--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.06.30

出場の次に待ち受けるもの

そろそろだよなって思っていた最後決定が
なされるはずののTDFへの出場枠。
昨晩メールをいただき別府君も決まったようで。

日本人の出場そのものは今中君の頃とは違った意味で
はまだ色眼鏡で見られるのだろうけど次は完走。
その次は一勝。

出る事が当たり前までは、新城君と二人でまずは
その目標を引っ張って欲しいと思います。
次に目標とする選手がたくさん出るまでは。続きを読む
スポンサーサイト

2009.06.29

朝の東京観光

wn90629.jpg

久しぶりに都内のホテルに宿泊しました。
考えてみると、自分が住んでいる場所では
ほとんどホテルに泊まる事はないので
いわゆる観光客目線ってのがありませんが
今回は一晩ですがそんな体験をしました。
そんな時にちょっと発見。

ロビー脇には近くの公園のジョギングマップなるものが
ありました。
続きを読む

2009.06.28

あの大濠公園

wn90628.jpg
もう10年以上前。
昔、福岡に住んでいて毎日が自転車生活だった頃。
お店を閉めての夜の楽しみと言えば
市内の中心部にあった「大濠公園」を
10周だけ走ってゆっくり仕事のストレスとか
色んなものを飛ばして帰宅することでした。

気持ち的にちょっとしんどい時期もあって
シャッターを閉めてウエアーに着替える時間が
とても楽しかったな~笑続きを読む

2009.06.27

ビンディングぺダルの是非

wn90627.jpg
80年代にあのビンディングぺダルが世の中で
認知されて以来,ビンディングぺダルをこよなく
愛してきた人間にとって今すごくその是非に揺れています。
性能というより、次のビンディングシューズって何なのかな?
って思い始めたからです。続きを読む

2009.06.26

外観か機能か?それが問題だ。

wn90626.jpg

私の海外遠征のお供でもある、電源の各国コネクターキット。
手前は日本でもどこもで入手可能なヤツ。
奥は海外携帯電話に付属してきたウルトラセット(笑)

確かに奥のキットはなんだか世界を旅する
余韻には浸れるかもしれませんが、やっぱり
コンパクトと使い勝手は日本のアイディアの方が
抜群です。続きを読む

2009.06.25

明日に向かって疲れをとれ

wn90625.jpg

なぜ講座が終わると自分が全て受けたわけではないのに
すごい疲れが襲ってきます。

心地よいというより、滞りなく済むまでの
緊張の糸がぷっつりと切れるからもしれません。
明日の事は明日考えようとおもう位の
疲れかな-笑続きを読む

2009.06.24

理想の受けたい講座

wn90624.jpg

メカニック講座の続きです。
ココまで講師の皆さんと一緒にやるにあたっての
一番大きな条件は「自分たちが受けたい講座」を
やりたいですね・・・
と言い続けてきた事です。

ま、やりたいという願望とそれが実現しているかは
別ですが、本当に理想の受けたい講座に近づいていると
思います。
続きを読む

2009.06.23

誰のための勉強なのか

wn90623.jpg
まもなく始まります。
いつも思うのは、いったい誰のための勉強なのか。
メカニックの皆さんの地位向上だけど
本音で言えば私の若い頃にもこんなのが
欲しかった。
色んな人と知り合うチャンスですしね。

続きを読む

2009.06.22

メカニック講座今年も始まります。

wn90622.jpg
今年も恒例のメカニック講座が都内で始まります。
思えば、4年前に始まったこの講座。
なんだか時間の早さだけが駆け抜けていきます。

少しづつですが前進を続けている感じ。
講師陣にも恵まれて色んな意味で
実りのあるポジションまで近づきつつあります。
今日は準備の日。実はこの日が結構大事な日
だったりします。
何でも仕込みは大事ですからね-笑


2009.06.22

時代を駆け抜けたもう一つのヒーロー

今月も各自転車専門誌が一斉に発売です。
バイシクルクラブの巻末「ヴィンテージパーツ」を
いつものように担当させてもらっています。

もうかなりパーツのストックがと周りの方が
すごく心配していただくことが当たり前になってきました。
そりゃそうです。もう66回目ですもの-笑

でも67個目もめでたく編集部にとどいている頃かと。
あ、そうでした今月のパーツ紹介でした。続きを読む

2009.06.21

真の機動力

wn90621.jpg

先日のブログで驚きのポスターをご紹介しました。
仲間と帰り道が一緒になって小径車をうまく
使っている彼は数十秒で袋詰めをして
見た目大きな袋を抱える一般人化している姿を
みて、これには日本の自転車での移動ビークルの
正しい未来が広がっていると感じます。
改めてですが。
続きを読む

2009.06.20

記憶に残したい資料

wn90620.jpg
大量の雑誌や本をデーター化しているに
あたってやっぱり取捨選択が沢山あります。
その中でもやっぱりもう少し残しておきたい基準は
どの辺なんだろうかなと、少し考えています。

それはやっぱり苦労した順番。
それも自分が仕事としてステップアップの
基準になった出版物といえます。続きを読む

2009.06.19

メカニックな回線生活

wn90619.jpg

海外のレースと言えば思いつくのは通信環境の
劣悪さ。今ならば携帯電話が意外にもどこでも
つながるので、充電チェックだけで済みますが
10年前ならば話は別です。
結構勉強させられました・・・笑続きを読む

2009.06.18

きっかけは小さなコトから

私はカメラというか、写真を撮る事に対して
すごく無頓着でした。
「でした」というのは、今はデジタルカメラの
お陰でカメラを常に携帯するようになったし
すごくカメラと写真の勉強をしたいとまで思える
ようになってきました。

デジタルカメラは少しお好きな方なら
ご存知のように、ココ数年ですざましいほどの
進化をとげた商品の一つです。
でも、商品性能というより今までのカメラに無かった
コトがたくさん重なって使う側の気軽さと楽しみが
上手くマッチした結果だと思っています。続きを読む

2009.06.17

中身のすごさ

久しぶりに自転車業界以外の新製品発表会に
伺ってきました。
最近は消費の冷え込みでなかなかプラス発想が
少ないなって感じますが、それでも新しいものの
ワクワクは忘れたくないな~続きを読む

2009.06.15

自然から学ぶこと

wn90615.jpg
爽快にはれた青空の下で
いくつもの小中学生が先生と一緒に
授業をしていました。

それは眼下に広がる広大な敷地のなかで
実際の景色に溶け込んだ、石像を模写すること。
どの生徒も特に飽きることなく結構、真剣に
対象物を眺めながらキャンバスに書き写しています。

今回の訪欧でのひとこま。
ちょっとうらやましいですね。続きを読む

2009.06.14

させない工夫

wn90614.jpg

飲酒運転というのは車の世界でも
ようやく徹底されてきた感じですが
自転車ではまだまだ「いいんじゃないかな」って
思われている脇の甘さが気になっています。
自分がしないというよりこのポスターのように
させない方が何倍も難しい事は
最近、すごく感じるのです。
続きを読む

2009.06.13

ブレーキレバールネッサンス

先日も最近の自転車ブームの中でハンドルの
形式様式が変わり始めていることはブログでも
述べましたが、ブレーキレバーもハンドルと同じように
変化が来ないでしょうか。

昔はドロップレバー、フラットレバー、オポジットレバー,ギドネットレバー
なんてのがすらすら出てきます。
ハンドルのルネッサンスに続き、ブレーキレバーの形状も
もっとバラエティーに富んでくれるとうれしいですね。
続きを読む

2009.06.12

見えない工作

wn90612.jpg

久しぶりになじみの自転車屋さんにうかがったところ
懐かしい自転車に遭遇。
ショップにいた20代の自転車好きに聞けば
「Wレバーが流行っています」だそうだ。
ブレーキレバーと一体化したシフトレバーが当たり前に
なった時代になぜ、流行るのか。

続きを読む

2009.06.11

びっくりポスター

wn90611.jpg
こういうポスターが貼られるということは
やっている人がいるということ。
事の是非よりもう他人の事は関係ないという
ことが非常に残念です。
もちろん,ヨーロッパのように自転車を
分解せずに電車に乗せられればどんなにいい事かと
思いますけど、これでは単なる夢物語で終わるかと。
続きを読む

2009.06.10

日本的看板風景

wn90610.jpg

日本の看板ってやっぱり読まないといけないものが
多い気がしませんか。
確かに日本の言葉には文字でその全てを表す
ことが多いのですがやっぱり脳が一瞬で理解するかと
いうと怪しい部分があります。

このブログを始めていろんなところで看板をとりまくって
感じる事は「記号のすばらしさに文字は勝てない」です。
今回もこんな場所での看板で感じるのです。続きを読む

2009.06.09

拭くメンテナンスの重要度

wn90609.jpg

オッと、ファンライドさんでやらせてもらっている
「リアルメンテ」をすっかり忘れていました。

今回は水を使わない洗車。ま本当は大掛かりな
ヤツではなくって週末なんかの時間のある時にやれる
メンテナンスをきちんとおこなった方が
はるかに自転車のコンディションはいい感じに
保てるはずです。続きを読む

2009.06.08

いにしえのロードレーサー

ちょっと日の長いヨーロッパに来ています。
こっちではほとんどが仕事ですがたまには街の
散策がすごく楽しみです。
それは80年代以前の自転車に街中で普通に出会えること。続きを読む

2009.06.07

看板効果

これまで、いろんな国の
自転車に関する街におけるサインをたくさん
見て来て感じたことがあります。
まず、自転車は100年以上形が変わらなかった
事はすごいこと。
でも、ことこの数十年で変わったことを
まだ表現できていないなと感じます。

たとえば自転車より歴史の浅いオートバイ。
そこにはこの看板に見られるように
少しジェラシーを感じてしますのです。続きを読む

2009.06.06

マナー効果

マナ-という言葉はすごく曖昧な言葉です。
マナーを守ってくださいとはいわゆる
公共の場でみんながストレスなく生活するために
必要なことによく使われます。

マナーが悪いとは日本人が今まで恥じてきたこと
なずなのですが、それが崩れつつあると、少し気に
なっているし、マスコミもそれとなく取り上げています。
しかし、マナーが守れないのはおそらく人が同じことを
やっていると問題ないよなって自分に言い聞かせる
ずるい部分が人をそうさせるのでしょう。続きを読む

2009.06.04

今年も始まります。

wn90604.jpg

今年もメカニック講座が始まります。
私も委員の一人なので打ち合わせに参加しています。
今後の面白い試みも発表され、もうわくわくすることも
ありそうです。
さてこの講座は自転車屋さんが学ぶという
真面目な3日間の講座です

2009.06.03

備えよ常に

wn90603.jpg

トレール用のバックを整理していたら出てきました。
まだ一回も使ったことないものです。
何か分かります?
実はこの角度では分かりにくいかな?
蜂などに刺された時に毒を真空の力を利用して
外に出す注射器,いわゆるポイズンリムーバーです。
続きを読む

2009.06.02

イメージ工具ラインナップ

wn90602.jpg

最近、メカニック仕事がまた増えてきました。
もちろんレース現場で働くということではないのですが
私のルーツはおそらく自転車に接すること=メカニックなのです。
中学時代の親友は、メカ音痴のお前が・・・と今でも
言われていますがやっぱり、好きこそものの上手なれなのかな
と思う時があります。
しかし、最近ちょっと気になっていることが。
続きを読む

2009.06.01

流ると廃る

wn90601.jpg

先日ちょっと面白いセミナーを拝見しました。
それはこんな時代に誰もが知りたがる「トレンド」と
いうキーワードを題材にしたもの。
講師曰く、トレンドというものはこういう流れで
つくられており、「次はこうなりますよ」というものでした。
確かに、少し長めに自転車仕事を続けているとこれまでを
振り返って納得できる部分とやっぱり、どうしても
納得できない部分があります。続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。