--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.07.31

クロスバイクの語彙

今日も次の自転車のカタチを議論する仕事でした。
そんな時に、やっぱり自転車のカテゴリーって何なのだろう
が共通の話題になったりします。

RB(ロードバイク)の定義
ドロップハンドル
(だからフラットバーロードという)
30C以下のタイヤ幅
サイドプルブレーキ
(ディスクとVブレーキなどはシクロクロス)

MTBの定義
フラットバーハンドル
(ドロップはやっぱりあの方のスタイル-笑)
1.5インチ以上幅のタイヤ
サイドプル以外のブレーキ
*ま、MTBにはRB以上に例外は多いですね。

では「クロスバイク」は?続きを読む
スポンサーサイト

2009.07.30

シンプルバイクという定義

シンプルバイクと書いたところいろんな方から
こっそりメールいただきました。
ありがとうございます。

シングルよりシンプル。
決してシングルバイクを揶揄しようというわけでは
ないのですがシングルバイクこそがシンプルなわけではないはず。
シンプルとは機能的に無駄のない自転車を意味します。
つまり、機能全てがその目的のためにあるので外目的には
無駄な部分と言われるかもしれませんが
やっぱりシンプルな機能をもちそれ以外が
削ぎ落とされているのです。続きを読む

2009.07.29

プロテクト

wn90729.jpg

私にとってサングラスはヘルメットやグローブと同じ位
乗る時に無いと不安なモノのひとつ。
それは体を守ってくれるから。

だから移動の際にはかならず専用の袋などで
プロテクトしてあげます。
だって身を守ってくれるものをぞんざいにすることは
結局、怪我にたいしてもぞんざいになってしまうのです。続きを読む

2009.07.28

エレガントと自転車

wn90728.jpg

自転車のデザインを語る意味で忘れてはいけないのは
やっぱり、ワイヤー処理だなーと先日に引き続き
またしても確信を深めています。

ワイヤー内蔵が高級品の分岐点だとはヨーロッパの
自転車事情から漏れ聞こえてくる言葉ですが
私もワイヤー内蔵なんて「引き」の抵抗が大きくなるだけ
じゃないかと少し,低く見ていたのですが
最近はそんな考えがやっぱり間違えだったと思っております。続きを読む

2009.07.27

携帯ツールの世界

wn90727.jpg

ファンライドさんも無事に今月号
が店頭に。
担当させてもらっている「リアルメンテ」は
日頃、編集長が通勤の中で不安に
思っていることを私が起こっている事柄の
原因から解決にいたるまでを少しだけ
分かりやすく解説していくというものです。
今回のお題はハンディツール。続きを読む

2009.07.26

ちょっと銭湯まで~

wn90726.jpg

久しぶりの自転車看板シアター。
今回は都内でもかなり珍しくなっている
銭湯の駐輪場から。
カーブミラーに取り付けられた看板には標準的な
スポーツ自転車サインを車輪だけを小径化している感じかな。
意外にまとまりがありますね。

それにしても駐輪場があるなんて大きな銭湯ですこと。

職場の近くだから今度利用してみますか。続きを読む

2009.07.25

シャンゼリゼまであと少し

ツールドフランスも後少しです。
それにしてもすごい事になっています。
19ステージは別府選手が7位になったようで。
もうチームメンバーに入るのが難しいな・・・って
思っていた時に比べて、確実に驚いています。

ここまでくれば最後の難関があるにせよ
先月に訪れたシャンゼリゼを走って欲しい。
そう思います。
もちろん,新城選手も着実に自分の仕事を
こなしているようですし。
それにしてもCATVで見ていらっしゃる方
眠れないのはあと少しですよ-爆

やっぱり日本人がでると順位も最後まで毎日
見てしまいますね・・・

2009.07.25

カッコ基準

wn90725.jpg

皆さんのカッコいいブランドの基準て何ですか?
見た目,デザイン、ヒストリー、それとも名前・・・?
私はどれかではなくって全てが含まれているものだと
思っています。

で、もっと細かく言うと少し遠くにある存在のもの。
届きそうで届かないものという感じでしょうか。
例えば、トロイリーデザインズ

私はサポートしてもらえるほどのポジションでも
運もなかったのですが、やっぱり今でも
もっとレースの世界でがんばれば良かったなと
思うブランドの一つ。
北米のメカニック時代は日本人の知り合いの方に
連れられてよく伺っていました。
トロイの中でがんばっている日本人もいて
当時は、本当に心の中でも応援していました。続きを読む

2009.07.24

BMXで世界チャンピオンに!!

今日は珍しい一日二通目の書き込みです。
現在、オーストラリア・アデレードでおこなわれている
BMX世界選手権で日本人が世界チャンピオンになったそうです。

世界で一番は、実際になった本人、見た関係者しか分からない
感動があると思います。
(私の場合は日本人ではないけど関係者の一人として鳥肌たちました。)続きを読む

2009.07.24

頑固なまでにすごいディレーラー

今回も自転車専門誌は皆さん発売中です。
バイシクルクラブのビンテージパーツは今回で67回目。
今回はランドナー派にはおなじみの
ユーレー・「スーパーアルビー」にしました。
(TOOLBOXにアップ中↑クリックしてみてください。)

今のパーツがパソコンを駆使してあらゆる角度から
解析されたデザインと強度と機能を満たしているのに対して
なんと愛らしいカタチをしているとおもいませんか。
続きを読む

2009.07.23

サポートという人間関係

wn90723.jpg

いきなりですが正直に告白します。
だって悪い事ではないし、そもそも
ありがたい話でもあります。

いわゆる
私自身は完全なフリーランスではありません。
お世話になっているブランドからお金をいただき
その対価として様々な経済活動をおこなっています。
その結果として、本当に長い間サポートを
してもらっている企業,ブランドばかり。
それも、本当に広い心で私の自転車における活動を
見守ってくださる方に支えられています。続きを読む

2009.07.22

自転車という仕事

wn90722.jpg

よく好きな事が仕事になっていいですねって
言われ続けてきました。
私がそもそもこの世界に引き込まれたのは
当時から今もつづいている親友がスポーツ自転車を
乗り始めて、誘われた事に始まっています。
(ちなみに彼は既に自転車には興味がないようですが)

いわゆる、
自分から好きになったというよりも自転車と
縁が長くあったのだと感じるだけです。
だから,私が自転車の仕事をしているのは好きだという
以上に自転車に興味があるからに他ならないです。
だから,本音を話せる方には
「好きより興味があるってことだと思います。」
と答えています。
少し距離のある方だと間違った意図に取られますし。
好きである事で止まっていないから仕事なのです。
でも、最近の自転車を取り巻く環境の変化は
私の中では少し違和感を感じる事も少なくないのです。続きを読む

2009.07.21

自転車界に流れる新しい風

今年はいわゆる2010年モデルの発表がすごく早い感触。
いや、早すぎると言っても差し支えないかも。

自転車が売れていてもう、商品がないので早いのか
逆に自転車が売れていなくって、目先を変えて
早く売る必要があるのか、それが少し見えていません。
売るという事はあくまでも仕事としての捉え方なので

買う側からすれば
早く新しいのが手に入るかも。
2009年モデルは安く手に入れるチャンスが広がる
と解釈も出来ます。続きを読む

2009.07.20

週末最終日はどこへ行きますか?

wn90720.jpg

連休は比較的に天気も安定している都内ですが
皆さんは上手く遊べてますか?

近くでの自転車イベントをちょっとご紹介。
今日までのイベントは自転車とデザインに関する
試みが青山の国連大学でおこなわれています。
その名も「Biketope
国連大学ってなんだか単位を取るのが難しそうだけど
生徒も学位もないユニークな試みの大学だそうで。
それだけでも個人的に興味ありです。
ちなみに本日最終日だそうなので、渋谷までいかれるって方は
足を伸ばしてみてもいいかなとおもいます。
私は初日に伺いましたが、少し趣旨が伝わっていないな・・・って
感じました。
もっと自転車に従事している方々にアピールしてもらえればと
感じました。
続きを読む

2009.07.19

現場では何が起こったのか・・・

連日熱闘なツールですが、あまりレース系メジャーニュースが
取り上げていないこの事件は何があったのでしょうか。

これがもし何かの意図があって起きている事実ならば
私の知る限り数十年の間には起こっていない「事件」であり
ドーピング問題以上に大きな問題を抱えたスポーツに
なります。

自転車ならではの「接近応援」が可能なのは、今でも
語りぐさになっている1990年の宇都宮での
ロード世界選手権で私も沿道で体験しました。
それを逆手に取った事件ならば、サッカー以上に
観戦者が閉め出される結果にもつながりかねません。続きを読む

2009.07.18

人のサビ見て反省中

wn90718.jpg

先日,お世話になっている某誌編集長との話の中で
かなり前に乗っておられた自転車のホィールが
サビだらけなのを笑ってしまったのですが,よく考えると
自分の古いホィールもかなりサビだらけなのを最近の写真で
見つけてしまい人の事なんて言えないな・・・って
自己反省中です。

それもカンパの結構古いストレート・クイックレリースの
これまた私のお気に入りのラージフランジとあって
今年中にはもう一回レストアするぞ。と、自転車人としては
かなり反省モードになりつつ、そのメンテナンスも
楽しみできそうだなと密かに計画中。
(ブログでばらしたら密かにではないか)

2009.07.17

連休バイシクルライフ

wn90717.jpg

梅雨というのは結構、晴れていてもいきなり
曇りだして豪雨・・・なんてパターンも定番ですよね。
でも、今年は雨も少なめ感じでザーッと降って
あがる夕立がないですよね。

この時期自転車に乗ると少し汗のかき方も違います。
でも,なんだか汗が止まらない暑い日々が続いており
サングラス必携な日々です。

私は仕事ですが、皆さんの連休のバイシクルライフの
計画はいかがですか?
連休なので遠出もあるでしょうけどうきうきな時こそ
少しゆっくりペースで走ってみませんか?


2009.07.16

ライトのような存在感

wn90716.jpg

思い返せばこの照明の下で何度となく
撮影をしていただきました。

自分が光を放つだけで決して当たる事の
少ない道具。カメラマンとか編集の方でない限り
普段あまり意識もしない道具です。
でも今日は少し時間も空いた時にふっと
頭の上を無意識に眺めてその大きさに
少しだけびっくりしました。

メカニックもこういう存在でありたいなと。続きを読む

2009.07.15

仕事がっちりデー

久しぶりの撮影が終了して帰宅すると結構な
時間になりました。
これだけは数時間の真剣勝負なので私にとって
撮影がどんな題材であれ、実はものすごいハードな
仕事です。

レースメカニックも確かにライダーの勝敗の
カギの一つを握っているので時には
ドキドキワクワクな体験をしますが撮影は
自分の作業のようでつねに違う角度で見られる
仕事です。

これに快感を覚える人もいるようですが
私はいつも苦手意識があります。続きを読む

2009.07.14

一つの峠

wn90714.jpg

ツールでがんばる日本人も一つ目の峠は無事に
超えたようですね。
決して過去のライダーと比べるのは愚問と思っても
今回は少し力も入ります。だって、ちょっと前までは
そんな場所にジャンプアップするとは思っていまでした。

とはいえ、見守る会としてはトップグループの走りと
別にグルペットも少し注目したいです。
このステージまででも十分新しいドアは開かれているのですから
このまま一気にシャンゼリゼまで行ってください。(行って欲しい)

2009.07.13

反対側の視点

wn90713.jpg

最近の自転車ブームというべき現象の中で
やっぱりというか、必然的に自転車の光と影が以前より
強くなっているような気がします。

光の部分-
色んな事で自転車の良さが見直された事。
おそらく移動手段の中でかなり便利なくせに少し
めんどくさい、きつい、かっこわるいなんて言葉も
ついていたのに,逆になってきたこと。
おそらく自転車が1800年代初頭に作られてから
環境に、体に、そして、人間の気持ちのなかでいい事が
相乗効果として含まれていたはずなのに今頃
やっぱり自転車はいいですね。と言われてしまう事。

続きを読む

2009.07.12

直感的使いやすさ

wn90712.jpg

カメラってすごくココに来て機能を盛り込まれる事が
多くなってきました。
それはおそらく買う側のリクエストが単に多く、複雑に
なってきたのでしょうか。
本当ならばシャッターおす、写真を見る(プリントをする)だけ
からいろいろととりたいシーンを想定してすごく進化中です。続きを読む

2009.07.11

雨のにおい

wn90711.jpg

南の方では「梅雨明け」が始まっているようですが
まだまだ本州ではもう少し先なのでしょうかね。
それにしてもあまりザーッと降るというのが少ない気がします。
そんなに劇的な天気の移ろいがいいわけではありませんが
あのさっとあがったにわか雨の後はさわやかさは
気持ちのいいものです。
自転車で走っている時ならば残りの距離に比例なんてしますけどね。

でも,最近は雨のにおい?とでも呼べるのでしょうか。
あの独特のにおいまでも少なくなっているような
そんな気がします。
空の雲行きが少し怪しくなって、急にザーッと来るアレです。
自転車に乗っていてもすぐに分かるのですが、最近は
乗っている時間が久しぶりに少ないのでそう感じるのでしょうか。

2009.07.10

クロモリフレームのおいしさ

wn90710.jpg

クロモリフレームの最大のうれしいところは
あの独特な乗り味ですが
他にもアルミやカーボンをつかったフレームにはない
特典が一杯です。

例えばこのディスクブレーキ台座。
実はこんなにきれいにフレームに取り付けられて
いますが,元々は台座はありませんでした。続きを読む

2009.07.09

カバーという機能美

wn90709.jpg

自転車ってパーツがむき出しになっていて
いわゆるパーツの機能美というか、すごくカタチが
見える良さがこれまでいいとされてきました。
自転車を組むメカニックにとってシンプルに機材としか
見えない部分も少なくないのですが、じっくりみると
確かに美しいというか機能を満たすための造形が
好きだったりします。
だからこそカバーという習慣というか慣例がなかった
ような気がします。
続きを読む

2009.07.08

日本人の活躍を見守る会

連日、ニュースを見なくても仕事中も趣味のブログ閲覧中も
なんとなくツールでがんばっている二人の様子
分かりますね。レース関係者は、5位とか8位のすごさよりも
「どういう仕事」をしているのか、それをやり遂げているのかが
気になっているはず。

でも、やっぱりトップのフィニッシュラインに
絡めるのはこれから地獄ののぼり地域になってくると
ちょっと見る事が難しそうなので、今はとにかく
見守るというより、その活躍をもっと見たい気持ちに
なってしまいますね。続きを読む

2009.07.07

相談事

一ヶ月の中で自転車の真のプロたちと話す機会、時間は
実はあまり多くありません。

だからこそ、相手の貴重な時間を使ってもらうために
私もその時、その方にしか聞けない話に集中します。
今回は本当に久しぶりにお会いする方ばかり。
大メーカーの社長から小さいけどピリッと辛い仕事を
信念をもってやられている方まで。

いつもの雑談から始まり、話し込むのはこれからのこと。
皆さん、本当に私なんかよりキャリアも経験もはるかに上の方。
その方たちがいろんな縁で同じ時間を共有できる。
ああ、幸せなひと時です。

私にできること。
それは期待に答えるだけではなく、真の自転車にとっての
ベターな環境をつくること。こつこつとやり通しますね。

2009.07.06

レンタルバイクの未来

wn90706.jpg
以前はたくさんあった駅前レンタルサイクル。
私の実家のある駅でも昔はでかでかと掲げられていた
「レンタルサイクル」の文字はむなしく
元あった場所は廃屋になっていました。

でも、レンタルサイクルはヨーロッパでもすごく実験的に
大きな町でも積極的な試みがなされている立派な
ビジネスモデルです。

では、日本の昔はすごく利益の上がっていたはずの
この自転車ビジネスがなぜ・・・続きを読む

2009.07.05

ブランドの表と裏

wn90705.jpg

イメージって実は面白いと最近気づかされたのが
このメーカー(笑)。
マニアな方はこれが単なる名前を書いているだけですし
ハートも名前としては当然。クローバーのあのブランドと
おっさん(すいません。恐れ多いのに)の顔は絶対に間違えないです。
でも、このハートがかわいいから購入しましたって言われると
おおすごい事だと感じるのです。
続きを読む

2009.07.04

ばらしてつるす

wn90704.jpg

ばらしてつるす・・・少し不気味な始まりですが
少しまじめで面白い内容です。

ココがおもしろ試みをされている事は横目で
しっかりチェックしていました。
仕掛人の方とは近くて遠い存在。

だからこそ昨日,職場に遊びにこられた
彼が「近くなのでぜひ」と言われればやはり
行きたいのが、悲しい職業病でもあります-爆続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。