--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.09.25

言葉の違和感

wn60925.jpg
ゴミ状自転車とは誰が考えた言葉なのでしょうか。
なんだか日本語とはいえものすごく
不快な言葉です。確かに放置された自転車は
持ち手の意志とは別に邪魔になっていることも多いのですが
それでも、自転車の台数とそれをおけるスペースの差が生んだ
社会問題の側面も多いはず。

食べ物のように無駄に作り出されたものではなく
ほとんどの人間は必要な台数しか持っていないのですから
それをうまく作れるシステムありきだと思いますが。

撤去されても根本的な問題を解決できないという
日本が抱える社会問題の典型的な例だなと感じます。

スポンサーサイト

2006.09.20

シーズンイン?

wn60920.jpg
今年も展示会シーズンが開幕です。
これから水曜日、木曜日あたりは都内のどこかで
いろんな業者さんによる07モデルのお披露目です。

一般向けには11月までお預けですがそれでも
この時期はまだ店頭に並んでいないのに
ちょっと得した気分です。
いつも思うのは久しぶりに会う人が結構いる事。
イヤ、一年に一度と言う方もいたりします。
それもこの展示会シーズンの楽しみだったりしますね。


とは言うものの結構、違う場所への急ぎ足の移動も
大変だったりするのでご挨拶もほどほどにと言う
感じだったりもします。

それにしても海外ショーから帰国して
なんだか自転車に乗れていません。
まだまだ気温も高いけど気持ちいはずなんですがね。
イヤ全くというわけじゃないんですけど。

2006.09.17

メンテナンスの壺

女性の知り合いの方が主催された女性だけのメンテナンス教室に
なにか伝えてくださいといわれて、いつもの携帯用工具セットを
もって都内某所へ。
こっちは女性ならではの悩みって何だ?から入らなくてはいけないと
かなり慎重になっていたものの、参加者はかなり走りこまれているか
これからどんどん走ろうという方ばかり。

レンチーさんは走られていますかというお言葉にも
ここ最近の状況を報告するのがはばかる感じの雰囲気。
逆にこっちの方がのまれてしまいそうでした・・・

とは言えメンテナンスはコツだというと
その部分はかなりきちんと認識してもらえたようで
それはそれで次への架け橋って感じで、帰宅後の夜の
ビアーはまたよかったなと感じる時間を過ごせました。

2006.09.14

カタログスペック

wn60914.jpg
カタログのたくさんある数字の中で
何が一番気になりますか?
もちろん、自分の体にフィットするかを確認する
サイズが一番気になると思います。
でも本当は一番気になっているのはおそらく重量かと
思います。
でもよくみると重量ほど数字という絶対数値にありながら
結構、基準があいまいです。最近はペダルを自由に選びたい
というニーズもあるのでペダルなしという場合が増えています。
もちろん自分チョイスのペダルの重量をプラスすれば
いいのですが、実は複数のサイズ展開の場合
どのサイズで軽量されているのかが多くの場合不明瞭です。
もちろん親切なメーカーではサイズ表示があり基本的に
どのグレードでもジャンルが同じならばおなじフレームサイズで
測定されている事も多いようです。

気になるはずの数値なのに例えば片一方は180センチのひとが
ズボンをはいての測定、片や160センチのヒトが何も着ないで
図っている基準ってちょっとおかしいですよね。
数キロではなく数グラムを比較するはずなのにですね・・・


2006.09.10

光ライン

wn609010.jpg
光ラインってタイトルですが
別に回線の事じゃありません。(笑)

私がいつもサイクルショーで感じる事は
ショー会場って意外に暗くので色の違ういろんな光が
ミックスされてフレームに当たる光線の軌跡が面白い事。

フレームによってすごくキレイな軌跡を描くものと
意外にも平面で見るとイイかなと思えるものでも
こうやって角度を変えると線が乱れているものが、実に
多かったりします。

*私のヘボな腕で映された写真ではイマイチ表現できていませんが
プロの方の写真を見るとその表現力には舌を巻きます。

私は色で自転車を選んでいる初心者の方を
時々ベテランの方がばかにしている光景に出会いますが
色はすごく大事な要素だとも思います。
後はロゴとか今回取り上げたラインの美しさなど
全部が入っていてこそかなとも思います。


今回、総合力でそれを感じたのは本当に少ないブランド達でしたが
同時にブランドもいい時とダメな時があるなと感じたショーでもありました。



2006.09.07

自転車環境

wn60907.jpg
今回、日本を飛び出したもう一つの
目的は自転車環境をもう少しきちんと
眺めるたらいろんな別の環境が見えてくるのです。
小さな世界にいると目に映ったものだけが
常識として認識されてしまいます。

もう少し視野を広げる、違った視点で眺めてみる。
長い間、自転車に関わってきただけに
大事な基点でもあります。


2006.09.05

終わりました。

wn60903.jpg
ものすごいあっという間に
展示会も終了。これから国内外も含めて
いろんな場所で新しい誘惑(笑)の会が催されます。
まだ業者向けのものが多いのですが
一般的には専門誌やウエブでどんどん紹介されているので
これからが妄想を楽しむ期間ではあります。

今年は大きな動きもあるので
それがどんな形で自転車の楽しみを教えてくれるかを
もっと工夫しないとね。
さてさて、ゆっくりと帰りますか。


2006.09.02

展示会シーズン

wr60902.jpg
今年も自転車の展示会シーズンが
無事に始まりました。
毎年どこかに出かけて何かを得てきますが
驚きも少なくなっている中で何を見て
何を得るかの精度は年々要求されているような気がします。
来年は色々と自転車を取り巻くいろんなものが
変わりそうな、そんな予感がしています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。