--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.05.31

イベントウィークエンド

wn70531.jpg
梅雨を前にしてイベントラッシュが続いています。
都内から比較的に行きやすいところでさえ

富士見のMTBJシリーズ,
セルフディスカバリーアドベンチャー王滝
富士山ヒルクライム

はいずれも日にちがずれれば
全部出場したいと思っている人が多いのかなと

私自身、年間に何回かはこっそり出ていますし-笑
このようなイベントがなるべく細く長く
続いて欲しいなと願っています。とは言え
日本における自転車のイベントはほぼ完全な参加型ですし
観戦するイベントの難しさはご存知の通り。

でも、ライブですごい走りを見られるというのも
自転車の楽しさをアピールするチャンスでもあります。
絶対に東京のど真ん中でヤレとはいいませんが
自転車を操るすごさを凝縮したイベントが
盛り上がって欲しいなと思います。
幸いにも海外でのトップレースを見てしまった人間として
これをどうにか輸入できないかといつも考えています。


週末に自転車イベントを観るために多くの人が
移動する。夢のような話しですが、時代は
確実にそれを容認する方向だと思います。
今ある参加型のイベントは確実に時を刻み
観戦型のイベントも少しづつ増えていく。

さあ、週末はイベントにいかなくても
ブラッとどこかヘ出掛けますか!!
スポンサーサイト

2007.05.30

ふかんメカニック

wn70530.jpg
私の仕事のひとつでもあるメメンテナンス作業は
いつも、他人の目で全体をみられるかにかかっています。
時々、自分の仕事を撮影される事もあれば、今日のように
他の優秀なメカニックの仕事をカメラマンの後から
そっと眺める事もできます。

いつも思う事はやり方は人それぞれ違う事。

工具や環境が違えば、順番なども大きく違う事があります。
でもほとんどの場合は、同じ結果つまりパーツの
コンディションは回復するという方向性です。
でも、それが見えない時もあったりして隣にいると
結果に対して、近道になることなんてザラにあります。

雑誌や本に紹介できるのはその中の厳選されたひとつの方式だけ。
実際にはメカニックの数ほど作業の順番があるので
私にとってこんなふかんで疑似体験できる機会は本当に貴重なものです。

いいメカニックの条件とは
おそらく、自分の作業パターンをもつことと同時に
他人の方式も場合によっては、誰も気付かない位に
自然におこなえる事でしょうか。
いつもと違う工具、利き手でやらなければいけない時に
慌てたくないですし。

ふかんで見る機会が多い私は幸せ者です-笑

2007.05.29

発掘作業

wn70529.jpg
最近、ヴィンテージ級のパーツが集まり始めている-笑?
話をしましたが、実はきれいなパーツばかりでは
ありません。
錆、泥なんかの汚れがすごいものが多くって
逆に撮影では、よくあんなに判らなくなってるなって
スタッフの皆さんに感心するほどです。

動画じゃないので動かなくてもいいのですが
大事にされていないパーツってすぐにわかりますし
使いすぎて、昇天が近いものならば-爆
そんなに嫌気もささないのですが、ほんと
ホコリの集積地みたいなものは
いくら貴重品でも後味は良くないですね~

とはいえ、発掘しているのですから
文句も言えないかな・・・笑
あ、皆さんからのリクエストもじつはこっそり
募集中です。あと何回続くかは、i編集長次第ですが
ひとまずは情報を頼りにどこへでも駆けつけますね。
(写真の自転車はブログ内容とは関係ないです。スイマセン。)


2007.05.28

チューブラスタイル

wn70528.jpg
チューブラタイヤって、一回でもその乗り心地を
味わってしまうと、ヤメられなくなりますー笑
味わった事が無い人にそれを表現するのは難しいのですが
発汗性能が優れているのに決して寒くはならないような肌着のような?
・・・ウ~ン相変わらず、自分で書いていて描写に欠けますな~汗

そんなチューブラタイヤですが、キレイに折り畳むと
サドルにスッポリ。
最小限の装備で快適に走れます。

続きを読む

2007.05.27

オールドスクールが始まります。

ヴィンテージパーツに引き続きお知らせです。
あのページで紹介できるのは1ヶ月に一点だけ。つまり
とっておきの商品だけです。

でも、面白い商品はそれだけではないですよね。
だからもっと気軽に紹介できないかと
ショップの店頭や知り合いが使用中の逸品を不定期に紹介します。
私のストライクゾーンは70年代後半から90年代まで-笑
その第一回は知っている人は思わず「なつかし~」と言葉を
発してしまいそうなあのヘルメットです。
ブランドは今だ健在で、ロゴが変わっているので
少しイメージが違いますが、一回脳裏に刻まれると
残るモンですな。

更新は見つけ次第アップなので、時々あちらものぞいてみてください。

2007.05.26

機械に囲まれた気持ちよさ

wn70526.jpg
最近、ハンドル回りにいろんなものが
取り付けられることが増えてきました。

お馴染みのスピードメーターとハートレートモニターが
多くを占めるかと。
昔はスピードをひたすら求めて頑張った時代も
ありましたが、今自分で走る時は健康第一(爆)
走っていて何か変な状態になったら
すぐに走るのをやめる覚悟はできています。

昔、すこしは遠くまでガンガン走っていた時代もあったけど
いまは気持ちのよさを持続させたいから走ることがほとんどです。
だから、速度や距離よりももどのくらいの時間、乗っていたかが
一番重要な記録です。

でもね、心拍の動きと足の回り方には深い関係が
あるようなので、せっかくの機械が何もせずに
遊ぶのはもったいないですからね。

あ、ひとつだけメーカーには変えて欲しい事があります。
それは心拍を測る時のチェストバンド。
あれって腕時計のバンド部分で正確に測れないものですかね。
以前、仕事で話しを聞いたメーカーでは
もうすぐ実現・・・?って聞いたことがあります。
そうなるともっといつも測定するんですが。-笑


2007.05.25

車輪革命

wn70525.jpg
先日のイベントのネタ続きます。

友人が珍しいスポーツ車を持ち込んできました。
フロント29インチxリア26インチの前後異径MTB?
ツーナイナー(29)はずいぶんアメリカでもその面白さを
発見した人が続出。

このホィールのもつ有効性とデメリットを様々なところで
議論されているけど、ま、話題にのぼること自体が
興味のあることだというですね。
異径ホィールの組み合わせは意外にも面白い効果を
生む事は80年代に26x24MTBでも証明済み。

悲しむべきは日本でこんなのMTBじゃないと思っている
人も少なくない事。
MTBって最初から既成概念を取り払ってきたのにね・・・
ものの面白さまでスポイルするのは個人的には
大反対です。


私にはサスペンション機構の各社の小さな違いの方が
分かりにくいと思います。
だって、あれほど体重やちょっとしたセッティングで
豹変するおもちゃはありませんもの-笑
ロードにはない走破性の広がりをみんなで楽しみましょう。



2007.05.23

ヴィンテージパーツ41

今月のバシクルクラブ誌に連載中の「ヴィンテージパーツvol.41」
の小ネタをココにアップしたしました。

こちらで最近見かけませんという、連絡をいただいたもので・・・汗
これからは連載の続いている間は本ブログでも連絡いたします。
それと最近、このページがご縁で怪しい昔のものが
集められてきているのでそれらも、紹介しますね。
おそらく80年代にスポーツ車で遊んだ人には懐かしいものばかりかなと
思います。

2007.05.22

ロンスリジャージ

wn70523.jpg

先日、夏用長そでジャージがいいとブログに書きましたが
その後の調べで各メーカーがこのカテゴリのジャージを
続々と廃番かカスタムジャージとしている事が判明しました。
(神戸の知り合いショップ調べ。ありがとね。DOKIさま)
定番化しているのはわずか1,2社とか。

やっぱり長そでが暑いというイメージが
先行しているのかな・・・
だってサポートライダー用があるからできないわけじゃないですよね。
と、先程のお友達からのアドバイス。
「トレイルラン用だと選び放題ですよ~」とか。

おお、あの石川君のような感じですか。
ピタッとしていてそれでいて快適な感じ。
もちろんポケットはないし前傾用には作られていない。
でも、チンタラ派にはちょうどよい?

もうひとつ、サマー長そでな話題。
先日、仕事仲間のMさん宅で質の良いLT(ロンティー)を発見。
無理を言ってサンプルをゲット。
ココのシリーズでオリジナルTを作ろうかなと
本気モードになっております。
確かに暑いときでもべとつかない高印象。
時間はかかるかもしれないけど、できたら自慢します(爆)

2007.05.21

真直ぐ道路

wn70522.jpg
交差点も多く走りにくいと思われている
都内の道路ですが、写真のように数十キロにわたって
ほぼ真っすぐな道路が続く奇跡的なルートもあります。

荒玉水道という由来を持つ道路なんですけど、
いろんな幹線道路や鉄道の線路をまたぎつつ
ほぼ真っすぐな道路って、めずらいしいところです。
のどかな田舎ではこれ以上のすごい道路もたくさん
ありそうですが、あえてこの密集地帯にあるのにも
驚きます。

この道路のいいところは狭いなりに、車は一方通行
だったり、スピードが出せないように両脇にバーが立って
いるのです。お近くの方はぜひ、この真っすぐ感を
味わってほしいな~

2007.05.20

イベントの一歩

wn70521.jpg
久々に快晴な一日でした。
大きなイベントも目白押しですが
自走も兼ねて仕事の仲間とこっそり某イベントに乱入(笑)

紫外線にからっきし弱い男は、今日の日差しは強すぎますが
そこは参加者のツワモノ達は元気にいろんな自転車で
走り回っておりました。

今日のイベントは
少しだけルールを作っておき、あとは自主性に任せるスタイル。
昔は、大小のイベントを仕掛けてきた側としては
参加に厳しさもないかわりに、大人の集まりをこっそりと
やるミサのようなイベントもたくさん増えてこそ
そこからいろんな考えとか方向性が見えるのかなと
思いました。


2007.05.18

調べてから迷う

wn70518.jpg
都内を移動するときにポケット地図は欠かせません。
今だに世田谷区は迷いますし(笑)それが楽しかったりします。
でも、それと同時に距離も気になります。
今は2台位ならばひとつのスピードメーターで
記録できるのですが、調べるのが楽しいでの
スピードメーターは言わば記録装置でしょうか。

最近はシューズに取付けると
モーションセンサーで移動距離が分かるスグレモノが
発売されて、気になっていたのですが買ってしまいました。
自転車に乗らないときもこれで実際の移動距離ががわかります。
(電車や車移動だけは調べないといけないのですが・・・)

調べてから迷ったり、進んだり、戻ったりするのは
トレールの山の中ではちょっと冒険だったりしますが
街中ではこんな楽しみがありますし、いつもの道が少しだけ
探検に変わるときも多いです。

地図で下調べをして、迷って、なぞ解きのように距離を確かめる。
本屋さんに販売されていませんが、ひとつの自転車や
歩くという人力移動の楽しみでもあります。


2007.05.13
2007.05.10

レッドカード

今日から赤切符が切られるとか。
いろんな意味で注目はされているので
皆さん、一応気をつけましょう。

どんな理由であれ、正当な走行でも注意にこしたことは
ありませんので・・・

2007.05.09

夏の長そで

wn70509.jpg
いきなり、夏が来ております~東京地方

でも、私は肌が弱いので半そでで走るのは慎重になってしまいます。
そこで選びたいのは夏の長そで。
調べてみると結構、いろんなメーカーにラインナップがありますね。
やっぱり気にしている方は多いのかな・・・
薄くって汗はかきますが長いジッパーで調整して
あとは下着次第で快適ですよ。私はアディダスとかナイキから
発売されてからずーっと愛用しております。

なんだか走る疲労ではない、紫外線とかで疲れのある方-笑
かなりおススメです。

それにしてもこの時期は乾くのがものすごい早いですね。
二枚だけ持っていれば毎日着られそうな感じです。

追伸
そうそう都内はすごい暑さで昔懐かしい
光化学スモッグ警報」が出てました。
本当に不気味な煙突から鳴り響くような嫌な音です。
都会の警告と思っていますが・・・


2007.05.04

小さな積み重ね

wn70426.jpg
この時期はパーツメーカー恒例のモデルチェンジ発表の時期です。

ココ数年は大きなという意味では
フルモデルチェンジと言えるのはどのメーカーも
少なくなっています。
その分、デザイン面での大きな変化よりも
機能面のブラッシュアップと呼べるものが満載です。

確かに、買う側としては
一回購入したものがどんどんモデルチェンジするのも
大変ですし、規格が変更されると新しい機能を使うのに
周辺パーツをごっそり入れ替えでは走ることに
集中できない場合もあります(笑)

もちろん心理として新しいのを常に使いたいという
気持ちに偽りはありません。
いや、この時期だからこそわずかな機能アップは
ぜひ交換したいと思わせるものであって欲しいのです。


毎年、一足先にのぞける立場としてこの段階で何かを
言うことには少し恥ずかしさや後ろめたさも感じますが
(パーツはやっぱり使い倒して評価したいですしね。)
メーカー側の苦労も同時にしのばれる瞬間でもあります。
今回の新しい機能も個人的にはうれしい機能ですよ。

一足先にファンライドさんのウエブでは私のアドリブトークが
オンラインされているとおもいますが(爆)
詳しい解説は今月号の各専門誌をお楽しみに!!





2007.05.02

スピードワープ

wn70502.jpg
輪行って
皆さんはしたことありますか?
言葉自体は昔から使っていますが、れっきとした
専門用語です。

普段で輪行する時って旅の移動が主ですから
かなりのわくわく感が伴います。
それも景色も気温も人の動きも含めて
自転車で自走するのとは違う楽しみです。

でも、今日はそんな楽しい輪行ではなく
あくまでも仕事先に急ぐ手段として輪行しました。
少し時間帯をずらせば、何んとか都内の激ゴミ電車でも
周囲に迷惑にならずに移動できます。
それにしても今日のトラブルは実に十数年ぶりに
大きなガラス片がタイヤに突き刺さりました・・・

仕事なので気持ちを切り替えましたが、旅の途中なら
相当憂鬱だろうな~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。