FC2ブログ
2006.07.10

校正評価

サッカーのワールドカップも無事に終わりました。
なんだかウィンブルドンも毎年やっているからか
同じ日に男子の決勝でもイマイチ
その状況が日本では伝わってきません。

ま、先に敗れたイギリスでは少し別なんでしょうけど
4年に一回のイベントはそれなりに注目を集めて
おかないといけないのでしょう。

さてそんなワールドカップの中で
私がよかったなと思えるのは奇しくも同い年の
日本人審判が進行したゲームの事。
何でもワールドカップ級になると審判も45歳で
定年退職とか。フリーランス的にはちょっとびっくりの
表現ですがそれでも縁の下の力持ちに
同い年の日本人ががんばってくれた事には
おおいに感激したりするのであります。
もちろんMTBのワールドカップメカニックには
定年など存在しませんが、やりたいという時期が
それだけ続くかはまた別の問題であります・・・

それにしてもあれだけ国内リーグの問題で
もめたイタリアが優勝して引退の文字を表現した
選手が頭突きとなると、今後も色々とありそうで。

あ、自転車はもっとすごい事になっていましたから
ちょうどツールの時期にワールドカップが重なって
なんて言えるのは、自嘲気味なイチ観客として
ちょっとだけ複雑な今月ならではなでしょうか。
スポンサーサイト