--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.10.31

基準への挑戦

wn71031.jpg

今週の月、火曜日はショップの方が一定の組み立て基準を
認定するための、講習会+試験が東京でもおこなわれました。

会場には170人の「満員御礼」状態-笑
今回はいくつかの講座を拝見する側に回りましたが
もう熱気はすごいほど伝わってきました。

続きを読む
スポンサーサイト

2007.10.30

イベント三部作

wn71030.jpg

スタートとコース絶景とくれば、イベント日記として
裏方スタッフも欠かせません。

イベント成功の三部作といえば
一に天候。二に事故。三は進行です。

一と二は当日にならないと分からないし
主催者でもある程度、どうにもならないもの
ですけど、進行は準備がどれだけなされているかが
かなりの大きなウエイトを占めてきます。

続きを読む

2007.10.29

たまには富士山だけ

wn71029.jpg

昨日のブログの続き。

参加者の皆さんお疲れさまでした。
私は朝イチの仕事に引き続き、参加者応援でした。
ちょっと知りたかったことを、招待のライダー達とも
話せたし、すっきりな一日でした。

景色は写真のように本当のフジヤマ絶景。
参加者はスッキリ晴れて、一日中雲がかからない
本当に珍しい(見たこと無いですね・・・)富士山を
6時間見ながら走り抜いたのですね。

お疲れさまというより、うらやましいです~



2007.10.29

ヘトヘトです。


wn71028.jpg

オオ、2000人が一斉スタートするとこんな感じ。
台風一過の週末は帰りは大渋滞。
ブログも大障害。疲れました・・・



2007.10.28

障害中

ひどいな~FC2・・・
ログインできません。



2007.10.27

ロゴと信用

wn71027.jpg

私たちは何かを買う時にロゴを「信用の証」としてみています。
それはロゴの持つ意味を作り手が信用して送り出した証でもあります。

でも、最近日本を騒がせているのは偽装の話題ばかり。
以前タレントが、本物を見分けるという番組がありましたが
確かに、本物は何をもって本物とするのかが怪しくなってきています。
続きを読む

2007.10.26

美しいロゴ位置

wn71026.jpg

タイヤのブランドパターンって前後で揃っていると
実にカッコいいですよね。
もちろん、メカニックとして、気の使う部分でもあります。
それもマークのどの部分がバルブの位置に来るかも
結構、真剣に悩みます。

でも、同じくらいいや、それ以上に気を使わないといけない
ポイントが実は隠されています。

続きを読む

2007.10.25

僕らのランチタイムライド

wn71025.jpg

このところ、展示会は少なくなってきたものの
打ち合わせがギッシリ詰まっており
結局、ノートとかパソコンが必要な仕事ばかり。
こりゃいかんと、秋空の中、友達と好例の
ランチタイムライド。

続きを読む

2007.10.24

ザ・フロンティア・オブ・レースメカニック

アサヒウエブのニュースソースを見ていてビックリ。
おお、レースメカニックとして大先輩のあの方
大きく取り上げられているじゃないですか。

私たちの仕事は通常、裏方ですから
いつも注目されるポジションではありません。
でも、関わった仕事=自転車はいつでも
最前線のゴールラインをライダーよりも
早く駆け抜けます。
もちろん完走を含めて、うまくいった仕事が
わかるのはレースが終わった後。

続きを読む

2007.10.23

国内ショーも開幕です

wn71023.jpg
国内で一般入場を断った、自転車のビジネスショーって
かなり久しぶりではないでしょか。

今日から始まった東京バイクビズに潜入。
スポーツバイクのブランドや商社もちらほらですが
主な展示品はやはり軽快車とよばれるもの。

いろいろ面白い傾向にも気付きました。

続きを読む

2007.10.22

ヘルメット義務化ショック

週始めから、ちょっとショッキングなお話。

先日、台湾駐在の友人からの連絡によると
ついに台湾で自転車のヘルメット着用義務化に
向けた法制化が動き出したようです。

現時点では、台湾の中心地-台北で実験的に
取り締まりがおこなわれいる模様。
違反すると当然ながらながら、罰金が課せられます。
600元(約2100円ー高!!)を請求されるとか・・・
信号無視や逆走にも同様の処分が課せられるようです。

続きを読む

2007.10.21

ヴィンテージパーツ続行中

気付くと、すでに40ヶ以上のパーツを紹介している
バイシクルクラブさんの「ヴィンテージパーツ」。

思えば、現在レギュラーの仕事で長い方になってしまいました。

最初に企画を言い渡されたときには
(ま、数年かな-だいたい、パーツはそんなに集まらんぞ・・・)
って思っていましたがー笑ー予想に反して、みなさまの
ご協力で、フラフラになりながらも継続中です。

現在は、12月号のパーツの資料集め。
だんだん、古いパーツに手を付け始めているので
記憶がかなりあいまいなものもあり、本当に
いろんな人の証言でまとめている状態です。


続きを読む

2007.10.20

講師という位置

wn71020.jpg

最近、メカニックという仕事の中で
全国のスポーツバイクメカニックの方々へ
その理論や実践作業を教えるという
大事な仕事を仰せつかっております。

一般の方々に対しても文字や写真、動画などの様々な
表現方法でその一部を紹介してきましたが
この講座は対面で、プロ相手におこなう方法なので
非常に緊張する仕事です。

続きを読む

2007.10.19

旧車在庫無の現実と未来

wn71019.jpg
スポーツ自転車に詳しい方ならば、この時期が
新しいモデルと古いモデル-(性能が落ちると
いうことではなく、単に新しいモデルが出る
のでそれと区別するという意味合いが強い
だけですが)-の端境期で旧モデルがすごく
お買い得なシーズンってご存知だと思います。

でも、今年は少し変です。
このシーズン一点に絞ってお金を貯めていたのは
いいけど、お店に行ったら
「在庫がメーカーに無いんですよ」
と言われてしまうことが多いとか・・・
続きを読む

2007.10.18

カタログヤマヅミ

wn71018.jpg

私事ですが、やっと展示会の仕事がひと段落です。
毎年の恒例行事とはいえ、気も体力も奪ってしまうこの
数週間は一瞬でかけ抜ける感じです。

そして、その動きが終わると
事務所にはカタログの山が・・・笑
昨年のカタログと合わせて部屋の大掃除を
ここで始めます。

エ、年末じゃないの?
私にとって、ここからが年始です。
カタログという3月まで続く作業がここから
静かにスタートするからです。





2007.10.16

持つ喜びのあるデザイン力

wn71016.jpg

自転車製品に関して、日本が70年代から80年代に
かけて、世界の生産地としての役割を担ったことは、すでに
薄れかけていますが、確かに先人の歩んだ道です。

いつもこのブログでも、語るように
そのキメ細やかさは未だに、世界に伍して勝負が
できると思っていますが、問題は生産能力と
デザイン力です。生産力の方は、常にコストとの
勝負なので、いつまでも日本が勝負できる価格帯は
決まっていると思っています。

問題はデザイン力。
確かに「学ぶ」を「まねぶ」と比喩できるように
真似ることで改良を加えた歴史は日本独自のものですが
現在は、独自の技術とかアイディアがアリながらも
それが実際の商品に活かされていない・・・そんな気持ちが
危機感としてまだ創る側に少なくなっていることが
心配です。

続きを読む

2007.10.15

忙しい一日の始まり

wn71015.jpg

さて今週も忙しい日々の始まり・・・
こんな仕事で一番のストレスは、パソコンが
フリーズするより、荷物が届かないより
草も徐々に枯れ始めている、この涼しいシーズンに
まともに、すんだ空気とを吸えないこと-笑

前回が雨で中止になったあのトレールに
いつものメンバーで出掛けたいな~

そうそう、今年は台風の影響が
少なくないようですから、
トレールコンディションは慎重に
見極めたいです。




2007.10.14

引っ越し中

wn71014.jpg

当ブログのいわゆる、ホームベース的な「レンチーネット」ですが
サーバー引っ越しに伴い、過去ログが見られない状態になっております。
トップページはとりあえず見られますが、現在の更新は
このページとツールボックスのみです。

新しいデザインもお楽しみに!!



2007.10.13

駐輪システムとその効果

wn71013.jpg

先日、有料駐輪場の話しをしましたが、今回出張で
関西に行き同じものを見つけました。
でも、駐車場と同じで無料時間やその後の料金が
微妙に違うのです。とは言え地域によって格差があるのは
場所代を考えると、ある程度の範囲で納得はいくし
何はともあれ、きちんと置ける場所があることは
むしろ歓迎すべきです。

でも、残念なのは都内の同じものに比べて
利用率は恐ろしく低く、目と鼻の先に
通路を塞ぐように大量の自転車が
駐輪してあること。

粗っぽい論理ですが、駐輪場を利用しなければ
一日程度の速いサイクルでで撤去されるというシステム
(ある程度の準備期間を設けて)を構築して
移行させる→撤去の期間を少し遅めにする→
他のところに駐輪システムを広げる→、なんて
ことをやって欲しいですね。

自転車の機動性と駐輪場の確保は他の
交通機関と同じようにして欲しいところです。




2007.10.12

後片づけの景色

wn71012.jpg

展示したと思ったら、早速お片づけ-笑
規模が違いますが、まさにバンドのコンサートなんて
こんな感じなのですか・・・

自転車やパーツも次の展示会に向けてしばしのお休み。
まだ、ユーザーに使ってもらう日までは頑張って欲しいな~
展示会から見える景色って一年に一回の景色なんですけど
次のトラックが来るまで、少し目に焼き付けておきます。



2007.10.11

展示会佳境

wn71011.jpg

国内の新製品展示会も佳境です。
私もお手伝いする、サポートメーカーさんの展示会も
快晴の中でおこなわれました。

膨大な自転車を飾り付けて、皆さんを待つのは
いつになっても、ドキドキ。
なつかしい顔にも会えて、うれしいかぎりです。
なんだか、こっちまで物欲をそそられるようで
展示車に予約がつくと、うれしいような
ちょっと残念なような(笑)。でもいつでも
ショップの方は、ユーザーさんのようにすごく
悩んで予約する一台づつを決めてらっしゃいます。

緊張する仕事ですが、背筋もピンと伸びる
瞬間です。



2007.10.09

標識のあいまいさ

wn71009.jpg

日本の自転車の標識って、考えると
殆どが駐輪に関するものか、高速道路なんかの
走行禁止区域に関するもの。
走行区域なんて、荷車の絵ですからね-笑
そんなに頻繁に見かけないし、第一あそこを走ったら
自転車なんかより危ないのは、引いている本人が
分かると思うけどな。

でも、世界に目を向けると、至るところに
自転車の走行ルールを表す標識ばかり。
もちろんあいまいさが無いわけで、それなりの
刑罰も待っています。

続きを読む

2007.10.08

ノリック

自転車のライダーではありませんが
オートバイのロードレースも私は見るのが
大好きです。

ケニー・ロバーツやフレディー・スペンサーの
輝いていた時代にまじかにその激走を感じることが
出来てよかったと思っています。

そんな中で悲しいニュースが・・・
ノリックの日本GP優勝の瞬間を鈴鹿のホームで
見た人間として、死に急いだ彼のことが
残念でなりません。合掌。




Posted at 09:11 | レーストーク |
2007.10.07

Made in JAPAN?

wn71007.jpg

「Made In JAPAN?」
このタイトルは創刊号から数えた方が早い
バシクルクラブさんの特集としても
おなじみのタイトル。

当時はまだこのタイトルについていろんな
論争が交わされたものですが、2007年の今日では
かなりタイトルに対する趣も違っています。

それは主な生産地が台湾や大陸に移動したこと
と、今なぜだか日本の匠とでもいえる様々なものが
日本国外で高い人気を誇っていること。

もちろん、それは世の中の大きな流れを
変えるほどのパワーを持ち合わせていないものの
なぜ、急にそんなに評価されているのかが
少し考えただけではわかりにくいのです。


続きを読む

2007.10.06

自転車業界の現状

皆さんはこんなTV/CMを見られましたか。
さすがに血の気が引いていくのを覚えました。

ヘルメットをかぶらないで街中でレースをする。

これはシューズメーカーのように
社会問題になる危険性をはらんでいます。

続きを読む

2007.10.05

義務と自由

wn71005.jpg

仕事後のお酒も入り、少しいい気分で帰宅中に
こういうのを見つけるとちょっと悲しい気分です。
(もちろん自転車じゃない可能性もありますが)

自転車の法規がドンドン厳しくなっているのに
相変わらず、駐輪だけはかやの外。
みんなが置いているから、なぜ止めるのがいけない
なんて論理はやがて、自転車にも免許証が必要に
なる時代が来そうで怖いかぎり。
(乗るためではなくって身元を判断するものとして)

続きを読む

2007.10.04

展示会ラッシュ

wn71004.jpg
各社展示会も昨日がピーク。
電車の中で沢山の知り合いに会いました。

ちょっと一足先に見させてもらっているとは言え
なかなか面白いものもたくさんあって
やっぱり、この時期のワクワク感はいいものです。
残念ながら、一般入場は出来ませんが
ショップの方の真剣な眼差しは、いつもの光景です。

中には日頃は見られない、製品の裏側まで
披露しているところも。
シューズの素材分解なんて見ていて飽きない素材です。

あと二週間位でほぼ主要なところは終了。
いよいよ試乗会ヘと進んでいきます。



2007.10.03

時代の色

wn71003.jpg

色は時代を反映するモノだと思います。
先日のショーで見つけたのは、バックメーカーの
最初の商品。おそらく、当時の最先端の
なつかしいカラーリングですねー爆

今これを見につけると
コレはちょっと目立つな・・・笑
と思わせる色ですが、おそらく当時は
こんな色の組み合わせがアウトドアーものには
あふれていたような気もします。

続きを読む

2007.10.02

手軽さとの違い

wn71002.jpg

展示会の写真っていろんな意味でカメラという
機械について深く考えさせられます。
最近は一眼レフカメラのような、キレイな写真を
自分の満足度の範囲ならば撮れるようになってきました。

今までは個人的なことは、もしカメラを持っていたとしても
まず、フィルムを購入して、現像して上がったものを
みながら、また頑張るといった具合。

デジカメの最大の利点は、出来上がる前に
少し確認できること。
これがあるお陰で、趣味以外にカメラを使う
機会も大幅に増えました。

続きを読む

2007.10.01

もうひとつのサイズ

wn71001.jpg

オーダーフレームの話と近くて遠いサイズの話。
ロードレーサーと違ってMTBて少しサイズがあいまいです。

それは、実走行の際にサドルから体を浮かすことが
少なくなく、それ以上にサドルの高さは実際の
トレールで上下することもあるからです。
(もちろんXCレースは別ですけど、その話しはいずれ)

では、もっと大事なサイズってあるんです。
あいまいっていっておきながら
気にしなくてはいけないサイズ???

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。