--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.03.31

見方-見せ方

wn90331.jpg

スポーツ観戦に関してこんなニュース(アサヒコム出典)が
載っていました。
単純に男女を分けるわけにはいきませんが
すごく違いがわかっるな~って感じました。どっちも
レース,競技というものを端的にとらえていると
感じます。続きを読む
スポンサーサイト

2009.03.30

ショップにとっての入り口

wn90330.jpg

最近、自転車屋さんの店頭が変わってきたなと感じています。
それは店がきれいになり始めている事と
接客に注意を払うようになってきた事です。

店がきれいになる・・・
じゃ以前は汚かったのかという議論になりそうですが
ちょっと違うんです。
続きを読む

2009.03.29

シンプルバイシクルライフのススメ

wn90329.jpg
海外の名も無いホテルに宿泊した時に
日本の至れり尽くせりの設備に比べてその粗末な
設備に驚く事があります。

何も無さに、贅沢の一つも言いたくなりますが
結局,長く旅していると屋根があって,それなりに
温度的に快適ならば別にいいじゃないかという
気持ちに落ち着いてきます。

続きを読む

2009.03.28

駅前レンタルバイク

wn90328.jpg

自転車って基本的にはA地点からB地点に動くための道具です。
でも、AからBがすごく離れていた場合、それは自転車意外の
移動手段を使う事になります。
ちょっと回りくどい言い方ですが,駅側にある
レンタサイクルってイイとこ取りでもあります。続きを読む

2009.03.27

言葉力

wn90327.jpg

言葉って日本(日本語)の場合、すごく意味を持ちますよね。
アルファベットの26文字のひとつづつにもおそらく
あるとは思いますが、日本語は50のひらがなと
50のカタカナとほぼ無限の漢字があります。
そんな中で久しぶりに、ちょっと古い表現を発見。続きを読む

2009.03.26

日本人の最適ホィールサイズとは

wn90326.jpg

自転車のサイズってやっぱり体のサイズに比例しています。
でも自転車って実はサイズを調整は出来るのですが
体のサイズにあったサイズバリエーションは
フレームだけにとどまっています。
ホィールのサイズバリエーションは残念ながら
多くはありません。
続きを読む

2009.03.25

もっと知るとわかりやすいかと

wn90325.jpg

ファンライドさんでは今月から新コラムを担当させて
いただく事になりました。
「これから自転車を始める!!」という方に送る
ちょっと人に聞けなかった自転車の話です。

今回は空気を入れるという事です。
え、そんな簡単な・・・でも意外に知らないこと
だったりしていませんか。
続きを読む

2009.03.24

あこがれのレッドカラー

今月も専門誌が続々発売中です。
それにしても皆さん新しいタームに入っているのか
カタログがついたりして,ぶ厚いですね・・・笑

さてバイシクルクラブさんでは恒例のビンテージパーツを
巻末でコラム担当させていただいております。
63回目はあの赤ラベルのチューブラタイヤです。
同じ世代の方にはすごく共感していただけるかと。続きを読む

2009.03.21

自転車的トータルデザイン

wn90321.jpg

自転車のデザインってなぜだか自転車をシンプルに
パーツで組み上げられたところで終わっています。
確かにカタログにはそのカタチが全てなのですが
実際に使う時にはいろいろとアクセサリーが
ついてしまうのでそこで、何をつけるかが
結構なデザイン的な部分のキモだったりします。続きを読む

2009.03.20

レンチコラム90320

wn90320.jpg

最近、本屋さんでもコンビニでも自転車特集や
カタログのたぐいはとても数える事が
出来ないほど。

その中で、走行シーンでヘルメットをかぶるシーンが
とても増えたように感じます。
専門誌がヘルメットをかぶらないシーンを堂々と
掲載できる事は本当に恥ずべきですが、その分
一般誌が積極的にかぶるシーンを採用しているのは
おそらく、編集者やライターさんの自覚の部分も
少なくなくなくないはずです。
でも、そこで終わりではありませんよ・・・続きを読む

2009.03.19

春の展示会スタート

wn90319.jpg

春の自転車展示会のメインの一つ、「台北ショー」が
開催中です。
この展示会は来期モデルを占う意味では、世界から
関係者が集う展示会でもあります。
私はここ数年、通っておりますが見ているのは実は
モノではなくってヒトの動きです。続きを読む

2009.03.18

うれしいニュース

外国で仕事している最中にスキルシマノチームの
うれしいニュースが飛び込んできました。
シマノがスポンサーならばやっぱりお金があるか・・・なんて
言われそうですが、レースというものは広告活動の部分と
政治的なこと以上に働く人たち(ライダー以外もです)の気持ちの
部分がすごく重要なのです。
うれしいというよりこれがスタートラインです。
スタッフにとってもこれが試練の始まりです。頑張ってください。続きを読む

2009.03.17

それぞれの自転車事情

wn90317.jpg
旅をしていると、仕事柄それぞれの国での
交通事情は意外にも自転車中心に回っていると
思うことがたくさんあります。
この国では、オートバイと車が中心。
でも、自転車が中心でないと思いきや
交通事情とは数年で激変することもあるという
いい見本になるかもしれません。
続きを読む

2009.03.15

本物の着心地

wn90315.jpg

20年くらい前に私が経営していたお店のお客さんより
譲ってもらったのは、手作りのウールジャージ。
当時はウールジャージは極上の出来上がりで
化学繊維は数段低く見られていました。
今回、不思議な縁があってこのジャージを着る事に。
久々に袖を通してその良さを再発見できました。
続きを読む

2009.03.14

自転車とコラボするメジャーブランド

wn90314.jpg
最近はいわゆるコラボモデルがすごい勢いで
ショーウィンドーを飾っています。
それは,ある意味流行っているものに
乗っかってやろうという気持ちと
自転車でデブランディングを表現しよう
というさまざまな気持ちが入り混じっているかと
感じます。

続きを読む

2009.03.12

MTB現場主義

wn90312.jpg

今年もイベントシーズンの開幕がすぐそこに来ています。
ここ数年はMTBの人気というか元気が無いなって言われますが
それは、従来型のイベントが飽きられているという事が
一番大きな要因かと思います。
だって,やっぱり土で遊ぶ事がMTBのルーツのはずですが
なんだか最近は道具の進化がすごすぎて逆に面白くなくなって
いるのかなって感じます。続きを読む

2009.03.11

想像を絶する時間の中で

wn90311.jpg

電車ネタ続きます。
最近のブームと平行して乗り物に自転車を載せること
「輪行」が少しだけ注目されているとか。
世の中的になんてすごい事ではなく、おそらく
スポーツ自転車を乗りこなしている、乗りこなしそうな
方々での話題だと思います。日本独自の文化ですし
少しでも伸ばしたいと思っております。でも、ちょっと
考えたいなと思う瞬間もあります。
続きを読む

2009.03.10

新しい考え方の中で

wn90310.jpg

東海道新幹線に乗られた事のある方は
3号車と聞くと、ちょっと苦手な方いませんか。
そうです。喫煙の自由席車両なのでどんなに空いていても
あの煙を想像するとちょっと・・・ねってことになっていました。
しかし、最近はちょっと違っています。続きを読む

2009.03.09

運転は代行できない

wn90309.jpg

居酒屋さんにメニューと一緒に掲げられているのは
「代行運転」の文字。
自転車はタンデム以外に二人乗りはできないので
誰かが代行することはできません。
でも、車と自転車の罰則がかわらないことが
知られていないことはちょっと悲しいことです。続きを読む

2009.03.08

配慮する言葉づかい

wn90308.jpg

最近目立つ言葉の一つに「環境に配慮している」というのがあります。
確かに環境に「効果」があるとか、「対策」をたてている
というのは何か、その見返りを明記する必要もあるので
それはあまりきちんとしたカタチでは世間に示せないけど
配慮ならばその辺もクリアーできるなんていう裏読みをして
しまいます。
続きを読む

2009.03.07

自転車という機動力

wn90307.jpg

自転車という乗り物はほかの乗り物に乗る事が
出来る数少ない乗り物の一つです。
これは私たちの世代がよく使っていた言葉
自走じゃなくってほかの乗り物で移動する事を
「ワープ」なんてちょっとさげすんでみていました。
続きを読む

2009.03.05

ベストサドルとは

wn90305.jpg

サドルというパーツは万人にとって「ベスト」なサドルというものが
ありません。いえ、個人的にもこれがベストというサドルも
ないのかもしれません。
いつも「ベター」な存在どまりです。
意外に知られていないのは-続きを読む

2009.03.04

もうすぐ台湾

wn90304.jpg

来年を占う自転車の展示会がまもなく台湾で始まります。
私にとっては,ちょっと冒険的な部分もありますが
それでも自転車のいずる国としての存在は日本にとっても
これからを占ういいチャンスです。
続きを読む

2009.03.03

徐行以下スピード

wn90303.jpg

日本では「自転車を押して歩いてください。」という
看板があります。それも結構な数で。
冷静に考えると、自転車は走るもので押すものではない。
(押すためには作られていないという方が正しいかな)
で、今回はそれにまつわるなんだか変な話も少しだけ・・・続きを読む

2009.03.02

マンディトーク90302

それにしても今年の冬は驚異的な暖かさです。
数十年前ならば西日本でもジンジンするほど冷えて
ヨーロッパの冬の練習風景でもある、ボンディング素材な
ジャージを着なければ、寒くて走れないほどでした。

相かわらず、手袋だけは厚めのものですが、日中は
普通のでもおそらくいけるな~って感触ですか。
この調子だと冬でも半そで+レーパンなんてことになるのでしょうか。

現在亜熱帯地方から熱帯地方へ移行中の台湾なんて近い将来に・・・
走れるのはうれしいけど、やっぱり冬は冬らしく
走り出しの寒さより汗をかかない爽快感は失われたくない
ですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。