FC2ブログ
2007.07.07

日本人メカの実力

wn70707.jpg
先日、スポーツ自転車メカニック講座で受講生でもある
自転車屋さんから質問された面白い内容から。

「海外メカニックに比べて日本人メカの足りない部分ってなんですか」

確かにライダーに当てはめてみると、レース環境の差が
歴然とあります。小さな頃から偉大なライダーを見ているのですから
それだけでも、足りない部分です。

でもメカニックに関して言えるのは

「足りない部分はコミュニケーション能力だけです。安心してください。」

という回答を当ブログでも登場した藤原さんは
言われていました。私も同感ですし、先日お邪魔した
永井君も同じ事を言っていました。

はっきり言います。
平均的な技術レベルは日本の方が上だし
スタート時点で恐れるような事はありません。
イヤ、そりゃ凄い人もいますが、中にはこいつは
日本の自転車屋さんでは雇ってもらえないような・・・って
実力のメカニックは存在します。
だから、環境になれて自転車整備以外の事を
学べば、意外に馴れていくものです。
そして、仕事が速くて正確ならばライダーの信用が
高まり、結局メカニックとして認められるのです。

でも、言葉が少し不自由だというハンディーを
抱え込みすぎると、無口になるし手も止まります。
日本人が必要以上にプレッシャーを抱え込む
(私もそういう時期がありました・・・)
と、・・・あいつ要らない・・・とい結論が
出てしまうのです。

そりゃレースなんて人種差別のるつぼです-悲
なにかに理由をつけて実力を否定しようとしますが
結局、仕事のデキでライダーはかばってくれるので
邪魔しようとするデキの悪いメカニックから
消えていくものです。
日本にいると、そういうプレッシャーを
行く前から作ってしまうのが、悲しい日本人の
性なのかもしれません-笑

でも、日本人の基礎知識+応用力は
凄いな~といつも関心させられます。
だからこそ、もっと上を目指したい
今日この頃です。



スポンサーサイト