--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.09.30

熱きTTバイク達

wn90930.jpg

最近、TTバイクが熱い注目を集めているのは
やっぱりフレームやパーツに特殊工作やスペシャルパーツが
施されている事につきます。

もちろん見た目の部分効果も大きいとは思いますが
各社のこれでもかと言わんばかりの仕事を見つけると
やっぱりじっくり眺めてみたい,そんな気にさせます。
写真はジャイアントのBB裏の様子。
ブレーキ自体は市販ベースですが、すっぽりと
フレームのシルエットに収まるあたりが何とも
ぷんぷんにおいますね。続きを読む
スポンサーサイト

2009.09.29

元MTBライダーの栄冠

ついにこの日が来ました。

MTBでは世界チャンピオンになれなかった
カデル・エバンスがロードの世界でチャンピオンに。
2009年は南半球初の栄冠ももたらした
彼の元に勝利の女神が微笑みました。

私にとってもこのブログで何回も登場させている
当時のレース上でまさに目の前で快走をみせてくれた
ライダーがここまできたのかと,本当にうれしく
なります。
先日のDHでついに真ん中を射止めた
スティーブ・ピート同様,自分の事のように
うれしいですね。

2009.09.28

5つ星復権?

wn90928.jpg

長い間クランクとチェンリングを固定する
いわゆる、クランクアームは5本か3本が主流でした。
いわゆる奇数ですね。
(3本は少数派でしたので主流は5本と言っても差し支えは無いでしょう)


それがMTBパーツの台頭から「4本アーム」が
多くなってきており,現在は偶数の4本が主流に
なっています。
メーカーの説明によると、強度的にはあまり差はない
ようですし、クランクメーカーとチェンリングメーカーが
ほとんど一緒なので互換性そのものも比較的に
スムーズに流れていった感じです。
でも、これは感覚の問題なのかもしれないのですが
私の場合5本アームに目が慣れており、今でも
少し違和感が残っているのです。続きを読む

2009.09.27

栄光のワンシーン/エディーメルクス

wn90927.jpg

ユーロバイクのユニークなポイントの一つに
毎年、各ブランドの展示場所がほとんど
変わらないことが挙げられます。
シマノ、カンパニョーロ、スラムなんかは
もちろんのこと、大手完成車メーカーも
ほとんど一緒なのです。
おかげで探しやすいのです。

でも、今回キャノンデールは経営が変わって
シュウィン、GT、マングースグループへ
お引越し。その代りにエディーメルクスが
来ました。そこで目にしたのは
年代ものプジョーのルーフにマウントされた
エディーメルクスの当時の自転車。続きを読む

2009.09.26

ユーロバイクインプレッション

wn90926.jpg

ようやく専門誌でもユーロバイクが特集された号が
発売中です。もちろんウエブではたくさん出ていますが
私もたった2日間ですがその中で気になったショットを
今年もご紹介します。

明日に続きます。続きを読む

2009.09.25

自転車deデート

wn90925.jpg

「自転車deデート」なんて、表現自体が
ちょっと古過ぎるかもしれませんが-笑

それでもこんな光景を目にする限り,私が
いつも提唱しているように「自転車」は
体にいいからとか、エコで環境にいいから
乗っているんではなく、自転車に乗る事自体で
気持ちよくなる効果がありそれがすてきな時間を
演出しているからだけなのです。続きを読む

2009.09.24

本当に空気が入りますか?

wn90924.jpg

ファンライドさんで毎月おこなっているのが「リアルメンテ」。
今月号はパンクの予防策に引き続き,実際の作業編です。
編集長の自転車が本当に(笑)パンクしていたので
久しぶりにパッチを張りました。
しかし,のりのノリが悪くて悪戦苦闘。
やっぱりここはアース印でないと伸びが悪くって。
って言い訳してはいけませんね。

それにしてもみなさん大事に収納している
スペアチューブを時々は伸ばして空気を入れています?
実は意外に大事な時に使えないってことがあります。
バルブの所で折れていたり、チューブに工具で穴を
あけていたりなど・・・笑えない冗談みたいな話ですが
備えよ常にですよ。
1度,空気を入れてみてくださいね。続きを読む

2009.09.23

MTBヒーローズアイテム

今月は連休が発売日と微妙に重なり、誌面を
見ていなかったのでご報告が遅れました。

まずはバイシクルクラブさんの
ヴィンテージパーツ69号」です。
今回は久しぶりにMTBパーツ。当時はレースがまだまだ
クロカンだけだったころ。サスペンションがなくても
OKで、軽量化を突っ走っていました。

日東製という事実は当時から日本人として
うれしかったひとつ。
それもあのリッチーブランドですからね。
当時使った方なども久しぶりに思い出して
みてくださいね。

2009.09.22

優先順位

wn90922.jpg

昨日に引き続きカンバンネタ。

このカンバンはこの撮影目線で見ると
ああ、出会い頭の衝突に注意だなって
分かるのですが、やっぱり日本の
道路カンバンにありがちな落ち度が
少しあると感じます。

それは「どっちが優先なのか」が分からないこと。
自転車マークは単に裏返してあるだけなので
形自身は同じです。
でも、危ないと警告している割にはどうするべきかが
ありません。
これをいきなり見せられるとよく頭で理解しなまま
突っ込んでしまいそうではありませんか。続きを読む

2009.09.21

自転車サイン渋谷区編

wn90921.jpg

渋谷駅にほど近い公園で発見。
実はこの看板の前に有料駐輪場があるのです。
結構、無法駐輪も少なく秩序が守られていて,やっぱり
日本人って人と違う事をするのが怖い民族だなって思います。

このサインはよく見ると、ドロップハンドルの
曲げの部分にかなりの苦労が見えます-笑
またバイクのほうが少しレーサーレプリカ風で
いい味出しているなってニヤリとしました。


2009.09.19

パーツマイナーチェンジの時期

wn90919.jpg

自転車の新製品が出る周期ってある程度決まっています。
完成車のように多くのメーカーがこの時期に発表して
年末までに発売のタイミングが分かるものがほとんど。

パーツでもコンポーネント系ではマウンテンやロードのコンポは
フルモデルチェンジとマイナーチェンジのタイミングはなんとなく
想像ができるようになっています。
だから来年は・・・再来年は・・・というように予想が立てやすいのです。
でも、最近はわかってはいるのだけども少し、そうれでいいのかなって
感じています。
(写真は本文とは関係ありません。)続きを読む

2009.09.18

連休行ってらっしゃい~

皆さんの連休はいかがですか?
ハワイで走ったり、ラスベガスで仕事だったり
はたまた都内でゆっくりだったり
いろんな計画があるかと思います。

私は連休中はゆっくり羽根を伸ばすどころか
しっかり仕事で埋められています。
でも、今年は少しやることがあるので
この時間差がありがたい。

しっかり仕事をこなしていきます。
こんな時間に来られた皆さんは早く明日のために
ゆっくりしてくださいね。

2009.09.17

共通部品の統一性とは

wn90917.jpg

他の工業製品に比べて自転車全般の
パーツメーカー間の共通規格はかなり
まとまっている方です。

ここ最近、少し独自規格も増えてきましたが
それでも自転車をパーツから組む時はそんなに
悩まなくても済む・・・それは数十年前から
変わっていません。
でも,変わっていない事。
それはアクセサリーの取り付け規格。
例えばこんなすてきなフロントフォークに
野暮なタイラップ止めのセンサーバンド。
しょうがないと言えばそれまでですが
フォークデザインを激しく壊している感じが
しませんか?続きを読む

2009.09.16

30万人という例え

昨日、仕事の仲間と話をしていたら
東京マラソンの申し込みが30万人を超えたとか・・・
いや、もうすごい数字です。
(もちろん、参加は3万人程度ですよ。ご心配なく。)

30万人って言ったら地方都市は真っ青の
人工レベルに匹敵します。
参加費をすべて集めれば30億円。
なんだかそれだけの費用があれば何かが動く
そう思います。ちょっと恐怖も感じます。
なんだか、自転車が少し注目されているといっても
規模がそもそも違いすぎます。続きを読む

2009.09.15

経験と努力

wn90915.jpg

先日の5分間メンテナンス講座に引き続き
久しぶりの雑誌の撮影が入りました。
昨年から少し周辺が忙しくなりほとんどの仕事を
一旦リセットした身にとって、時々いただく
オファーは本当にありがたい限り。
時間の許す限り、いただいたお題をどうやって
自分なりに表現するか。を撮影の数秒前まで
悩んでいます。続きを読む

2009.09.15

おめでとう。ピーティー。

突然ですが
スティーブ・ピートがDHの世界チャンプになったのですね。
(今頃と?オオイシさんが笑っている顔が浮かんできました-笑)

素直にうれしいです。
彼とのつきあいというか最初にあってからもう10年以上の月日が
流れています。
もうどれだけ2位を獲ったか分かりませんが,なかなか真ん中には
いけなかった。奥様もスポンサーの関係で仲良くさせてもらっていたし。
怪我に泣かされ続けただけにこれで本当のチャンピオンの仲間入りですね。
いまごろ浴びるほど大好きなビールを飲んでいるんだろうな・・・

2009.09.14

自転車の絵で気づいた事

wn90914.jpg

郵便受けに何気なく入っていたチラシに
明らかにマウス操作で作ったと思われる自転車が
描かれていました。

確かに絵を描くのは絵を日常に書き慣れていない人間には
恐怖です。ましてやこういう場面で書く事は
もう立派にプロの仕事と言えます。
で,今回の絵(イラスト)は全体をきちんと描けている
のですが,すごく気になります。
いや変というのは、絵として成り立っていないとか
明らかに足りないものがあるとかではありません。
でも,なんでこの絵を最初に見た時に
笑ってしまったのでしょうか。続きを読む

2009.09.13

言葉というボキャブラリー

wn90913.jpg

いきなり訪れた、久しぶりのライブ仕事。
よく「人前であがりませんね・・・?」と言われる
のですが、実はあがらないのではなく
みなさんの前に出る数秒前までは心臓は
ドキドキしているのです。
でも、いざ仕事を始めると不思議に自分自身を
もう一人の自分自身が見るようなそんな感じ。

ここのように確かに自分の言葉なんだけど
自分を少しだけふかんで見る事が現場では
あがらないコツなのかもしれません。
(おそらくそういう暗示を自分自身でかけているかもしれません)続きを読む

2009.09.12

地産自転車

wn90912.jpg

ドイツの自転車事情はすごく興味深い事がたくさんです。
いつも紹介しているように,オランダと並ぶ自転車王国でもあります。
でも,そういう環境の中でドイツが面白いと思うのは
まさに地ビールな環境です。
ドイツのビールはまさに地方色が強い本物。
電車で数時間離れたところでは同じビールが
味わえないことなんてざらなんですが
まさに、自転車もそういうブランド達が
ぞろぞろあります。

日本では聞いた事も無いブランドがユーロバイクでは
結構大きなブースを陣取っていたりしてすごく
新鮮な発見をするのです。続きを読む

2009.09.11

ビンテージ・バット・ユースフル

wn90911.jpg
ずいぶん都内も自転車が増えました。
でも、最近の自転車は見るというよりも
単なる駐輪の対象としか見ていないので
ほとんどは簡単な「自転車フレームチェック」で
スルーしてしまいます。

でも,時々「オオ!!」って叫びたくなる自転車に
出会います。その多くはちょっと古めの80-90年代の
デッドストックなロードだったりMTBですね。

でも,こっちは年期の入り方が違います・・・続きを読む

2009.09.10

今更テストです。

今頃遅いんですけど-爆-ちょっと動画なんてモノを
やってみたりして。


2009.09.09

電車と自転車のすてきな関係

wn90909.jpg

自転車は乗り物として、他の乗り物にも
簡単に搭載できることは意外なことに
自転車の利点としてアピールされていません。

そしてそのその事が端的に凝縮されているのが
ドイツ国鉄(DB)の車両サイン。
自転車は乳母車とかハンディキャップと
同じ扱いのスペースを利用可能になっています。
郊外型のSバーンやUバーンもほぼ同じ仕様。
(もちろん自転車が乗せられない車両もあります)
横並びな日本にとって,政権が変わった今
なにか最初の一歩が踏み出せないものかと考えます。
続きを読む

2009.09.08

ナショナルチャンピオンの威厳

wn90908.jpg

もうこのブログでは何度も書いておりますが
何度も書いて自分の過去をむしろ記憶して
おきたくって今回も書き綴ります。

昔は相当にヨーロッパロードレースに
入れ込んでいて何もかもがうらやましかった。
だから,当然ヨーロッパの紋章でもある
ヨーロッパ各国のチャンピオンデザインは
うらやましかった。
毎年6月くらいにおこなわれるのは
トッププロも出身国に戻って,おらが国の
No.1を決める大会に参加する。
そのプロセスにしびれて
ウール全盛時代のジャージを
買い漁っていました。続きを読む

2009.09.07

スター選手効果

wn90907.jpg

私がレースの現場で仕事をさせてもらっていた頃
いわゆるスター選手の関連商品というのは
常に脚光を浴びていました。
本人が使ったものはもちろんこと
それをいわゆる,レプリカものをして
発売すると瞬く間に売り切るという状況は
ある意味当たり前で、それがスポンサードの
大きな見返りだったと思います。
しかし、その効果は少しずつですが醒めているのを
展示会でも感じるのです。続きを読む

2009.09.06

ダウンロードの先にあるもの

wn90906.jpg

遠く離れた地域から声や画像や文字を伝えることは
PCというもので便利になったものの
便利そのものが逆に苦労を強いているのは
すでにみなさんの中でも経験済みのことかも。

飛行機なんかよりも圧倒的に速いスピードで
それらは伝えられます。だけど時には
回線は遅くなります。だから、一秒にイライラ
したり行き場の無い憤りを感じるのです。

だからこそ、送る側にも受ける側も
以前とは比較にならないような約束を
強いてることがたくさんあります。続きを読む

2009.09.05

会場を後にしながら

wn90905.jpg
朝から一日中、自転車漬けな毎日です。
何台くらいの自転車、何個くらいのパーツなんて
カウントできませんが、たくさん見ると
これが、面白いことになんだか共通点が
見つかるものなのです。

しかし・・・今回は少し考えさせられています。続きを読む

2009.09.03

ユーロバイクが始まりましたね。

wn90903.jpg

またいつもの世界最大の自転車展示会が
始まったようです。
関連商品はウエブサイトでもたくさん
紹介されているようで、これから数ヶ月間は
ワクワクが続きます。


2009.09.02

歩道で共存をするために

wn90902.jpg

歩行者と自転車が一緒に走るシーンは
日本では当たり前ですが
ヨーロッパではかなり珍しいと
言われています。

でも、「ヨーロッパ」を紹介する際に
大きな街とか、自転車政策が進んでいる
ところばっかりが紹介され、やっぱり
そうなんだなって思っていると
地方都市には当然ながら道の狭いところが
あり、そこでは一つの道を自転車と
歩行者がともに譲り合っています。続きを読む

2009.09.01

ギヤ交換の楽しみ

wn90901.jpg

ギヤ交換の楽しみと言って
ああそういうのありましたねと言われるか
え、今は無いんですか・・・という答えが
返ってくることが少なくなりました。

私がこれまでメンテナンスの仕事を
してきたのでメカニックだから
メンテナンスが好きなのは当然じゃない?
というのはちょっと違うのです。続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。