--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.12.31

明日という2010年を迎えるにあたって

wn91231.jpg

今年の自転車界の話も今日だけになりました。

サイクルモードでのお話は非常に私にとっても衝撃的な
出来事でしたが、それを総決算するコアメンバーでの
忘年会をひっそり都内でおこないました。続きを読む
スポンサーサイト

2009.12.30

電気時代の功績になるか

wn91230.jpg

今年久しぶりに忘れてい感覚がたくさんよみがえりました。

これまで物心ついた自体にスポーツ自転車のギアは
「5段」変速でした。そして
5段は前後で10段になりました。
そして5段の後ギアは6段からエスカレーターのように
枚数が駆け登ってきました。でも、この先はそんなにギア数が
増えないことはわかっていてもなんとなく「次の変革は?」と
何かにワクワクしていた自分がいました。

でも、そんな時にこんな時代だからの声も聞こえてきます。
それはサイクルモードでのお客様の何気ない一言。続きを読む

2009.12.29

自転車のスタイルにこだわらないブーム

wn91229.jpg

昨年から今年にかけての自転車への異様な関心ぶりを
これまでと比較したら、特定の自転車の車種への依存が
少ないことに気付きます。

これまで30年くらいの中で
80年代後半から90年代にかけてのMTBブーム
90年代後半から2000年近くまで続いたDHブーム
2000年年近辺のBMXで始まったストリートブーム
など、やっぱり自転車全部というわけではなく
特定の形やデザインにみんなが引き込まれていった
というのが正しいかと思います。
では、今回は・・・
続きを読む

2009.12.28

自転車イヤーという感覚

自転車にとって、去年と今年の違いは何だったのでしょうか。

今年は「ブーム」と言われ続けた昨年来の世の中の声が
大きくなるにつれてそれがいかに生活の中で使われるのか
意識されるのかがキーポイントになってきました。

移動する電車の中で、自転車の何気ない話題が出ると
以前ならば聞き耳を立てていたものの、今年は
周囲で自転車の話をしている人が本当に多くなり
それは日常の会話になっている気がします。

続きを読む

2009.12.28

年末進行仕事

今週は年と年を結ぶ一週間。
昨日で少し仕事の区切りはついたものの
まだまだ、今年中に終わらせたい仕事は山積みです・・・

本日はツールを完走した若い彼のインタビューのお手伝い。
同じような話をいろんな方に伝えるのも彼の大事な仕事。
少しだけ社会がスポーツ自転車のあり方の尺度を変えてくれれば
と切に思います。自転車にかかわる全ての人間を代表して。

陰ながら応援したい瞬間です。


2009.12.27

2009年が自転車にとって何を与えたか。

wn91227.jpg

今年もあと少しです。
考えれば週末には新しい年なのですが
やっぱり日本人にとって「年越し」は一大イベントかと。

今年はみなさんにとってどういう年でしたか?
私にとっては自転車の仕事を30年近くつづけて
改めてびっくりしたことがたくさんあった年でした。
思っていたこと感じていたことに従って
いろいろと自転車絡みでやってきたことが
本当にいろんな意味で日繰り返された年でした。
続きを読む

2009.12.26

秘密のメカニック部屋

バイシクルクラブを出版しているエイ出版社の
「自転車生活 Vo.24でこっそりですが
メンテナンスルームを紹介していただきました。

実は、ここに家族以外が入るのは二回目。
更には写真を撮っていただくとのことで、いつもの
撮影以上に緊張しました。

なぜ緊張か・・・
実は仕事の部屋なので個人の持ち物と預かっている
プロモーション用のものがごっちゃになっているから。
撮影スケジュールもタイトでちょうど、サイクルモードの
大阪から東京までのピンポイントで行われました。続きを読む

2009.12.24

ピリッと辛いポンプペグ

ビンテージパーといえば、歴史に名を残す
名品だけではありません。

小さなスモールパーツにも光を当てたいのです。
というのもこの頃のパーツはすべてアイディアだけではなく
デザインも優れていました。
まさに「ピリッと辛い」という表現が似合います。
カンパニョーロのこの時代のスモールパーツはいわば
アイディア商品のオンパレード。現代の商品の原形になったものも
少なくないですよね。

最新のバイシクルクラブを読んでみて下さい。

2009.12.23

ワイヤーって

wn91223.jpg

ファンライドさんの連載「リアルメンテ」では
先月号に引き続き、ワイヤーをお届けしました。
今回はブレーキ編。

タッチという部分だけだとシフトよりもブレーキの方が
セッティング面ではシビヤな要素が一杯です。

ショップに交換作業をやってもらうのが一番だけど
好みのブレーキングは知っておいても
無駄にはなりません。続きを読む

2009.12.21

年末進行

自転車雑誌も他の雑誌同様、年末なのに
もう1月号が発売されています。
なんだか最初は違和感を感じていましたが
もう慣れてしまったかなー笑

それより、年末に向けて「2月号」の仕事中。
私のやっているのは特に月のずれが少ない仕事ですが
面白いですよね。
私は撮影なども順調にこなしていつものように
すっきり年越になりそうです。

編集者、ライター、カメラマンの皆様、あと少し。
追い込みましょう。


2009.12.20

教える目線と気持ち

wn91220.jpg

教えを乞うということは、仕事的には
普段であれば「教える」という立場ですが
今日は久しぶりに教えていただく立場を
経験しました。

お題は「そばうち」。
粉から麺まで仕上げる本物ですね。
粉まみれの最初に麺の整った形を想像するの
ですが、やっぱりそこには工程があります。続きを読む

2009.12.19

サイクルモードダークサイド

本当にイヤなことをあえて書かないといけません。

サイクルモードに仕事で関わっている皆さんは
来場者に対して自転車のすばらしい部分を
自分の仕事なりに知って欲しいだけ。
でも、サイクルモードには自分勝手な方が
いらっしゃるようで。続きを読む

2009.12.18

話力

私も年間に何回か人前でお話しをさせてもらうことがあります。

それも、ただの茶飲み話ではなく、聞いていただく相手は
私の自転車の話を聞きたくってお越しになって
いただいています。
人前で話をするのがそんなに得意でない上に
中身は結構、専門的なばかり。
怖いのは話す内容が時間に満たないこと。

皆さんが私に向かって集中していると、その時間の
恐怖は結構あったりします。
でも、私の周りにはすごい人ばかり-笑続きを読む

2009.12.17

自転車的ブランドpt2

昨日の続き。

こういう例えがあります。
目の前にコップ一杯の水があります。
さっきまでおいしいものを食べて水もたくさん飲んでいれば
特に目の前の水に対して飲みたい~と思うこともないのですが
これがスポーツをした後ではどうでしょう。

水分がかなり失われているのですから
この水をどうしても飲みたい・・・
と考えてしまうのは自然の成り行きです。
だから、敢えて出さないのは私的には欲しいという
気持ち、いわゆる飢餓感を出すことも自転車の盛り上がりが
続いている時だからこそ、必要なのかなと思います。
続きを読む

2009.12.16

自転車的ブランド力

wn91216.jpg

サイクルモードでは昨年に比べて、メジャーブランドが
出展を取りやめていたブランドが少なくありませんでした。

隠してもしょうがないことですしオフィシャルガイドブックに
名前がないのですから、期待していた方々はさぞかし残念だった
ことでしょう。

でも、出展側からの見方としてはどうだったのでしょうか。
(写真は本文と関係はありません。ユーロバイクの写真です。)続きを読む

2009.12.15

個人的チーム力

wn91215.jpg

今回の仕事は昨年までと違い、私個人+業界スーパーヘルパーという
図式ではなく、私がイベントの盛り上げ役、調整役にだけまわる
ポジションにやっとたどりつけました。

ここ数年で感じるのはたかが「数十年」のキャリアしかない
私でさえすでに、下の人間を育てるポジションにいること。
自分のやりたいこともまだ完結していないのに-爆-結局
この時期にやっておかなくては遅いのかもしれないのです。続きを読む

2009.12.14

自転車の未来予想図

wn91214.jpg

重ねて、エコプロダクツ2009とサイクルモード2009に
お越しのみなさんありがとうございました。
きっと両方いかれた方もいらっしゃいますよね・・・

奇しくも日本経済新聞とテレビ大阪とという同じ系列会社の
イベントに偶然にお世話になりました。
個人的には会期が少しダブってしまい、さらには仕事が詰まりすぎて
仕事以外の部分をほとんど見ることが出来ずに大変残念です。続きを読む

2009.12.13

いろんな出会いに感謝

wn91213.jpg

それにしても、慌ただしい週末が終わりました。
自転車の仕事にとっていろいろな出会いが
あった週末でした。多謝。
詳細は明日から。

2009.12.10

急ピッチ進行中です。

wn91210.jpg

ここ数日、過ぎゆくイベントの業務日誌化しております。
あしからず。ビックサイトは無事に終了。たくさんの方が
ブースで私たちの話を聞いていただけました。
幕張メッセ会場も今日はすごい戦場のようです。
よもや明日以降には考えられないような姿になっています。
ゴミと別の意味ですごい人の数-爆続きを読む

2009.12.09

エコエコエコ

wn91209.jpg

明日って言っている間に今日です-笑
エコプロダクツ展でのエコサイクル。

今日はちょっとだけ皆さんのお手伝いに
現地に。自転車ブースはホールの奥なのですが
歩いてブースに行くまでに立っているのは
メジャーブランドばかり。
なるほど皆さんチェンジな一年だったのですね。

明日に続く。

2009.12.08

未完成品と完成品の間

wn91208.jpg

自転車を販売するというのは少し手間がかかる作業です。
普通、商品を売る場合にはたとえば商品を仕入れて
見せる場合にポップを書いたり、置き場所に工夫したりしますが
自転車はまず仕入れた場合に組み立てなくてはいけません。

ここまでで、え?って思われることも少なくないのですが
自転車の世界に入ってしまえばそれはそうだよなって
思える状況になります。
でも、よく雑誌とかウエブとかで取り上げられるときに
「よもや」自転車が自転車屋さんに届いた状態で
組み立てられていないなんて思わないですよね-笑続きを読む

2009.12.07

オランダのことを少しだけお知らせします。

wn91207.jpg

週末のサイクルモード東京に向けて、関係者との
連絡調整の続く日々ではありますが
その前に、オランダ絡みで少しだけオランダの自転車事情に
対して話す機会を設けていただきました。

エコプロダクツ2009/エコサイクルシティー
12月10日16:30~ブース内特設ステージにて

ゲスト/オランダ政府観光協会中川局長
今回は聞き手に回ります。

ちょっと面白いオランダの最近の自転車事情について
少しだけ二人でトークショーをおこないます。 続きを読む

2009.12.05

ツール・ド・フランス記者会見の日に

ツール・ド・フランスの記者会見が東京で
あったその日にフランスからレース記者の方が来店。
日本とフランスの自転車文化の違いを中心に
私のつたない英語を通じていろんな自転車事情をご説明。

でも、個人的にはフランス国内における
自転車レースの現状を詳しく教えてもらって
感謝です。
すごく言葉に重みも感じました。続きを読む

2009.12.04

広がる自転車交通システム

いつもお世話になっているアトリエ・ドゥ・キャファさんから
教えてもらいました、この新しい自転車活用システムのニュース。

すでにヨーロッパの自転車先進国では実施している試み。
場所によっては一定の効果もあり、都市交通の一つとしては
十分機能していると言えます。

こういう試みは日本で即成功するとはいえない側面もありますが
できれば首都圏以外の場所で同時多発的にやれないかなと思います。続きを読む

2009.12.03

仕事場が取材を受けました。

wn91203.jpg

この前いつ取材を受けたかな・・・ってくらいに
久しぶりに仕事場の取材を専門誌から
受けました。

仕事柄いろいろと見られては困るものも
あるにはあるのですが、それは少しだけ
収納しつつ、撮影してもらいました。
仕事場に他人が入る機会はほとんどないだけに
写真自体もかなり貴重ですね。
おそらくこれで最後になるかも。続きを読む

2009.12.02

自転車に触りたいという気持ち

wn91201.jpg

サイクルモードというイベントが始まったのは大阪ドームでした。
球場の天井裏のような場所で、ドームの上を周回するコース。
すごい人気で、周回するのに全周渋滞なんて笑えない状態も出ていました。

でも、自転車にとにかく乗ってみたいという要望は今も続いています。
機能を試してみたいというマニアの方から触ってみたいビギナーの方まで
さまざまですが、その思いは試乗コースでは変わらないでしょう。
続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。