--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.08.31

自転車目線標識

wn90831.jpg

ちょっと前のブログでヨーロッパの
自転車文化のいいところは取り入れるべきだと
書きました。

いい部分の最も足るところはそこにレースがある
ことじゃなくって、レースが文化として認められているという
論点なのですが、それでも自転車が交通として
どう活かされているかには日本とは違った一面をもっていると
言い切れます。

もちろん日本のあの曖昧な交通区分にも日本なりの
やり方でやりくりしてきた以上、あまり生活の急激な変化は
期待より不安が大きいと思います。
でも、ちょうど政治も変革の時期に差し掛かってきたことですし
独特な日本の文化で自転車の環境が変わっていくことが
望まれます。続きを読む
スポンサーサイト

2009.08.30

自転車パーツを使い続けるということ

wn90830.jpg

昨日に少し関連のあるお話の続き。

古いものをより長く乗り続けようとすると
パーツの構成上不可欠な消耗品が
無くなっていまうことが最初で一番多い
パーツ寿命なのかもしれません。

私も自転車屋さんのころたった一つの
消耗品がないためにパーツ自体を使うのを
あきらめたことは結構あります。そんな教訓から
どうしても貴重品パーツというより大事に保管しています。続きを読む

2009.08.29

古きをもてあそぶ

80年代後半~90年代の自転車ってちょっと勢いで
買ったものの,一通り遊んだら少しお休みしています・・・
というオーナーの気まぐれによって、むしろ
大事に保管されている場合は少なくありません。
(もちろん自分にもそんな自転車がありますが-笑)

それがこの「チェンジ」な時代に
やっぱり、また自転車にも乗ってみるか、なんて
思うっている人も多いようでそんな方々も
近くの自転車屋さんのお世話になっているみたいですね。続きを読む

2009.08.28

都会駐輪が進むべき道

wn90828.jpg

自転車にとって都会駐輪はかなり悩みのタネです。
これだけ自転車に乗る人が増えると,普通は自宅以外に
もう一つ駐輪するところが出来ます。
もちろん,機動力を活かしたくってどこへでも移動すると
駐輪場はもっと増えてしまいます。

でも、これまで駐輪そのものは黙認という
「臭いものにフタ」だったので
いっこうに都会の見苦しい景色が変わりません。
続きを読む

2009.08.27

2010年始まりました。

wn90827.jpg

もう既に始まっているのは自転車の2010年。
今年は少し前にも書いたように全体に
少し早めの発表は続いています。

数十年、仕事としてこんな光景に
関わっているとマヒをしてしまいますが
それでもワクワクする瞬間です。
続きを読む

2009.08.26

パンクは予防が全て

wn90826.jpg

ところで、みなさんはパンクって結構経験ありますか?
仕事柄一年に一回はパンク関連のメンテナンスを
しています。
自転車を初めてばかりでイベントに出るという方も
パンクだけは最初の恐怖体験のようで
パンクをする前からパンクには戦々恐々ですよね。

今回はファンライドさんで連載をさせてもらっている
リアルメンテでその原因と傾向を少しだけ
紹介しました。
続きを読む

2009.08.25

ヨーロッパの街角で学ぶ事

wn90823.jpg

ヨーロッパって自転車乗りから見ると自転車の全てが
理想郷のように思っている人や感じている人の
あまりに多い事には正直びっくりします。

でも、それは少ししょうがないと思います。
ヨーロッパの自転車文化を紹介する時に
ヨーロッパ好きの人がまさにヨーロッパの
日の当たる部分だけを紹介するから。
レースや整備された駅前の駐輪場やレンタサイクルの
システムを繰り返し紹介されるともうパリや
ロンドン,ミラノに実際にいる気分です。

でも、現実は少し違います。
私も以前は理想郷を描いていた人間でした。
でも,仕事で年間に何度も訪れて様々な都市の
自転車のある生活を見てしまうと
やっぱり彼らは彼らの考え方で生活しているだけだと
目で耳でそして肌で感じるのです。続きを読む

2009.08.24

1940年代に生まれた近未来ペダル

今月も一斉に自転車専門誌が販売スタート。
ツール・ド・フランスでの日本人活躍があり
すごく盛り上がっていますね~
さて、いつものバイシクルクラブさんで執筆中の
コラム/ヴィンテージパーツです。
今回はかなり古めのペダルをご紹介。続きを読む

2009.08.23

自転車重点都市の公募基準

またまた自転車にとって参考になるニュースネタです。
(出典:47NEWS)
自転車重点都市を公募で決めるというのですが
少しやる気だけに軸足がありすぎる怖さも感じました。

というのも、自転車の移動速度と道路整備はすごく
密接な関係があるから。
いくら自治体が燃えていてもそれに適さない街はあります。
また自治体が乗り気ではなくても環境がすごく適している場所も
あります。続きを読む

2009.08.21

真直ぐなチェーンライン

wn90821.jpg

以前から提唱している「シンプルバイク」の一つの
完成型はチェーンが真直ぐになっていること。
つまりシングルだけではなく,内装ギアも私の
好きなカタチの一つです。

でも、これが既製品に取り付けようとすると大変です。
みなさんはチェーンラインというのをご存知ですか?
簡単に言ってしまうと
チェーンが前後のギアの取り付け位置に対して
どれだけ真直ぐになっているかという基準線のこと。

チェーンが真直ぐに取り付けられていると
急なペダルの踏み込みとか、路面が荒れている時に
チェーンが上下に波打つ時にも外れにくくなります。続きを読む

2009.08.19

シフトする

wn908191.jpg

今後、ブレーキはともかく変速関係が
どんどん電気制御になっていく中で
忘れて欲しくないな~と思うのは
その指に伝わるフィーリング。

思えば
ワイヤーの質はインナー,アウターともに
信じられない程よくなったし
今でも技術解説に残っている
「ワイヤーがのびる」という言葉も
今となっては少し語彙が変わっています。

だからこそ,ワイヤーの良さは昔の
自転車とは意味合いが違うのですけど
それでも指先フィーリングは変速機が
もたらす人間への大事な操作だと思います。続きを読む

2009.08.18

多すぎる選択肢

wn90818.jpg

最近、またリバイバル的にオーダーという言葉が
復権してきたような気がします。
それはこれだけスポーツ自転車の世界が一般的に
広がって、少しだけ自分だけの一台のニーズが
高まってきたのかなと推測しています。

というより,自転車って簡単に人と
少しだけ違う一台が作れるんだという事に
購入者側が気づいたのかもしれません。続きを読む

2009.08.17

お盆明け

wn90817.jpg

みなさんのお盆はいかがでしたか?
ここぞとばかり,遠方に行かれた方や
ここぞとばかり,仕事に集中できた方も
いらっしゃったと思います。

でも、多くの方は少し残暑な感じの天気の中
近くまで走りにいかれた方も多かったかな。
日本の自転車道路行政はインフラ整備という
視点ではヨーロッパより遅れていると感じますが
それより,自転車が爆発的にこれから増える事も
同じ位に深刻な問題です。続きを読む

2009.08.15

環境の振れ幅

最近,エコとか環境に関するニュースは
毎日膨大な量が配信されています。
今回はこんなニュースと自転車の関係を少しだけ。
(出典:エキサイト)

エコカー効果であと40年もすれば膨大な温室ガスが
減らせるというもの。
関係者のそれもおそらく末端の現場の方々の
努力は私の想像を遥かに超えるものだろうと思いますが
結局、それはエコカーというか車そのものを今と
同じように持ち続ければという論理に他なりません。
なんだか,今50歳の人が90歳になった時に
喜べる事実って何だろうなって感じました。
続きを読む

2009.08.14

日本的自転車専用道路の現状

wn90814.jpg

都内には歩道橋の側に自転車通行レーンでもある
短い自転車専用道路があります。
見ての通り,自転車だけが通れるように
なっているし,こんなにアピールしている
はずなのですが・・・続きを読む

2009.08.13

通勤自転車女子目線

面白い記事を見させてもらいました。
(出典:エキサイトニュース) 
ご参考までに。

自転車通勤がもっと認知されるヒントが
すごくたくさん隠されています。
男子的には気にならない部分もあるので
よけに興味あります。
といっても,すぐ直せるものもあり
すごくタメになります。

2009.08.12

クロスバイクの語彙pt2

先月にクロスバイクの話をここでしましたので
その続きおば。
クロスバイクという言い方をする時によく使うのが
ロードとマウンテンの間という表現方法。
だから,街乗りに都合がいいという
表現がよく使われて,実際に自分でも苦し紛れに
以前は使っていた事もあります。
でも,本当はおかしいのです。
だってロードとマウンテンには圧倒的な
他の自転車との違いがあるではないですか。続きを読む

2009.08.11

ドイツから吹く風

wn90811.jpg

今年も月末位からドイツの自転車展示会に
行ってこうようかな計画中です。
今年は例年に比べてすごく発表スケジュールが
狂っており既にお店向けに2010年の展示会が
先月から今月に向けてたくさんあります。

だから、無理してドイツまで自腹で行く必要は
無いのかもしれませんが,私はある仮定を
確かめにいくのです。
続きを読む

2009.08.10

街に見る自転車ブランド力

wn90810.jpg

都内ではあれだけいた「公道ピスト病」も少し
沈静化の様子。
ブレーキをまともにつけずヨロヨロと走る
勘違いな人々はかなり減ってきたなと
感じます。

ま、流行っていないと思ってもらえる事は
ハヤリ・スタリで自転車に接してこなかったので
頼むから、安全な別の趣味を見つけてくれと
思ってしまいます。続きを読む

2009.08.09

仕事として進む道

wn90809.jpg

自転車の仕事に関わり始めて約30年。
好奇心のおもむくままに自転車に関する仕事を
してきましたが、本当に人間関係には
恵まれてきました。
それは趣味の延長という部分だけにとどまる
幸せから一歩進んだからなのかなと
回顧しています。続きを読む

2009.08.08

雨の実験室

wn90808.jpg

いきなりの通り雨でした。
普通ならば雨だからさっさと傘をもって
帰宅というところですが
雨という実験室はメカニックにとって
色んな事を学ばせてくれる体験です。
以前ならば,悪天候を恨んでいたかもしれませんが
今はむしろそういう貴重な時は
雨仕様のウエアーやバックなどで
しっかり準備しておけばいろんなことが
分かるのです。続きを読む

2009.08.07

日々自転車勉強

wn90807.jpg

自転車の仕事をしていると、ついつい自転車だけの
ことを調べがちですが,最近は自転車が
昔では考えられないほどの注目を集めているからこそ
色んな目線で自転車を見つめないといけないなと
ひしひしと感じています。

それは
「なぜ自転車を乗るのですか?」
というシンプルな質問に対する周囲で
乗られる方の答えが多様化していることに
現れていると思います。続きを読む

2009.08.06

ヨーロッパ風レンタルバイクスタート

ウエブサイトを見ていたらこんなニュースがありました。
ヨーロッパに見習えとばかりに始まるようで。
いざ始まるとマスコミにもっと取り上げられたり
ニュースのトビラを飾ることもあるかと。
続きを読む

2009.08.05

サポートする事、される事

wn90805.jpg

最近10年以上前からサポートしてきたライダーの一人
(この時点で誰かがばれそうですが~笑)
と偶然仕事場で再会して少しだけ車の移動中に
話が出来ました。
彼は今も現役で走っていはいるものの、自転車に関わる
仕事もしており、毎日がレースの仕事だけではないよう。
そんな彼から面白い言葉が聞けました。
(写真は関係ないけど、関連はしてますか-爆)
続きを読む

2009.08.04

自転車的ギミック

wn90804.jpg

最近、走るため以外のギミックの部分って減りました。

ブログで掲げている「シンプルバイク」の対極じゃないか
って言われそうですけど-笑-でも、ギミックにも
主義主張がそこにあれば、魂がそのなかにあれば
それはそれで認めたいなと思っております。

たとえば写真のようなリトラクタブルライト。続きを読む

2009.08.03

ボトルという存在

wn90803.jpg

最近、スタンダードなボトルに水を
入れなくなりました。いざ走るなら
バックにハイドレーションを忍ばせますし
あの独特なにおいがつかない商品が
たくさんリリースされました。

でも、ボトルはむかしから色んな意味で
便利なモノの一つです。続きを読む

2009.08.02

自然とMTBイベント

wn90802.jpg

ここ一年、かなり忙しい日々をおくっていたので
ある意味、自転車から距離をおいている生活でした。

今回、たまたま予定の変更があり
そんな中で誘われていたイベントに
出場させていただきました。
体力なんて既に無いに等しいけど
イベントは参加者が大地の中に設けられた
コースを一緒に走る事で
「時間を共有しましょう」というルールですし
恥ずかしながらちょっとだけ時間を楽しみました。続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。