皆さんがヘルメットをかぶりたくない心理を
むしろ知りたい・・・
そう思っています。

そこでいろいろと推察してみました。

続きを読む

2010.04.26

現場はやっぱり、現場だ。

wn100426.jpg

週末もイベントのために見られなかった
ワールドカップXCレース中継。
twitterでフォロワーのみなさんが熱心に
中継してくれたおかげで少し
昔にタイムスリップ。ありがとうございました。

以前なら、考えられなようなペースで
レースもまるで現場にいるかのように、情報を
入手できます。

まさにウエブの進化という
技術革新と環境整備が
いろんなことを支えています。
でも、それと同時に少し怖さも感じているのです。

続きを読む

2010.04.25

今月のヴィンテージパーツ(VOL.76)

今月もバイシクルクラブ誌で
ヴィンテージパーツ76
担当しました。
今回はおそらく、今のカンパマニアなら
びっくりするような
MTBパーツをピックアップ。
シマノとサンツアーの躍進を支えたのが
MTBパーツなら
カンパがあわててしまったのも
MTBパーツでした。

実は皆さん、初期のMTBの構成パーツは
専用パーツではなかったって
ご存じでした?

続きを読む

2010.04.24

デザイン視点をかえてみる

wn100423.jpg
例えば
オートバイは同じ二輪仲間として
かなり視線の違うデザインに出会うことが
少なくありません。

すでに200年近くの歴史が有る自転車は
全体がシンプルな構造ゆえの
デザインに落ち着いてるなと感じます。

それでも、また様々な人の使い勝手を自転車に
合わせることで使われているのも事実。

個人的にはいろんな人が直感的に使えるような
デザインにはまだ行き着いていないと
感じるのです。

続きを読む

2010.04.22

ウエブサイトを再開しました。

www.wrenchy.net

構想約5年。やっと再開しました。
当ブログも日記としてウエブサイト内に
はめ込んでおります。
twitterもそちらでは見られます。

生きているのかといわれて-笑
やっぱり、福岡時代とか海外の仕事中にお会いして来た方々との
関係がすこしだけ嬉しかったりします。

いつも支えてもらっている関係は大事ですし、本当に感謝しております。

続きを読む

2010.04.21

結局、使う限り壊れます。

wn100421.jpg

数週間前にテレビ報道で取り上げられた
自転車における、モノとブランドと保証の
すこしだけ複雑な関係。

あれからいろんな人と話して
時には意見も対立しながら
個人的にこの問題の根深さと
問題の再発防止には何が必要で
何が急がれるかを考えてきました。

自転車業界に籍がある人間として
いつでもこの問題は自分自身の
問題としてとらえる日も来ないとは
限りません。

それ以上に強く感じるのは自転車の
安全性をどうやって乗る人に対して
純粋に分かりやすく伝えられるかを
マスコミ各社も含めて考える以上に
行動すべきだと思うからです。

続きを読む

2010.04.20

自転車サイン新木場編

wn1004220.jpg

キャンプ場近くの駐輪サインを発見。
これは珍しいな・・・BMXタイプ。
それもカラーバージョンです。

細部を見ると丁寧に本体は無いけど
ブレーキワイヤーが描かれています。
「パーク」とかなら分かるけど。


ア、ひょっとしてパークに描かれて
いたマークをそのままオマージュ?-笑

2010.04.19

シフトレバーが脳を刺激する

wn100419.jpg

これから「変速操作」自体は電気化に
シフトしていくことは、間違い無い
事実です。

レバーを引く重みはスイッチに変わると
ほぼどんなヒトにも簡単に操作できる
ユニバーサルなモノになります。

変速する意味って
そもそも、路面に合せてギア比を
変えて楽に走り続けることです。

それが、シフトレバーの引く重さと
前後のギア比の組み合わせの難解さで
ついつい、シフトしないという選択を
多くの方が実践されているのをみると

レバーが少しでも軽く引ける
→ボタンとして押すだけ

になればその変速する効果が
もっと理解されるような気が
します。

では反対に、今のシフトレバー
には本当に効果がないのかなと
考えてみました。続きを読む

2010.04.18

盗難に絶対は「ない」けど

wn100418.jpg

私はいつも考えています。

普通の人が自転車を買おうと
考えた時に気持ちそのものに
ブレーキのかかる理由って?

値段が高い。
スピードがでる?
扱えないかも・・・

確かに、リストの中心は
購買前に心配になるもの。

でも、少し考えてみると
実際に買われた方は多くは
何とかお金を用意して
ショップでレクチャーも
受けて乗り始めると見事に
はまった・・・方が少なく
ありません-笑

でも、実は購入後の心配が
残っています。続きを読む

2010.04.17

MTBレースの今を感じたいpt2

wn100417.jpg

私がMTBレースメカニックに
熱中していた頃のレース形式は
今のように4人一斉に争うレース
ではなく二人だけのタイマン。
(さすがに古いか・・・笑)

本当のスターも沢山レース
会場にいたので毎日が興奮
だったかな。

でも、それは昔話。
私は純粋に今のレースも
知りたいなと思います。続きを読む

2010.04.15

MTBレースの今を感じたい

wn100415.jpg

時の流れは本当に早いもの。
自転車屋さんを辞めて一念発起で
MTBレースの世界に飛び込んで
すでに13年の月日がものすごい
スピードで流れていきました。

その頃のアメリカにおける
開幕レースといえば・・・
「カクタスカップ」でした。
冷静に考えると1ブランドの
ロコレースに他ブランドが
こぞって集まっていた
懐かしい光景でした。
(写真はノーバなので違います・・・笑)続きを読む

2010.04.14

自転車サイン逗子編

wn100414.jpg

逗子の自転車サインはシンプル。
まるで1800年代に最初に出来た
自転車のようなシンプルな構造-爆

それより今回はオートバイサインに
釘付け。
禁止の赤いラインと見事に一体化。
荷物を載せてライトの当たりも
尖っている。
こういうのがHonda・カブにならない
のかな・・・
続きを読む

2010.04.13

自転車におけるブランド力

wn100413.jpg

最近、例の番組で自転車の
ブランドがいろんな角度で
話題になりました。

ブランドとは信用の証。

信用してきたからこそ
裏切られたという言葉が
表裏一体に存在しています。
ならばその力の源とは・・・続きを読む

2010.04.12

自転車的抑止効果

wn100412.jpg

違法駐輪の深くてやっかいな
問題は、スポーツ車を楽しむ
ライダーの大多数は

ま、自分には関係ないかな・・・

と思っている方がほとんど。

でも、事実はすでに対岸の火の
燃えさかる火の粉がすでに
こっち側にも降りかかり始めて
いるとみたほうがいいと思います。

私もブログであまり関係ないと
思われる駐輪とか看板のことを
無駄に見えるくらいに何度も
取り上げるのも、どこかで急に
自分の問題にならないように
いつもブログでしゃべりたいから
それにつきます。続きを読む

2010.04.11

ある意味の社会貢献

wn100411.jpg

出張のスキに
お堅いところから
お堅い書類が・・・

封筒の表には
「著作物利用許諾依頼書」と
書いてあります。

私事ながら少し前に
いろんな著作物を
出させてもらったなと。
封を切る前に思いを
巡らせました。続きを読む

2010.04.10

そろそろ新製品の季節

早いもので自転車界では
2011年モデルの発表が
ブランドごとに様々な
場所で始まっています。

すでにウエブサイトでは
画像としてたくさん出ている
けど、実際に触れるチャンスは
オフィシャルの強みです。

今回はシマノさん。続きを読む

2010.04.09

自転車に乗るなら飲めない

wn100409.jpg

周囲で少なくなったとは言え
まだまだ
「ちょっと一杯の後、飲酒運転」は
残念ながらなくなりません。

なぜ無くならないのか。
それは、どっちも気持ちがいいから。
気持ちのいいものを規則など縛っても
と思う方もいますが、ちょっと詭弁
だと思います。続きを読む

2010.04.08

なんだかおかしいよニッポンカンバン

wn100408.jpg

今までいろんな自転車看板を
見てきましたが、これはスゴイ。

看板そのものに直筆でバッテンが
入っています。
世界的にみても珍しいのでは・・・

続きを読む

2010.04.07

オールドスクール

wn100407.jpg

最近の知り合いとのつぶやきの時に
出てきた「オールドスクール」と
キーワード。

私が長くやらせてもらっている
バイシクルクラブ誌での巻末連載
「ヴィンテージパーツ」というのは
外目からみると、そういう要素も
あるってその会話から再認識しました。

で、ふっと自分を振り返って
私にとってのオールドスクールって
何かなと?・・・考えさせられました。続きを読む

2010.04.06

保証という名の品質シール

wn100406.jpg

昔、フレームから自転車を作る仕事を
経営していたショップでおこなって
いたころに使っていたクロモリフレームの
品質ステッカーがなぜか探し物と
一緒に出てきました。

これは塗装されたフォークの上に
貼るものである一定の時間のって
色換えのときに備えて大事に
保管しております。

でも最近はこんな信用をしめす
小さなステッカーでさえなんだか
軽くなってしまったな~って
思えることばかり。
続きを読む

2010.04.05

自転車ハンドル進化論

wn100405.jpg

最近の都内で見かける自転車の
ハンドル形状のバラエティーさを
このブログでもたびたび取り上げて
きましたがこれは結構すごいな-笑

きちんと誰かがこの角度に
ブレーキレバーを取り付ける
ために作業をしている証が。
続きを読む

2010.04.04

報道特集を観ずに感じていること

昨日「報道特集」と言う番組の中で
少し前に起こった自転車事故について
いろんな当事者の証言などをもとに
約30分間の番組が放送されたことを
複数の方から連絡をいただきました。

それは生々しいレポートではありますが
輪界で現在働く方、自転車に興味にある方
まで幅広い方からの連絡でした。
事前に教えていただいていたのですが
運悪くその時間に拝見することが出来ず
該当の番組を見た時にはすでに教育関係の
話題に変わっていました。

だから、見ていない人間が想像で何を
語るといわれても困るのですが、やはり
輪界で従事している人間にとって
他人事でもないので今の感じた意見を
少しだけ。続きを読む

2010.04.03

新しい門出

wn100403.jpg

専門誌の一つ、バイシクルナビさんが
休刊になった次の発売タイミングで
復刊になるというありえない状況を
つくった新会社の設立パーティーが
都内某所でおこなわれました。

私もお世話になっている編集長が
作った会社はこの時代にすごいことを
やってのけたと思います。
それだけにどう考えても集まった
メンバーもあり得ないスペースに
200人・・・笑

オートバイと自転車のすごい人達が
沢山集まっていました。続きを読む

2010.04.02

駐輪撤去に関する解決策

wn100402.jpg

 名古屋から来られた友人が
東京の駐輪が数年で変わったと
言われていました。

確かに違法駐輪が少なくなる
傾向は一層強まっている感じ。

その変わったといえる根拠は
彼いわく
撤去速度の早さにあるようです。
まさに、ちょっとしたスキに
写真のような警告紙を
貼られるとか。
 その効果は確実に上がっている
と思いますが、なにもすぐに
もっていかれるだけで「駐輪」が
減っているのではないと思います。続きを読む

2010.04.01

軽量という最先端を担ったサドル

前回のマビックブルフォンバーを
75回と書いておりましたが
正しくは今回のフライトサドル
75回でした。

最初の発売は80年代後半からですから
すごいロングランですが、相変わらず
よく見ます。当時のパッケージの
印象がすごいです。続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。